お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【業務連絡】モデムが壊れた!ヽ(`Д´)ノウワァァン!! | トップページ | 【「粘る稀なガン患者」より無断転載】ホスピスと緩和医療についてのメモランダム »

2012年9月14日 (金)

【情報】濾胞性リンパ腫の自家幹細胞移植:系統的レビューとメタアナリシス

《原文》

Autologous Stem Cell Transplantation in Follicular Lymphoma: a Systematic Review and Meta-analysis

《グーグル先生和訳》
濾胞性リンパ腫の自家幹細胞移植:系統的レビューとメタアナリシス

 なんと,無料機械翻訳なのに,あまり悩むことなく読める。
 便利な時代になったものだ。

-----以下にコピペ----------
    オックスフォードジャーナル
    医学
    JNCI J Natlがん研
    ボリューム 104、 第 1 号
    PP。18から28。

濾胞性リンパ腫の自家幹細胞移植:系統的レビューとメタアナリシス 
   MurtadhaアルKhabori 、
    ジョンR.デアルメイダ 、
    ゴードンH. Guyatt 、
    ジョンKuruvillaと
    マイケルクランプ

+ Author Affiliations

    著者の所属:臨床腫瘍と血液科、プリンセスマーガレット病院、トロント大学、トロント、ON、カナダ(MAK、JK、MC)、血液科、スルタンカブース大学病院、アルKhod、オマーン(MAK);耳鼻咽喉科科、頭頸部外科、サニーブルック病院、トロント大学、トロント、ON、カナダ(JRdA)、CLARITY研究グループ、医学科、マクマスター大学、ハミルトン、ON、カナダ(GHG)

    への対応: マイケルクランプ、MD、FRCPC、腫瘍内科と血液科、M5G 2M9、カナダ(電子メール:uhn.on.ca {で} michael.crump)ONプリンセスマーガレット病院、610大学アベニュー、5から110、トロント、

    2010年8月25日に受け取りました 。
    改正は 2011年9月13日に受け取りました 。
    2011年9月14日受理 。

抽象的な

背景には、全生存期間に関する高度な濾胞性リンパ腫(FL)を有する成人の初期管理における高用量療法と自家幹細胞移植(ASCT)VS常用量化学療法の影響は不透明だ。 我々はこの問題に対処する無作為化臨床試験のシステマティックレビューを行った。

我々は、成人におけるいかなる化学療法にASCTで骨髄破壊的化学療法を比較したランダム化臨床試験のためにMEDLINE、EMBASE、CENTRAL、米国血液学会、米国臨床腫瘍学会、BIOSIS、PAPERSFIRST、プロシーディングス、臨床試験の登録簿、および関連する研究の文献目録を検索する方法未治療の進行FL。 我々は全生存期間、無イベント生存率、および有害転帰のリスクを推定するために、ランダム効果モデルを用いてメタアナリシスを行った。 統計学的異質性はI 2統計量を用いて算出した。

結果は 7件の試験では、メタ分析に含めることができると未発表のまま、そのうち3つ941人の患者からデータを付属の4個のうち、適格証明した。 試験の二つに、両群の患者では、誘導処理中にリツキシマブを受けた。 (N = 701人の患者)、全生存率を報告した3つの試験から中等度の質のエビデンスは、そのASCTが改善された全生存率(死亡のハザード比= 0.99、95%信頼区間= 0.73 1.33 [CI])には至らなかった示唆している。 941人の患者の4つの試験から低品質のエビデンスはかなりの異質性(I 2 = 80%)とASCTの有利なイベントフリー生存率(死亡のハザード比= 0.54、= 0.36~0.82 95%CI)の改善を示唆している。 骨髄異形成のRR、治療関連死亡率、骨髄異形成症候群、急性骨髄性白血病、および固形腫瘍の有害転帰は、2つのアーム([RR]治療関連死亡率= 1.04、= 0.29 95%CI 3.70の相対リスクとの間に差はなかった症候群/急性骨髄性白血病= 2.19、10.55へ= 0.45 95%CI、I 2 = 48%、固形腫瘍のとRR = 1.30、95%CI = 0.33から5.08)。 治療による死亡の絶対リスクは、(範囲の= 4~52)をASCTを受けた患者は1000あたりの化学療法と15を受けた患者1000例あたり14であった。

結論入手可能な証拠は、FL初期治療の一環として、高用量療法とASCTが全生存を改善しないことを示唆している。 フロリダ州への現在の化学免疫療法のアプローチの文脈におけるASCTの今後の試験が必要である。

