お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の10件の記事

2012年10月31日 (水)

【病中閑あり】2012年10月貧血メタボ老人徘徊記・箱根駒ケ岳(1357m)単独無酸素登頂

1.プロローグ
【病中閑あり】2012年10月貧血メタボ老人徘徊記・箱根園水族館

2.♪あ~たまを雲の上に出し~
目標:箱根駒ケ岳(1357m)単独無酸素登頂
決行日:2012年10月13日(土)
日没予定:17:09
《駒ケ岳ロープウェイ》

L20121013112924

L20121013113146

L20121013113318

L20121013113406

L20121013113420

《芦ノ湖》

L20121013114558

《箱根駒ケ岳山頂》
 貧血,メタボ,老人の三重苦を背負いながら,1000メートル超の高山に,単独無酸素登頂成功である。

L20121013114356

L20121013115444

L20121013115456

L20121013115512

L20121013115734

《箱根元宮神社》
 お賽銭一円で,家族の肺がん再発防止と家族の腰痛平癒とと家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加を願う。

L20121013115820

《富士山!》
 雲が整った形をしている。

L20121013120134

L20121013120120

《富士見めし》
 小田原東華軒の駅弁。
 理想的には,駅弁は列車の中で食いたいが,大自然の中で食うのもありだろう。

L20121013120356

L20121013120442

L20121013120606

 これから,神山に向かう。

2012年10月29日 (月)

【治療経過】2012年10月

----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症≒リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬→11月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)→2011年8月休薬→2012年3月BDR→2012年9月休薬
----------------------------------
 IgM4690(3/14)→2400(4/12)→1134(5/24)→1040(6/21)→1280(7/26)→1431(8/30)→1455(9/20)で平衡。あとは,どのくらいの期間,平衡を保ってくれるかだ。

 ヘモグロビン8.0(3/14)→9.5(4/12)→9.9(5/24)→9.8(6/21)→10.0(7/26)→10.5(8/30)→11.2(9/20)→11.0(10/27)で平衡。しかし,半年前から見れば,改善傾向にある。

<血液検査結果抜粋>
Chart20121027

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>

を参照ください。

2012年10月28日 (日)

【病中閑あり】2012年10月貧血メタボ老人徘徊記・横浜市こども植物園のバラ

 スーパー超絶悶絶多忙中に付き,テキスト入力する時間がありません。 一部の画像のみ,先行公開します。

1.プロローグ
 無料のこども植物園のバラでは,しょぼいんではないかと思いきや,150種類400株あるという。
 バラ園以外にも,いろいろゾーンがあり,よいウォーキングになりそうだ。

2.横浜市こども植物園のバラ
決行日:2012年10月27日(土)
日没予定:16:52

《こども植物園》

L20121027124720

《こども植物園のバラ》

L20121027125736

L20121027125744

L20121027125952

L20121027131824

L20121027133830

L20121027133842

L20121027134350

L20121027134404

L20121027134712

L20121027134722

L20121027134942

L20121027134958

L20121027135422

L20121027135434

L20121027135534

L20121027135542

《ハチドリ?》

L20121027140558

L20121027140632

L20121027140840

L20121027140934

L20121027140954

L20121027141044

L20121027141246

L20121027141254

L20121027141346

L20121027141408

L20121027141444

L20121027150618

L20121027150808

《おみやげ》

L20121027194914

L20121027194946

2012年10月26日 (金)

【雑感】NCCNのWMガイドラインの治療法への感想

 書きかけで,2012年1月より放置プレーしていた記事。放置しているあいだに,ガイドラインが改訂されてしまった。むりやり書き上げた。

 胃がん,肺がん,乳がんのようなメジャーがんには,日本にもガイドラインが存在する。
 WMのようなマイナーがんには,とうぜん,んなものはない。標準治療なんてのもない。
 そこで,NCCNガイドラインをベースに治療計画を立てるのがいいのではないかと思っている。

