お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー「治療事例」の15件の記事

2014年1月 2日 (木)

【治療事例】Lymphoplasmacytic lymphomaに対してDRC療法が奏効した1例

日本血液学会

日本血液学会/学術集会/過去の例会/過去の例会プログラムの情報

>第170回日本血液学会例会(例会長 谷口 修一)

添付ファイルの第170回例会プログラム(PDF)

---以下の引用部分が,本例のすべての文章です。-----------
4 Lymphoplasmacytic lymphomaに対してDRC療法が奏効した1例
(日本赤十字社医療センター 血液内科) ○宮崎 寛至, 新垣 清登, 阿部 有, 関根 理恵子, 中川 靖章, 塚田 信弘,
鈴木 憲史
【症例】70歳,女性.【主訴】両手の指先のしびれ【現病歴】2012年6月両手の指先のしびれを主訴に近医へ受診した.造影CTで巨大な左後腹膜腫瘍をみとめ,悪性リンパ腫疑いで当院血液内科へ紹介となった.入院時LDH 272 U/L, IgM 745 mg/dL, sIL2R 1590 U/mL. 入院後CTガイド下生検を行いLymphoplasmacytic lymphoma(LPL)と診断した.Bulky病変であり腎圧排,しびれもあることから治療適応と判断しDRC(dexamethasone, rituximab, cyclophosphamide)療法を行い腫瘍の著明な縮小を認めた.【考察】LPLに対する治療法は確立されてはいないが,リツキシマブを含む化学療法が奏効率が高いことが報告されている.当症例で使用したDRC療法は副作用が少なく奏効率も劣らないため第一選択として考慮される.
Key words: lymphoplasmacytic lymphoma, rituximab
--------------
 副作用が少ないといっても,ひとによりけりですから。

 WMで,巨大腫瘍というのは聞いたことがなかった。まぁ,わたしの知る症例が少なすぎるのだろうが。
 それとも,この症例は,WMではないLPLなのだろうか?WMの表記は出てこない。
 IgM型なので,WM/LPLだと思うのだが。

2013年5月13日 (月)

【治療事例】原発性マクログロブリン血症に続発し,レナリドマイドで治療したPOEMS症候群の46歳男性例

日本神経学会
様の
学会誌「臨床神経学」|日本神経学会
より

論文検索で,「マクログロブリン」で検索してください。

---要旨-----------
原発性マクログロブリン血症に続発し,レナリドマイドで治療したPOEMS症候群の46歳男性例

古田 夏海*, 田代 裕一, 池田 将樹, 藤田 行雄, 岡本 幸市
*Corresponding author: 群馬大学大学院脳神経内科学〔〒371―8511 群馬県前橋市昭和町3―39―15〕
群馬大学大学院脳神経内科学
症例は46歳男性である.6年前にM蛋白血症を指摘され,4年前に骨髄穿刺でリンパ形質細胞性リンパ腫の所見がみられ,原発性マクログロブリン血症(Waldenstro"m's macroglobulinaemia;WM)と診断されていた.最近,四肢の脱力・異常感覚などが出現したため当科入院し,POEMS 症候群と診断した.POEMS症候群の治療にはレナリドマイドをもちい症状改善がみられたが,これは本邦で初の報告である.WMとPOEMS症候群の合併はきわめてまれであり,WMの腫瘍細胞によりVEGFが高値となり,POEMS症候群を惹起した可能性が考えられた.
(臨床神経, 52:186-189, 2012)
key words:原発性マクログロブリン血症,リンパ形質細胞性リンパ腫,POEMS症候群,VEGF,レナリドマイド

(受付日:2011年10月14日)
--------------

 PDFで,全文公開されています。

 POEMS症候群は,別名,クロウ・フカセ症候群だそうです。

クロウ・フカセ症候群 - Wikipedia

 なんで血液内科でなく,脳神経内科学なんでしょうかね?
 Wikipediaを見ると,POEMS症候群は,血液学と神経内科の双方に関連するようです。

 WMのNCCNガイドラインによると,レナリドマイドは,ヘマトクリット異常低下の可能性により非推奨となっているのですが,レナリドマイドで治療したのはWMではなくてPOEMS症候です?

