お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の14件の記事

2013年6月29日 (土)

【病中閑あり】2013年6月貧血メタボ老人徘徊記・ところざわのゆり園

1.プロローグ
 ユリの名所は,少ない。

ゆり園:西武鉄道Webサイト

2.チョー豪華な朝食をいただいたでござるの巻
決行日:2013年6月28日(金)
目標:ところざわのゆり園
日没予定:19:01
《割引券ゲット!》
 西武線乗車駅のホームに置いてあったパンフレットを,なにげなく手に取ると,裏に,割引券が付いていた。なんにでも手を出してみるものである。
 正直,1000円は高い。季節営業だからしょうがないけど。

L20130628093914

L20130628093858

《西武球場前駅》
 ここまで,乗り換えが,チョーめんどう。

L20130628100034

《西武ドーム》

L20130628100044

《ところざわのゆり園》
 早咲きのすかしゆりと遅咲きのハイブリッドの両方の見頃が重なる,いちばんいい時期。
 まぁ,サイトの開花情報をチェックしてきたんですけど。

L20130628100114

《ところざわのゆり園のユリ》

L20130628101048

L20130628101540

L20130628101642

L20130628101704

L20130628101802

L20130628101816

L20130628101904

L20130628102240

L20130628102400

L20130628102648

L20130628102720

L20130628102736

L20130628102756

L20130628102818

L20130628102924

L20130628104050

L20130628104142

《西武ドームのすぐとなり》

L20130628104332

L20130628104526

L20130628104738

《ここでしか食べられない》
 そんな宣伝文句に乗るような情弱では…。ヽ( ´ー)ノ フッ

L20130628105046

《朝食》
 ゆり根の天ぷらとそばセット1000円!!!
 天ぷら単体だと500円だが,まぁ,いいではないか。話の種。
 ゆり根の味は,ジャガイモに似ていた。食感は,ジャガイモよりも,やわらかい。

L20130628105536

《ユリ見そば》

L20130628105608

《ところざわのゆり園のユリ》

L20130628111132

L20130628111230

L20130628111300

L20130628111108_2

L20130628111344

L20130628111430

L20130628111554

L20130628112016

L20130628112044

L20130628112524

L20130628112646

L20130628112748

L20130628112932

L20130628113052

《ゴォオオール》
 これから,狭山湖畔ウォーキングを開始する。

L20130628113738

2013年6月27日 (木)

【病中閑あり】2013年6月貧血メタボ老人徘徊記・千葉公園の大賀ハス

1.プロローグ

千葉公園のハス・花の名所案内

千葉公園は、JR千葉駅から歩いて10分という千葉市の中心街にあり、市を代表する公園。この公園で有名なのが大賀ハス。今や全国で大賀ハスが栽培されているが、そのルーツは千葉県にある。昭和26年に千葉市検見川の東京大学厚生農場(現在の東京大学検見川総合運動場)で縄文遺跡発掘現場から3粒の種を大賀一郎博士らが発見。世界最古のハスの種であると認定され、翌年そのうちの1粒が発芽し2000年前のハスの花として話題を集めた。その後、千葉公園に移植され、毎年、薄紅色の美しい花を開き、全国に株分けされた。また、平成5年4月に大賀ハスは千葉市の花にも選ばれている。園内にある蓮華亭は、大賀ハスをより多くの市民に親しまれるよう建てられた大賀ハスの展示資料館でもある。

2.市川と市原の区別がつかない
決行日:2013年6月26日(水)
目標:千葉公園の大賀ハス
日没予定:19:01
 ここは,東関東のとっぱずれ。
 里見氏の領地かと思ったら,いまは森田氏が支配しているらしい。青春だよ!
 ハスの花は,8時頃が開花のピークということであるが,それに合わせて極東の地に東征するのはつらい。

千葉市:大賀ハス開花情報2013:

---------
 本年2013年の大賀ハスの初花は、昨年より5日早い5月29と日でした。初花から7日後から花数が急増し、9日後に100本を超え、11日後に200本を超え、12日後の6月11日に300本を超えました。現在までの開花状況は、下図(初花後の開花数)のとおり、過去3年間と比べても大変早いペースとなっています。過去3年間の1日当り最大開花数は、600~765本(平均695本)であり、その半数約300~380本に達する頃を「見ごろ」の到来と考えれば、「今年の見ごろは12日頃から」と判断してよいと思います。