 セカンドオピニオンというのがあるが,現時点では,受けるつもりはない。
 WMの経験が少ない日本の医師のセカンドオピニオンを受けても,海外の文献頼りという気がする。*個人の感想です。
 「マクログロブリン血症の名医」などというトンデモキーワードで検索するDQNがいるようだが,どういう考えで使ったのか,教えてほしい。かならず儲かる株銘柄,パチンコ必勝法,ネットに,そんな貴重な情報が公開されているはずがない。

 ギタリストの一休さんの
ミエローマと私
より

NCCNのWMガイドライン  

 これは,201l年第1版を紹介したもの。
 一休さんが,治療法のセクションを部分訳してくださったので,ありがたく利用させていただく。いつも,ありがとうございます。助かります。
 現時点では,2013年第2版が最新らしいが,201l年第1版からそれほど大きく変っていないので,この記事をもとに,妄想をふくらませたい。
 2011年第1版のあとに追加されたレジメンについては,補完する。行頭に#が付いているものがそうだ。

---------一休さんの記事を改変 (#のレジメン追加)--------------------------
NCCNのWMガイドライン
2010/08/22 16:20

    NCCNのWMガイドラインの中で、診断基準と治療法について紹介します。

    ワンデルストロームマクログロブリン血症/リンパ形質細胞性リンパ腫
    2011年第1版
    Waldenstrom's Macroglobulinemia / Lymphoplasmacytic Lymphoma
    Version 1.2011
    http://www.nccn.org/professionals/physician_gls/PDF/waldenstroms.pdf
    (注:初めての方は登録が必要です)

    【診断基準】
    ワンデルストロームマクログロブリン血症国際ワークショップで提案されている診断基準です。(WHOの基準も記載されています)

    ・IgM型単クローン性免疫グロブリン血症(血清濃度は不問)
    ・小リンパ球、形質細胞様細胞、及び形質細胞の骨髄浸潤
    ・広範型、間質型、又は結節型の骨髄浸潤
    ・CD19+、CD20+、sIgM+(CD5、CD10、CD23の発現がみられる場合もある)

    【治療法】
    推奨治療レジメンとして様々な薬剤が使用されています(MMでは一般に使用されない、クラドリビン、クロラムブシル、アレムツズマブ、エベロリムス、ベンダムスチンなど)。WMはCD20+であるためリツキシマブ(リッキサン)が基本となっているようです。

    初期療法:
    非幹細胞毒性
    ・ボルテゾミブ±リツキシマブ
    ・ボルテゾミブ、デキサメタゾン、リツキシマブ
    ・リツキシマブ
    ・リツキシマブ/シクロホスファミド/プレドニゾン
    ・リツキシマブ/シクロホスファミド/デキサメタゾン
    ・サリドマイド±リツキシマブ
    #ボルテゾミブ/デキサメタゾン
    #シクロホスファミド/ドキソルビシン/ビンクリスチン/プレドニゾン/リツキシマブ(いわゆるR-CHOP,CHOP-R)

    幹細胞毒性の可能性及び/又は形質転換リスク(又は不明)
    ・ベンダムスチン±リツキシマブ
    ・クラドリビン±リツキシマブ
    ・クロラムブシル
    ・フルダラビン±リツキシマブ
    #フルダラビン/シクロホスファミド/リツキシマブ

    救援療法:
    非幹細胞毒性
    ・アレムツズマブ
    ・ボルテゾミブ±リツキシマブ
    ・ボルテゾミブ、デキサメタゾン、リツキシマブ
    ・エベロリムス
    ・リツキシマブ
    ・リツキシマブ/シクロホスファミド/プレドニゾン
    ・リツキシマブ/シクロホスファミド/デキサメタゾン
    ・サリドマイド±リツキシマブ
    #ボルテゾミブ/デキサメタゾン
    #シクロホスファミド/ドキソルビシン/ビンクリスチン/プレドニゾン/リツキシマブ(いわゆるR-CHOP,CHOP-R)
    #オファツムマブ(リツキシマブ不耐性患者に対して)