 PDF本文中に,「サリドマイドは多発性骨髄腫以外の病名では使用が困難であったため投与できなかった.」とあります。う~~~ん。><

2011年2月 5日 (土)

【治療事例】認知症様症状で発症し脳出血で死亡したマクログロブリン血症の1剖検例

 ときどき,治療事例を検索するものの,最近は,概要すら公開していないケースが多くて,ネタ切れです。

日本内科学会:第570回関東地方会プログラム-第1会場
より

# 認知症様症状で発症し脳出血で死亡したマクログロブリン血症の1剖検例-臨床経過とMRIを中心に-
東京北社会保険病院内科

    ○北川貢嗣, 南郷英秀, 梅屋 崇, 宮崎 勝, 片山 繁

同 神経内科

    山田滋雄

 会員にならないと,概要すら読めません。><

 マクログロブリン血症が原因で,認知症様症状を発症するんですね。すでになっていますが。^^;
 脳出血で死亡。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
 この病気になっていても,診断を受けないで,心不全や脳出血で死んだら,ほとんどの場合は,突然死とされちゃうんでしょうねぇ。

 同じページに,こんなのがあります。

# リンパ形質細胞性リンパ腫/Waldenstronマクログロブリン血症(LPL/WM)に対するRFC療法-3例の治療経験-
新座志木中央総合病院内科

    ○山本浩文, 高見和孝, 鎮目 学, 松浦直孝

 「治療経験」の概要を知りたいんだが。
 RFC療法は,リツキシマブ,フルダラ,シクロホスファミドでしょうか。

J-GLOBAL - リンパ形質細胞性リンパ腫/Waldens・・・ 【文献】
を見ると,シクロホスファミドが使われているよう。

2011年1月20日 (木)

【治療事例】大量胸水で発症したリンパ形質細胞性リンパ腫

第47回日本癌治療学会学術集会より
大量胸水で発症したリンパ形質細胞性リンパ腫

     

演題番号 : PS02-02

石原 晋:1 豊田 幸樹年:1 長瀬 大輔:1 藤本 吉紀:1 和泉 春香:1 加藤 元浩:1 梅田 正法:1 蜜田 亜紀:2 渋谷 和俊:2 倉石 安庸:1 名取 一彦:1 

1:東邦大学医療センター大森病院血液・腫瘍科 2:東邦大学医療センター大森病院病院病理部

【はじめに】リンパ形質細胞性リンパ腫はすべてのB細胞性リンパ増殖性疾患の6%とまれな疾患である。通常腫瘍細胞は骨髄、リンパ節、脾、肝に高頻度で浸潤し、過去には肺浸潤、胸水貯留は3%程度と報告されている。今回われわれは両側胸水による呼吸困難で発症したリンパ形質細胞性リンパ腫の一例を経験したので報告する。【症例】69歳男性。2008年12月中旬より労作時呼吸困難を自覚し、2009年1月中旬近医受診した。採血検査にてHb13.1g/dl と軽度の貧血を認めたため、当院当科受診した。診察上両側中から下肺野にかけて呼吸音の減弱を認め、胸部レントゲンにて両側大量胸水を認めた。原因検索のため当科入院し精査を開始した。血液検査ではWBC3900、Hb13.1g/dl、Plt9.6万/μlであり、IgM型M蛋白血症を伴っていた。胸水は滲出性であり小型リンパ球および形質細胞様の核所見をもつ細胞が確認された。精査中に左鼠径リンパ節腫大を認め、同部位より生検を施行したところ、び慢性に形質細胞様の核偏在を示した細胞および小型リンパ球の増生を示していた。免疫染色の結果IgM、IgG陽性、CD20陽性、CD79α陽性、CD5、 10、23陰性からリンパ形質細胞性リンパ腫と診断された。両側胸水貯留のために呼吸状態が悪いことから初回治療としてCHOP療法を選択し、2コース施行も胸水は減少せず、現在Rituximub単剤にて加療中である。

