お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【情報技術利用編】Google 日本語入力が,ちょー便利 | トップページ | 【治療経過】総たんぱく値とアルブミン値からIgM値を推定してみる »

2013年3月 6日 (水)

【雑感】ドラマ「ラストホープ」に出てくる先端医療がそれほど先端医療でもない件

 CX系で放送されている「ラストホープ」を,毎週見ている。

ラストホープ - フジテレビ

 医療ドラマを見るのは,TBSの「GM」以来である。

TBS 日曜劇場「GM~踊れドクター」

 「ラストホープ」は,帝都大学医学部附属病院 高度先端医療センターの医師が,他の病院で見放された患者を,最先端医療を駆使して救う的な?ストーリーである。

 2月26日,3月5日放送分のサブストーリーは,骨髄異形成症候群(MDS)が急性骨髄性白血病に転化した患者に,臍帯血ミニ移植をするというものである。
 臍帯血移植が最先端医療?
 いまどき,広くおこなわれているが。
 メインストーリーは,心臓の70%の心筋細胞が壊死した患者に対し,心筋細胞を再生医療で培養してから,心臓に移植するというもので,こちらのほうは,最先端医療だろうけど。

 以前の回では,カンファレンスでああだこうだ議論した結果,手術できない巨大腫瘍を,分子標的薬で小さくしてから手術する方法を思いつくというのがあった。
 そんなことは,議論するまでもなく,思いつくだろうが。チームに腫瘍内科医はいないとはいえ。

 医療監修はだれがやっているのか見てみたら,わたしの母校の付属病院の医師が多かった。あら。^^;

« 【情報技術利用編】Google 日本語入力が,ちょー便利 | トップページ | 【治療経過】総たんぱく値とアルブミン値からIgM値を推定してみる »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/56901537

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑感】ドラマ「ラストホープ」に出てくる先端医療がそれほど先端医療でもない件:

« 【情報技術利用編】Google 日本語入力が,ちょー便利 | トップページ | 【治療経過】総たんぱく値とアルブミン値からIgM値を推定してみる »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