    幹細胞毒性の可能性及び/又は形質転換リスク(又は不明)
    ・ベンダムスチン±リツキシマブ
    ・クラドリビン±リツキシマブ
    ・クロラムブシル
    ・フルダラビン±リツキシマブ
  #フルダラビン/シクロホスファミド/リツキシマブ

    幹細胞移植
    一部の例では下記のいずれかの幹細胞移植が適応される。
    ・幹細胞救援を伴う大量化学療法
    ・同種幹細胞移植(破壊的又は非破壊的)
----------------
 以下は,あくまでも,*個人の感想です。

 幹細胞毒性の可能性及び/又は形質転換リスク(又は不明)群の中で,ベンダムスチン±リツキシマブ以外には,脚注がある。転化,MDS,AMLになるかも?と自家移植可能性のある患者ではやめたほうがいいかも?だそうである。
 別セクションで,ベンダムスチンについては,幹細胞に対する影響不明となっている。
 ベンダムスチンは東欧では歴史が古いが,それ以外の地域ではデータ蓄積が不十分なのだろう。東欧のデータは使えないのかよ。まともに統計データとってなかったのかも。

 「#ボルテゾミブ/デキサメタゾン」は,骨髄腫では,BD療法として,おなじみ。
 2011年第1版に「・ボルテゾミブ、デキサメタゾン、リツキシマブ」があるのに,あとからリツキシマブ抜きが追加になったのは,リツキシマブ不耐性患者用だろうか。

 初期療法,救援療法と分けて書いてあるが,日本の保険適用治療においては,どちらもほとんど同じ療法になる。
 アレムツズマブ,エベロリムス,オファツムマブは,日本では未承認のはず。違っていたら,教えていただきたい。
 そうすると,幹細胞移植を除けば,日本では,初期療法,救援療法も同じである。
 一休さんのコメントに「推奨治療レジメンとして様々な薬剤が使用されています」とあるが,それは欧米でのこと。日本で使える薬となると,それほど,あるわけではない。輸入するというなら,別だが。
 箇条書きの項目としては,一見いろいろあるように見えるが,組み合わせが違うために多く見えるだけである。

>    ・リツキシマブ/シクロホスファミド/プレドニゾン
>    ・リツキシマブ/シクロホスファミド/デキサメタゾン

 これなどは,ステロイドの種類を変えただけなので,ほとんど同じ療法だろう。どちらかに治療抵抗性が付けば,もう一方も無効だろう。というのは,*個人の感想なので,くわしいひと,教えて君!

>    ・クラドリビン±リツキシマブ
>    ・フルダラビン±リツキシマブ

 クラドリビンとフルダラビンは似た薬なので,これも,どちらかに治療抵抗性が付けば,もう一方も無効だろう
 「クラドリビン&フルダラビン&交叉耐性」でググってみたが,はっきりとはわからなかった。交叉耐性があるようなないような。自分には必要がないので,検索結果を深追いしていない。

 救援療法の中の「・幹細胞救援を伴う大量化学療法」とは,いわゆる自家移植のことである。自家移植は,やっぱり救援療法か。

 サリドマイドがレジメンにはいっていて,その改良版ともいえるレナリドミドがはいっていないのは,レナリドミド投与者にヘマトクリットが突然減少する事例があるためのようである。このガイドラインの中の別のセクションに,レナリドミド投与者にヘマトクリットが突然減少する事例があるのでお勧めできない旨の記述がある。

 それでもほどほどの数があるレジメンから,どれを選ぶかだが,可能なら,副作用が小さく効果が大きいものを選びたい。

 しかし,一般には,副作用が小さければ,効果も小さいのが相場である。
 一部の不耐性者を除けば,分子標的剤であるリツキシマブ単剤の副作用は小さい。あくまでも,他のレジメンとの比較だが。
 このガイドラインの別セクションによると,単剤のリツキシマブの奏効率は25%~45%の範囲だそうである。中央値の35%とすると,3人にふたりには,奏効しないということになる。だから,リツキサン単剤で効果がなくても,あまりがっかりすることはない。それが,ふつうだからである。高い薬なのだが。