 学術集会の演題紹介ページなので,【はじめに】しか掲載されていません。

 わたしは骨髄,リンパ節,脾,肝に軽度の浸潤で済んでいますが,肺浸潤,胸水貯留するひともいるんですね。恐ろしや。

 初回治療は,CHOPとな。
 なんで最初からR-CHOPにしないのでしょう。
 CHOPでダメだったものが,Rituximub単剤で奏効するのだろうか。時間差R-CHOP攻撃と考えればいいのか。

 Hb13.1g/dlもあるのに,貧血なのか。9.0行けば御の字のわたしの立場は…。

2009年8月28日 (金)

【治療事例】定期的なDFPPの長期継続によって過粘稠度症候群をcontrolしている原発性マクログロブリン血症の1例

第25回 静岡県腎不全研究会プログラムより

--------------------------------
10.定期的なDFPPの長期継続によって過粘稠度症候群をcontrolしている原発性マクログロブリン血症の1例
                                沼津市立病院 腎臓内科 塚田有紀子
--------------------------------
 DFPPとは,「二重濾過血漿交換療法」のことです。

 いや,これだけなんですが。^^;
 研究会の演題のタイトルしかわかりません。
 しかし,タイトルだけでも,長期に渡り,定期的血漿交換により,過粘稠度症候群を抑えている患者が存在することがわかります。
 この場合は,透析ということで,腎臓内科が担当しているようです。
 療法としては,腎臓病と同じですね。

 グーグル先生と行く治療事例探索の旅も,奥地にはいりこんだため,前に進むのが困難になってきました。(´ヘ`;)ハァ

2009年8月27日 (木)

【治療事例】子母間同種造血幹細胞移植を施行した原発性マクログロブリン血症の1例.

大阪市立大学血液内科様ご提供の学会報告2009より

 学会報告なので,大阪市立大学内の事例ではありません。
 大阪府和泉市の生長会府中病院様の報告です。

青山泰孝(生長会府中病院・血液疾患センター)、久村岳央、市原弘善、麥谷安津子、米谷 昇、日野雅之
子母間同種造血幹細胞移植を施行した原発性マクログロブリン血症の1例.
第31回日本造血細胞移植学会、札幌、2月5日、6日

《抄録》
原発性マクログロブリン血症(WM)に対する第一選択はアルキル化剤、ヌクレオシド類似体、リツキシマブであるが、現状では治癒は望みがたく治療の目標は症状の軽減と延命である。この度、診断から5年が経過し化学療法不応性のWMに対してGVH/HVG方向に1抗原不一致の息子から子母間末梢血幹細胞移植を施行した症例を経験したので報告する。[症例および経過]62歳、女性。2004年に高γグロブリン血症を指摘。精査にてWMと診断された。診断から約1年後に過粘稠症候群による網膜出血を認め、フルダラビンによる治療を開始。IgMの低下、症状の改善あり。さらに1年後にIgMの再上昇、腹腔リンパ節腫大、胸腹水貯留を認め、フルダラビンおよびリツキシマブにて治療を行ったが不応性であり持続的胸水ドレナージが必要となった。サルベージ療法としてCHOP療法を行ったが胸水は減少せず。前治療の影響および骨髄浸潤のため汎血球減少が強く化学療法の追加が困難な状況と判断。HLA一致ドナー候補が血縁に得られたが恒例のためGVH/HVG方向に1抗原不一致の息子をドナーとしてRISTを施行した。前処置はFlu(180mg/sq)+BUS(6.4mg/kg)+ウサギATG(10mg/kg)。GVHD予防はFK506+mPSLで行った。day+11に生着を確認。1000ml/日を超えていた胸水も減少しday+33には持続ドレナージを注し。腹部リンパ節腫大は縮小傾向を認めており、day+67の時点で明らかな急性GVHDの所見は認めず良好に経過している。[考察]WMに対するallo-HSCTの報告は少なく移植が成功した場合には長期のCRが報告されており、本邦でもUedaらにより成功例が報告されている。本症例は、移植後観察期間も短いため効果に関してさらなるフォローが必要である。