先週末の6月15日に開花数が400本を超え、6月17日に今季のピーク(660本)となり、その後は少しずつ減少しています。花数は少なくなりますが、6月末まで見ごろが続でしょう。花数が多いのは、蓮華亭に向かってハス池の左側区域、大きな花が鑑賞できます。
ーーーーーーーーーーー
 ハスの花といえば7月8月というイメージがあり,気づいた時には,開花ピークを過ぎていた。

《千葉駅》

L20130626074504

《千葉公園》

L20130626075518

《千葉公園の大賀ハス》

L20130626080050

L20130626080212

L20130626080310

L20130626081218

L20130626081312

L20130626081612

L20130626081918

L20130626082000

L20130626082100

《朝食》

L20130626151109

L20130626084120

《蓮見めし》

L20130626084642

《本日440本》
 毎日数えているのか。ごくろうさまです。
 減少傾向の花の本数であるが,少し盛り返したようだ。

L20130626083010

《ひっそりとアジサイ》

L20130626090226

L20130626090302

《綿打池》
 綿打池の向こうが,ハス池。
 平日の朝っぱらからハス鑑賞に興じる超絶暇人どもで,にぎわっていた。

L20130626090828

《ゴォオオール》

L20130626091132

2013年6月26日 (水)

【生きているよ~ひまネタなう】『オー!ファーザー』 (新潮文庫) を買ったよ

オー!ファーザー (新潮文庫) [文庫]

内容紹介
一人息子に四人の父親!? 由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれて、高校生が遭遇するは、事件、事件、事件――。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。伊坂ワールド第一期を締め括る、面白さ400%の長篇小説。

 第1期最後の作品だそうである。第2期作品は,あまり好みではない。
 電車で座れない時,および,2週間後の点滴時に読む。
 『グラスホッパー』の続編ぽい『マリアビートル』も文庫化が近い(9月?)ようで,楽しみ。

P1160247

2013年6月21日 (金)

【病中閑あり】2013年6月貧血メタボ老人徘徊記・相模原北公園のバラ

1.プロローグ
【病中閑あり】2013年6月貧血メタボ老人徘徊記・相模原北公園のアジサイ


2.相模原北公園のバラ

決行日:2013年6月17日(月)
日没予定:18:58
 相模原北公園にバラがあることは知っていたが,6月中旬じゃ,見頃過ぎと思っていた。
 しかし,さすが北公園,全体としてはしおれ気味とはいえ,まだまだ,鑑賞に耐えた。

 すべて貼りきれないので,抜粋。

L20130617094046

L20130617094324

L20130617105404

L20130617105414

L20130617105530

L20130617105618

L20130617105636

L20130617105650

L20130617105742

L20130617105750

L20130617105842

L20130617105852

L20130617105914

L20130617105920

L20130617105928

L20130617105946

L20130617110332_2

L20130617110338_2

L20130617110346

L20130617110358

L20130617110420

L20130617110426

L20130617110558

L20130617110604

2013年6月20日 (木)

【生きているよ~ひまネタなう】よい子の通院セット

 予約票,点滴治療時に同時服用する薬,お薬手帳,最近の血液検査値印刷物,クリップボード,マスク等がはいっている。
 通院日には,このまま,デイパックに入れる。

 わかりやすく言えば,サンダーバード2号のコンテナのようなもの。

P1160058

2013年6月19日 (水)

【病中閑あり】2013年6月貧血メタボ老人徘徊記・相模原北公園のアジサイ

1.プロローグ
相模原北公園のアジサイ・花の名所案内

相模原北公園(神奈川県・相模原市)
(さがみはらきたこうえん)
ーーーーーーーーー
相模原市の北西の端にあり、北総合体育館や広い芝のグラウンドを有するのが相模原北公園。園内は、雑木林を利用しながら、公園全体に植物園のような雰囲気が感じられるように造られている。アジサイ園は、1974年に相模原市の市制20周年を記念して「市の花」に制定され相模原市の人口が60万人を越えたことを記念して開園。花の種類は多く現在では200種、1万株が起伏のある公園内で大輪の花が咲き乱れる。品種に応じてそれぞれ区画が設けられ、アジサイの丘の南西側の斜面が西洋アジサイ、丘の北西側が外国種、丘の東側が和品種と分かれており、散策しながら楽しめる。6月には、市内にある麻溝公園とアジサイまつりが行われ、多くの市民でにぎわう。
ーーーーーーーーー

2.相模原北公園のアジサイ
決行日:2013年6月17日(月)
日没予定:18:58

《相模原観光協会》

L20130617090206

《駅からハイキング》

 と思わせといて。

L20130617091902

《相模原北公園》

 バスでワープ。

L20130617093538

《相模原北公園のアジサイ》

L20130617100410

L20130617100422

L20130617100434

L20130617100446

 

L20130617100918

L20130617100924

L20130617101014

L20130617101022

L20130617101222

L20130617101234

L20130617101936

L20130617101944

L20130617102228

L20130617102236

L20130617104016_2

L20130617104026

L20130617104106

L20130617104118

L20130617104248

L20130617104300

 アジサイ画像が80枚ほどあり,とてもぜんぶは,貼りきれない。

2013年6月15日 (土)

【生きているよ~ひまネタなう】春夏冬中?

