お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 【病中閑あり】2013年1月貧血メタボ老人徘徊記・元日富士見ウォーキング | トップページ | 【病中閑あり】2012年12月貧血メタボ老人徘徊記・根府川 »

2013年1月 8日 (火)

【雑感】死ぬ時は独り

 「死ぬ時は独り」は,生島治郎さんの小説だが,読んだことはない。しかし,タイトルだけが記憶に残っていた。
 最近「孤独死」ということばをよく聞くが,人間だれしも死ぬ時はひとりである。自動車事故で一家全員死亡なんてことがおきないかぎり,孤独死となる。
 ひとりで死ぬのがいやなら,心中でもするしかない。
 だれかに看取られながら死のうと,ほかにだれもいない場所で死のうと,死ねば無になるのだから,それまでのことは関係なくなる。

《姫ちらし》
 大船軒

P1130197P1130198

« 【病中閑あり】2013年1月貧血メタボ老人徘徊記・元日富士見ウォーキング | トップページ | 【病中閑あり】2012年12月貧血メタボ老人徘徊記・根府川 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【雑感】死ぬ時は独り:

« 【病中閑あり】2013年1月貧血メタボ老人徘徊記・元日富士見ウォーキング | トップページ | 【病中閑あり】2012年12月貧血メタボ老人徘徊記・根府川 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