---------------
《私的感想》
>HLA一致ドナー候補が血縁に得られたが恒例のため
は,「高齢のため」ですね,たぶん。

 WMでの同種移植は,はじめて見ました。
 自家移植ですら,あまり聞かない。統計母数が少ないせいかもしれませんが。
 62歳は,ふつう,同種移植不適応とされる年齢ではないでしょうか。
 最後の手段として,高齢でも同種移植の事例が存在するというのは,心強いことです。イチかバチかの勝負になると思いますが。
 報告時以後の経緯を知りたいところです。
 「Uedaらにより成功例が報告」も知りたい。

2009年8月 5日 (水)

【治療事例】神経症状として再発したマクログロブリン血症の1例

 治療方法は「化学療法」としか書かれていないので,治療事例と呼べるほどのものではありませんが,IgMのみで病勢を判定してはいけない一例として,紹介します。
 ネタ切れ。^^;

 

千葉大学様ご提供の千葉大学学術成果リポジトリより

神経症状として再発したマクログロブリン血症の1例

「フルテキストへのリンク」に,PDFファイルへのリンクがあります。

>また,再発と同時に治療の指標としていたIgMが逆に減少し,血清LDHの増加と共に組織像の変化を示唆する所見として臨床上重要な意味を持つと考えられた。

 再発したのに,IgMが減少したのですね。

2009年8月 4日 (火)

【治療事例】血清IgMの上昇を伴わない病態の増悪に対してCHOP療法が有効であった原発性マクログロブリン血症

日本血液学会様ご提供の「臨床血液」ONLINEより。

 発行年2001年以降,キーワード「原発性マクログロブリン血症orリンパ形質」の検索結果から治療事例といえるものを独断で採択しました。

-------------------------------
臨床血液
Vol. 46 (2005) , No. 7 pp.536-538
血清IgMの上昇を伴わない病態の増悪に対してCHOP療法が有効であった原発性マクログロブリン血症
脇本 直樹1), 三角 素弘1), 前田 智也1), 島田 恒幸1), 若尾 大輔1), 佐藤 泰隆1), 高橋 直樹1), 須賀原 裕一1), 吉田 勝彦1), 矢ヶ崎 史治1), 伊藤 善啓1), 中村 裕一1), 川井 信孝1), 松田 晃1), 陣内 逸郎1), 別所 正美1)
1) 埼玉医科大学 内科学(血液内科部門)
(受付 2004/12/16)
(受理 2005/03/17)

A 61-year-old man with primary macroglobulinemia (PMG) had been followed without any treatment as he had no apparent manifestations. After 1 year and 3 months, he was admitted to our hospital with a fever. No signs or symptoms of infection and no progressive increase of serum IgM levels was observed. Non-Hodgkin's lymphoma was not additionally found. Fever without infection, elevated serum LDH level and further enlargement of the spleen compelled us to diagnose his condition as deterioration of the PMG. An immediate fall in his temperature and serum IgM levels was observed after CHOP therapy. Effective therapy must be discussed in the deterioration of this type of disease.
--------------------------
 全文は,国立国会図書館で,探してください。

《誤訳》
 原発性マクログロブリン血症の61歳男性。
 無症状のため無治療。
 1年3ヵ月後,発熱のため,来院。
 血清IgM値は上昇していなかった。
 他の非ホジキンリンパ腫は見つからず。
 LDH高値,脾臓肥大。
 CHOPでOK。

 力道山の空手チョップみたいなものですね。
 って,通じないか。^^;