 すし屋の入り口の表札。

 すぐにわかると思うので,回答は省略。

P1150813

2013年6月14日 (金)

【生きているよ~ひまネタなう】「自動 押してください」

自動じゃないじゃん。

P1150811

2013年6月13日 (木)

【治療経過】2013年6月

----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症≒リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬→11月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)→2011年8月休薬→2012年3月BDR→2012年9月休薬→2012年3月より4週1回BDR
----------------------------------
 IgM1040(6/21)→1280(7/26)→1431(8/30)→1455(9/20)→1810(10/27)→1980(11/24)→2670(12/27)→2670(12/27)→2990(1/24)→2830(2/21)→3465(3/21)→2790(4/18)→2800(5/16)で,平衡。下がりどまってしまった。(´;ω;`)ブワッ
 総タンパクとALBからの今回のIgM推定値は,2800。
 ヘモグロビン9.8(6/21)→10.0(7/26)→10.5(8/30)→11.2(9/20)→11.0(10/27)→10.9(11/24)→10.4(12/27)→10.3(1/24)→10.0(2/21)→9.3(3/21)→9.5(4/18)→10.0(5/16)→9.7(6/13)で,微減だが平衡。

<血液検査結果抜粋>

Chart20130613_2

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>

を参照ください。

2013年6月12日 (水)

【雑感】マクログロブリン血症の患者が勉強したほうがいいと思うわけ

 患者が勉強したほうがいいというのは,がん患者全般についていえるのだが,それについては,腫瘍専門医のShoさんが,折に触れて解説してくださっているので,ぜひお読みいただきたい。

がん治療の虚実

 特にマクログロブリン血症の患者が勉強したほうがいいと思うわけは,ひとことで言えば,日本ではマクログロブリン血症の標準治療が確立していないからである。
 病院によって,治療メニューが違ってくる。

 ある掲示板で,例によって,質問者側の情報をいっさい開示することなく,リンパ腫のいい病院を教えろのたぐいのトンデモ要求があった。

《関連記事》
【情報】安易に名医やいい病院を教えろというひとびとへ

 それに対して,ある回答者が,リンパ腫は血液内科のある病院ならほぼ同じ治療を受けられると回答していたが,それは,リンパ腫の中でもメジャーなタイプに限っての話,リンパ腫全般についてそう言及するのは,乱暴な話である。まぁ,回答者はどしろうと,正確な回答を期待してはならない。マイナータイプのリンパ腫の存在を知らないのだろう。
 EUの経済状況といったって,ドイツもあればギリシャもある。哺乳類の生態といったって,コウモリもいれば,クジラもいる。複数の病気の総称であるリンパ腫を,タイプを特定しないで,まとめて論じようというのが,むちゃである。

 ここで一句。

 リンパ腫はタイプ違えば別疾患

 さて,自分では勉強したくないなら,主治医にすべてまかせてしまうというのも,アリかなと思っている。シェフにおまかせコースを注文するのに抵抗がなければいいのではないか。
 ただし,シェフにおまかせした結果,自分のきらいな食材が出てくるかもしれないが,文句を言ってはいけない。おまかせしたのだから。
 自分のきらいな食材を伝えたうえで,おまかせできればいいのだが,それでは,おまかせしたことにはならない。
 おかかえシェフを雇える身ならいざしらず,セレブでもない一般人は,多忙なシェフの3分間クッキングを利用するしかない。
 シェフにおまかせした結果,自分の口に合わない料理が出てきたとしても文句を言ってはならない。
 料理なら,毎日食べられるからいいのだが,命はひとつである。命がかかっている以上,わたしは,WMの専門医以外には,おまかせはしたくない。でも,日本にはWMの専門医はいない。ひょっとして,わたしが知らないだけかもしれない。もしいたら,教えて!!