 また,相性というものがあるので,AさんにはXがダメでYがよく,BさんにはXがよくてYがダメということもある。
 他人の経験は,話半分で聞くのがよい。

 このガイドラインも,基準に達したレジメンを挙げるだけで,その中で,どれがお勧めとは書かれていない。

 一般解はない。

2012年10月25日 (木)

【病中閑あり】2012年10月貧血メタボ老人徘徊記・yosimineさん追悼埼京線沿線ウォーキング・与野公園のバラ

 超絶悶絶多忙中に付き,テキスト入力する時間がありません。 一部の画像のみ,先行公開します。

1.プロローグ
 yosimineさんが与野公園を訪れたのは,2011年10月のこと。まだ,1年前のことである。

治療・病状日誌  与野公園・ばら園


2.与野公園のバラ

決行日:2012年10月25日(木)
日没予定:16:53

《与野公園のバラ》

L20121025144730

L20121025144800

L20121025145102

L20121025145112

L20121025145118

L20121025145518

L20121025145538

L20121025145556

L20121025145618

L20121025150304

L20121025150312

L20121025151208

L20121025151220

L20121025152128

L20121025153020

L20121025153036

《ゴォオオール》

L20121025164628

2012年10月21日 (日)

【病中閑あり】2012年10月貧血メタボ老人徘徊記・yosimineさん追悼東武線沿線ウォーキング・国営武蔵丘陵森林公園のコスモス

1.プロローグ

 超悶絶多忙中に付き,テキスト入力する時間がありません。 一部の画像のみ,先行公開します。

決行日:2012年10月20日(土)
日没予定:17:00

L20121020154526

L20121020154540

L20121020154712

L20121020154814

L20121020154954

L20121020155248

L20121020155450

L20121020155522

L20121020155556

L20121020155616

2012年10月20日 (土)

【病中閑あり】2012年10月貧血メタボ老人徘徊記・yosimineさん追悼東武線沿線ウォーキング・国営武蔵丘陵森林公園のコキア

1.プロローグ

 超悶絶多忙中に付き,テキスト入力する時間がありません。 一部の画像のみ,先行公開します。

決行日:2012年10月20日(土)
日没予定:17:00

L20121020120940

L20121020121932

L20121020123444

L20121020123920

L20121020124102

L20121020124420

L20121020124946

2012年10月14日 (日)

【病中閑あり】2012年10月貧血メタボ老人徘徊記・箱根園水族館

1.プロローグ

 悶絶多忙中に付き,テキスト入力する時間がありません。 一部の画像のみ,先行公開します。

箱根園|トップページ

2.バイカルアザラシ,メタボすぎ
決行日:2012年10月13日(土)
目標:箱根園水族館

L20121013110620

L20121013110822

L20121013110858

L20121013110946

L20121013110956

L20121013111004

L20121013111038

L20121013111246

L20121013111334

L20121013111416

L20121013111420

L20121013120120

L20121013154814

2012年10月 6日 (土)

【病中閑あり】2012年10月貧血メタボ老人徘徊記・yosimineさん追悼西武線沿線ウォーキング・高麗巾着田のヒガンバナ(画像のみ)

1.プロローグ
 超絶多忙中に付き,テキスト入力する時間がありません。
 テキトーに撮りまくった一写入魂のヒガンバナの画像のみ,先行公開します。

 なに?文章は,いらない?
 あっ,そうーっ。><

2.彼岸に咲かないヒガンバナ

決行日:2012年10月6日(土)
目標:高麗巾着田のヒガンバナ
日没予定:17:18

L20121006114812

L20121006114934

L20121006115352

L20121006115508

L20121006115558

L20121006115656

L20121006115732

L20121006120834

L20121006122034

L20121006122334

L20121006122834

L20121006122924

L20121006122932

2012年10月 1日 (月)

【生きているよ~ひまネタなう】告白~第7章~

 「完璧」の「ぺき」が,「壁」だと思っていた。

《鎌倉助六》
 大船軒

P1110106

P1110107

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