 IgMは重要な指標ですが,IgMのみで病勢を判定してはいけないようです。

2009年8月 3日 (月)

【治療事例】著明な脾腫と血球減少を伴いリツキシマブ併用CHOP療法でcomplete responseが得られた原発性マクログロブリン血症

日本血液学会様ご提供の「臨床血液」ONLINEより。

 発行年2001年以降,キーワード「原発性マクログロブリン血症orリンパ形質」の検索結果から治療事例といえるものを独断で採択しました。

臨床血液
Vol. 50 (2009) , No. 1 pp.34-38   
著明な脾腫と血球減少を伴いリツキシマブ併用CHOP療法でcomplete responseが得られた原発性マクログロブリン血症
伊勢 美樹子1), 酒井 力1), 熊谷 匡也1)
1) 千葉県がんセンター腫瘍・血液内科
(受付 2008/05/14)
(受理 2008/08/21)
---------------
症例は62歳男性。末梢血リンパ球増多と貧血,巨大脾腫にて当科を紹介された。末梢血と骨髄でリンパ形質細胞の増殖を認め,血清IgM 1,150 mg/dl, IgM-κ型M蛋白陽性であり,原発性マクログロブリン血症(WM)と診断した。sIL-2R 14,300 U/ml, β2MG 6.2 mg/lと高値であった。腫瘍量が多く進行も急速なため,aggressive lymphomaに準じてCHOP療法を開始したところ,3コースで貧血が改善し,IgM値が半減するなど,著効を認めた。4コース目からリツキシマブを併用して計8コース行い,骨髄中腫瘍細胞は消失し,脾臓は正常大となり,免疫固定法でもM蛋白が検出されなくなり,完全奏効(CR)が得られた。治療終了後1年が経過した現在もCRを維持している。WMに対しては,近年,各種薬剤の併用療法が試みられ治療成績が向上しているが,CRに至ることは少なく,貴重な症例である
---------------

 全文は,医師免許取得の上,血液内科医になって,日本血液学会に入会すれば,すぐに読むことができます。

《私的感想》
 リツキシマブ併用CHOP療法は,略してR-CHOP療法ですね。
 IgM値は,そんなでもないけれど,他の数値が悪いようです。
 治癒は望めないといわれている原発性マクログロブリン血症でCRはうらやましいです。原発性マクログロブリン血症なのに,aggressive lymphomaの様態を示していたようです。純正な原発性マクログロブリン血症ではないような。「純正」の定義がわかりませんが。
 抗がん剤は活発な細胞を攻撃するので,元気ながん細胞には,よく効きます。つまり,aggressive lymphomaには,よく効きます。逆に,ひきこもりのがん細胞には効きにくいのです。相手はひきこもっているのだから,なかなか,影響を与えにくい。一般的にindolent lymphomaの様態を示す原発性マクログロブリン血症が,治癒がむずかしいとされる由縁です。

2009年8月 2日 (日)

【治療事例】NHKがんサポート旧伝言板の数例

 NHKサイトの中のがんサポート旧伝言板に,原発性マクログロブリン血症のツリーが存在する。
がんサポート伝言板 - がんとの向き合い方 - 原発性マクログロブリン血症

 このツリーの投稿者には,患者本人が多く,年齢や治療歴を明記してくれている場合が多いので,参考になる。投稿者の中には患者家族もいるが,患者本人の年齢や治療歴を書いてくれているひとが多い。
 ここも,いつ消滅するかもわからないので,早めに保存しておくことをお勧めする。

 がんサポート伝言板は,2007年3月末で更新を終了したので,新規投稿ができない。後継として新掲示板ができたのだ,そちらには,原発性マクログロブリン血症関連の投稿はない。どころか,2009年3月末で,とつぜん,終了してしまった。
 がんサポート伝言板は,「ハートネットボイス」に移行したとのことだが,これはがん専門ではなく,ツレが鬱で…でも,性同一性障害でも,健康全般なんでもありで,範囲が広すぎる。

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