 血液専門医という制度があるが,血液病全般の専門医であっても,個別の病気の専門医ではない。専門医というが,スペシャリストではなく,血液病全般を手広く扱うジェネラリストなのだ。
 「「病気がみえる」シリーズ〈vol.5〉血液」という本を読んで,血液病の種類の多さに驚いた。
 白血病にしても,慢性,急性,いろいろな種類がある。それまでは,白血病というのはひとつの病気だと思っていた。
 極めつけはリンパ腫で,WHOの分類では約55種類になる。その中には,週単位で進行する高悪性度もあれば年単位で進行する低悪性度のものもあり,千差万別,多種多様,魑魅魍魎である。
 リンパ腫分類は,やろうと思えば,もっと細分できるのだが,そうするとひとつの病形あたりの症例が少なくなると,とあるセミナーの演者が言っていた。
 また,これもあるセミナーで医師が言っていたことだが,患者は自分の病気にだけくわしくなればいいとのこと。
 WM患者は,ホジキンリンパ腫のことまで勉強する必要はないのだ。

 しかし,血液内科医は,そうはいかない。
 血液疾患全般の勉強をしなければならない。
 がんセンターや巨大病院ならいざしらず,そこそこの規模の総合病院の血液内科医師では,毎日の診療に追われて,受け持ち患者の個々の病気それぞれについて,最新情報を勉強するひまはないだろう。
 これは,なにも,医師を責めているわけではない。血液内科医師不足の日本では,とうぜんのことであろう。

 大金持ちか皇室でもないかぎり,医師の時間を独占はできないのだ。
 マイナー病患者の貧民としては,自分の病気の情報収集は自分でして,医師のプライドを傷つけないように配慮しつつ,こちらから情報提供するくらいのことはしたい。
 これは,医師のためにやるのではない。自分のためにやるのだ。

 『情報で命が救える』 "Information can save your life."

 これは,「日本骨髄腫患者の会」創設者 故堀之内朗さんの言葉である。

2013年6月 8日 (土)

【生きているよ~ひまネタなう】ジグソーパズル

 また組み立てるくらいなら,バラさなけりゃいいじゃん。(´・ω・`)

《おべんとう夏》
P1150807

P1150809

2013年6月 6日 (木)

【雑感】わたしにとっての奇跡のリンゴ

 スーパーの特売日で買う1個100円のりんご。

 安いのにおいしい。たまにハズレもあるけど。><

 高ければおいしいのはあたりまえ。奇跡でも何でもない。ただの高級品のりんご。

 数年前,生まれてはじめて行った紀伊国屋で1個800円のりんごを見つけて,驚いた。
 渋谷東急百貨店の中の店だったので,松濤のセレブなマダムが買うのだろう。

スチュワーデスが見える席

 専門家と呼ばれる理系の方たちも同じ思いを抱いているのではないかと思う。たとえば、こんな調査結果があるらしい。いろいろ調べたが出典がわからないので、とりあえず記事に記載されている数字をそのまま挙げてみると、発ガン物質含有に関する調査で主婦とガン免疫学者の捉え方について比べたところ、主婦の43.5%が食品添加物を「発ガン性が高い」と答えているのに対し、免疫学者はほんの1%しかそうは答えなかった。農薬は主婦が24%で免疫学者が0%。一方で普通の食品では、主婦の0%に対して免疫学者の35%が発がん性を指摘している。専門家からすれば「認可されている農薬や食品添加物は、その安全性が確認されているので安心だが、普通の食品にはどんな物質が含まれているかが不明で不安」ということになるのだろう。

 ここで言う免疫学者とは本物の免疫学者のことで,なーんちゃって免疫学者は含まれていない。

>専門家からすれば「認可されている農薬や食品添加物は、その安全性が確認されているので安心だが、普通の食品にはどんな物質が含まれているかが不明で不安」

 非専門家でも,そう考えるだろう。理性のひとかけらでもあれば。


(2013/06/10追記)
「奇跡のリンゴ」という幻想 -安物の感動はいらない- - バッタもん日記

「奇跡のリンゴ」は大嫌い - バッタもん日記

 自称無農薬無肥料も,ウソなんですけどね。サギですな。

●『奇跡のりんご』なんてありはしない!偶然があるだけ。無農薬リンゴのいい加減さ! | いのち文化研究所

マクドナルド VS 奇跡のリンゴ|あなたも農業コンサルタントになれる

「奇跡のリンゴ」木村秋則氏に抱く疑問 | Food Watch Japan

無農薬・無肥料栽培への私見

工藤農園 話題の“無農薬りんご”について

木村秋則 奇跡のりんごに批判?宗教やUFO・宇宙人との関係は? | Hot Trends News

すべては宇宙の采配 [単行本(ソフトカバー)]

