お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【病中閑あり】2012年9月貧血老人徘徊記・yosimineさん追悼西武線ウォーキング東久留米南沢湧水 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】告白~第7章~ »

2012年9月26日 (水)

【雑感】わたしがこわいもの

 一に形質転換,二に薬剤耐性,三四がなくて,五にドラッグラグ。

 一と二は,どっちもどっちだが。
 形質転換というのは,たとえば,骨髄異形成症候群(MDS)やら急性骨髄性白血病(AML)といった,より悪性度の高いチームのメンバーにチェンジされてしまうことである。
 骨髄異形成症候群がどんな病気か知らないけど,字面を見ただけでも,ややこしそうな病気であることはまちがいない。
 形質転換が起きると予後が悪い。住む世界が転換するのが,あっというまである。
 形質転換は自然にも起こるのだろうが,治療に使った抗がん剤によって起きることが知られている。
 前記のMDS,AMLであるが,WMのNCCNガイドラインによると,フルダラビン等のヌクレオチドアナログ使用によって発生するリスクがあるとのこと。
 これは,kaitjn8さんにご教示いただいた。おかげで,フルダラビンを使わずにすんだ。
 ほんとうに,ありがとうございます。<m(__)m>

 薬剤耐性,これもこわい。
 どんな特効薬も,永久に有効なわけではない。

 低用量の抗がん剤で,だらだら治療を続けようとしても,そのうち,薬剤耐性によって,効かなくなる。その上,抗がん剤の長期使用は,前記の形質転換やら二次がん発生のリスクを増大させる。

 

「抗がん剤は低容量でだらだらと続けることが一番良くないのです。」 (腫瘍内科医 勝俣範之先生)

ちゃんと耳を傾けて!低用量の抗がん剤!

 わたしも,最初の治療で,2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)単剤を服用した。一錠が50mgなので,最低用量である。このときは,よく効いて,13週間で,休薬となった。
 しかし,だんだん効きが悪くなった。2010年11月より始めたCP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)は2011年8月の休薬まで,38週間要した。
 IgMが6667→2988と,下がるには下がったが,それでも3000である。元の値が高い。

 ドラッグラグ,これは,個人の力では,どうしようもない。
 患者会に,期待するしかない。

 グループネクサスが,がんばっている。
 サイトでは,いちいち,戦果報告していないようだが,定常的に,新薬の早期承認要請活動をおこなっている。
 患者会が活動するには,活動資金が必要である。リンパ腫患者なら,少額でもいいので寄付をするか,入会して年会費3000円を黙って納めていただきたい。
 入会したからといって,直截的なメリットは少ない。1000円のセミナーが500円に割引になるくらい。
 それよりも,新薬の承認が早くなったり,国のがん行政が改善されるのを,期待したい。
 全国各地で続々イベントを開くだけが,患者サポートではないのである。
 ただの親睦会をやるなら,患者にまかせておけばいい。
 ネットで海外の論文やら治験情報がかんたんに手にはいる時代に,セミナーで,最新情報が得られるわけではない。
 もちろん,両方やるよゆうがあればそれに越したことはないが,両立がむりなら,イベントやるより,新薬の早期承認活動に力を入れてもらったほうが,わたしにとってはありがたい。個人の感想です。

 さて,「わたしがこわいもの」ということで挙げてみたが,これは,すべて,マクログロブリン血症患者として,こわいものであった。
 病気を離れてこわいものといえば…。

 まんじゅう,こわい。

« 【病中閑あり】2012年9月貧血老人徘徊記・yosimineさん追悼西武線ウォーキング東久留米南沢湧水 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】告白~第7章~ »

雑感」カテゴリの記事

コメント

NCCNガイドラインV2.2013が出ました。V1で更新中(update in progress)となっていた、discussionが更新済みとなっただけですが、もう、2013年が終わっちゃいそう?
今回の更新とは関係ありませんが、discussionのなかに、
「レナリドミドは、ヘマトクリットを急減させるかもしれないので、WM患者は、避けるべき」というのがあるため、MMの治療法がWMに適用できるという時に、レナリドミドは外しておいた方がよいと思います。
もちろんガイドラインの治療法にもレナリドミドは、含まれていません。

この場を借りて失礼します。
こはるさんにはご心配をかけていますが、好中球 3700→2000→200は、ここ2週間下げ止まっています。上がらないけど...
主治医によると、WMでは、治療関連ではなく病気関連での急減は、めったにない事で、それなりに危ないけど、血液内科としてはよくある話ということで、とりあえず無治療経過観察になっています。
頓死の可能性もあるので、このままというわけにはいかないと思いますが...

おまけ
プレドニゾロン・プレドロニゾン  う~ん確かに、見た感じ区別がつかないですね。(多分 Prednisolone)

>kaitjn8さん

 レナリドミドは,サリドマイドの誘導体なのに,サリドマイドより副作用が強いとは,こはいかに。
 MM方面では,レナリドミドが特に貧血の原因となるという話は聞かないので,これは,WM特有なんでしょうか。

 フルダラビンの悪性転化や転換もWM特有なのかとフルダラビンの添付文書を見たところ,

>10.その他の注意
>(1)フルダラビンリン酸エステルと他の抗悪性腫瘍剤で
>治療された患者に,骨髄異形成症候群,急性白血病
>が発生したとの報告がある.

 と,うしろのほうに,その他の注意として,さらっと書いてありました。こわいんですけど。
 その他の注意まで,医師や薬剤師は説明してくれないだろうから,患者本人が添付文書を熟読しなければだめですね。

 そのうちに,性格のいい薬に耐性が付き,ぜいたくは言っていられず,フルダラビンやレナリドミドに手を出す日が来るかもしれない。そういう日が来ないことを祈るばかりです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/55752204

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑感】わたしがこわいもの:

« 【病中閑あり】2012年9月貧血老人徘徊記・yosimineさん追悼西武線ウォーキング東久留米南沢湧水 | トップページ | 【生きているよ~ひまネタなう】告白~第7章~ »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