 世にトンデモのタネは尽きまじ。

2013年6月 2日 (日)

【病中閑あり】2013年5月貧血メタボ老人徘徊記・箱根宮ノ下さんぽ

1.プロローグ

【病中閑あり】2013年5月貧血メタボ老人徘徊記・箱根強羅公園のバラ

2.ネコってパン食べるの?
決行日:2013年5月31日(金)
目標:箱根宮ノ下さんぽ
日没予定:18:50

《スイスへようこそ》
 強羅駅から登山電車に乗ったら,時空を超えてスイスに着いてしまった。

L20130531113018

L20130531113038

《宮ノ下駅》
 紆余曲折の末,なんとか宮ノ下駅到着。

L20130531114916

《堂ヶ島渓谷》

L20130531120918

《堂ヶ島渓谷遊歩道?》
 りっぱな登山道である。山には登らないが。

L20130531121716

L20130531121508

《路肩悪し》
 年間2,3人は滑落死しているに違いない。

L20130531122156

《新緑の渓谷》

L20130531124350

《吊り橋》
 ゆっくり歩いても揺れまくり。><

L20130531124702

L20130531124806

《ゴォオオール》

L20130531125748

《光栄堂》

 鉱泉煎餅屋。

L20130531131208

《富士屋ホテル直営》
 富士屋ホテルなんて,貧民は一生涯泊まれないので,パンを買う。パンも,いいお値段である。

L20130531132534

《行列のできるパン屋さん》
 本日は平日のためか,待たずに買えた。

L20130531132526

《ネコってパン食べるの?》
 パン屋の前のベンチにリュックを置いて,買ったパンを入れていると,焼きたてのいい香りに釣られてか,近くにいたネコが寄ってきて,甘い声で鳴く。(=^・・^=)

 か,かわええ~。(;´Д`)ハァハァ

 でも,野生生物にエサをあげることはできないのよ。ごめんね。

L20130531132012

L20130531132214

L20130531132244

《ネコにエサを与えている方へ》
 野生生物にエサをあげるのは,DQNの所業。
 心を鬼にして立ち去る。

L20130531162344

《セピア通り?》
 というらしいが,車がひっきりなしに行きかい,とても,そんな雰囲気ではない。

L20130531132902

L201305311329022

《熊野神社》

L20130531133616

L20130531133718

《渡邊ベーカリー》

L20130531141146

《朝食》
 温泉シチューパン。
 食べにくかった。(^_^;)

L20130531135906

《箱根神社》

L20130531141454

L20130531141514

《ゴォオオール》

L20130531141902

2013年6月 1日 (土)

【病中閑あり】2013年5月貧血メタボ老人徘徊記・箱根強羅公園のバラ

1.プロローグ
 箱根強羅公園には,昨年,秋バラを見に行く計画だったが,諸般の事情により挫折。
 目標は,春バラとなった。

2.箱根強羅公園のバラ
決行日:2013年5月31日(金)
日没予定:18:50
 前日情報で,見頃まであとすこしということだが,すでに梅雨入り,次回晴れる日には見頃を過ぎているかもしれない。

《強羅駅》

L20130531100124

L20130531100316

《箱根強羅公園》

L20130531101814

《バラソフト》
 付着している花びらは,本物。

L20130531102118

《ローズガーデン》

L20130531103328

《箱根強羅公園のバラ》

L20130531103432

L20130531103504

L20130531103526

L20130531103548

L20130531103654

L20130531103704

L20130531104032
L20130531104140

L20130531104206

《ジャケツイバラ》
 ジャケツイ・バラと読んでいて,バラ?と思っていたのだが,ジャケツ・イバラが正しかった。^^;

L20130531104440

L20130531104544

L20130531104502

《あじさいソフト》
 公式サイトによると,翌日のあじさい祭りより販売とのことだったが,フライング販売していた。

わたし「中に,アジサイがはいっているんですか?」
店員「イメージです!」

L20130531105258

《熱帯植物園など》

L20130531110142

L20130531110532

L20130531110552

L20130531110756

L20130531110822

L20130531110908

L20130531110918

 まだ見頃前ということもあるのだろうが,それよりも,ローズガーデンの面積が思いのほかせまく,箱根強羅公園のバラは言うほどのことはなかった。
 ローズガーデンのみならず,箱根強羅公園全体が,せまいものだった。ケーブルカーに公園下と公園上とふたつも駅があるので,広大な公園を想像していたのだが。

 箱根強羅公園に2時間を予定していたのだが,せまかったので,1時間で踏破完了した。

 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