    (c)著2011。 オックスフォード大学出版局から出版。

---------------

>結論入手可能な証拠は、FL初期治療の一環として、高用量療法とASCTが全生存を改善しないことを示唆している。

 初期治療として,自家幹細胞移植はお勧めできないということね。
 日本でも,FL患者ブログでは,初期治療での自家幹細胞移植というのは見かけない。
 一方,骨髄腫患者ブログでは,初期治療での自家幹細胞移植はデフォ。
 骨髄腫とリンパ腫の中間のWMは,どちらがいいの?
 CD20が発現しているわたしについては,初期治療での自家幹細胞移植はやらないほうがいいんでないかいという気持ちでいる。あくまでも,現在の気持ち。

 ほかのひとのことは知らない。自分で決めなさい。
 自分自身の治療についてさえ,いつも悩んでいるのに,ほかのひとのことなんか,知ったこっちゃない。

---以下,原文----------
Autologous Stem Cell Transplantation in Follicular Lymphoma: a Systematic Review and Meta-analysis

    Murtadha Al Khabori,
    John R. de Almeida,
    Gordon H. Guyatt,
    John Kuruvilla and
    Michael Crump

+ Author Affiliations

    Affiliations of authors: Department of Medical Oncology and Hematology, Princess Margaret Hospital, University of Toronto, Toronto, ON, Canada (MAK, JK, MC); Department of Hematology, Sultan Qaboos University Hospital, Al-Khod, Oman (MAK); Department of Otolaryngology, Head and Neck Surgery, Sunnybrook Hospital, University of Toronto, Toronto, ON, Canada (JRdA); CLARITY Research Group, Department of Medicine, McMaster University, Hamilton, ON, Canada (GHG)

    Correspondence to: Michael Crump, MD, FRCPC, Department of Medical Oncology and Hematology, Princess Margaret Hospital, 610 University Ave, 5-110, Toronto, ON M5G 2M9, Canada (e-mail: michael.crump@uhn.on.ca)

    Received August 25, 2010.
    Revision received September 13, 2011.
    Accepted September 14, 2011.

Abstract

Background The impact of high-dose therapy and autologous stem cell transplantation (ASCT) vs conventional-dose chemotherapy in the initial management of adults with advanced follicular lymphoma (FL) on overall survival remains uncertain. We performed a systematic review of the randomized clinical trials addressing this question.

Methods We searched MEDLINE, EMBASE, CENTRAL, American Society of Hematology, American Society of Clinical Oncology, BIOSIS, PAPERSFIRST, PROCEEDINGS, clinical trials registries, and bibliographies of relevant studies for randomized clinical trials comparing myeloablative chemotherapy with ASCT to any chemotherapy in adults with untreated advanced FL. We performed a meta-analysis using random effects models to estimate overall survival, event-free survival, and risks of adverse outcomes. Statistical heterogeneity was calculated by using the I2 statistic.

Results Seven trials proved eligible, four of which provided data from 941 patients that could be included in a meta-analysis and three of which remain unpublished. In two of the trials, patients in both arms received rituximab during the induction treatment. Moderate quality evidence from the three trials that reported overall survival (n = 701 patients) suggests that ASCT did not result in improved overall survival (hazard ratio of death = 0.99, 95% confidence interval [CI] = 0.73 to 1.33). Low-quality evidence from the four trials of 941 patients suggests improvement in event-free survival in favor of ASCT (hazard ratio of death = 0.54, 95% CI = 0.36 to 0.82) with substantial heterogeneity (I2 = 80%). Adverse outcomes of treatment-related mortality, myelodysplastic syndrome, acute myeloid leukemia, and solid tumors were not different between the two arms (relative risk [RR] of treatment-related mortality = 1.04, 95% CI = 0.29 to 3.70; RR of myelodysplastic syndrome/acute myeloid leukemia = 2.19, 95% CI = 0.45 to 10.55; I2 = 48%; and RR of solid tumors = 1.30, 95% CI = 0.33 to 5.08). The absolute risk of death from treatment was 14 per 1000 patients for those who received chemotherapy and 15 per 1000 for those who received ASCT (range = 4--52).

Conclusions Available evidence suggests that high-dose therapy and ASCT as part of FL initial treatment does not improve overall survival. Future trials of ASCT in the context of current chemoimmunotherapy approaches to FL are needed.

    (c) The Author 2011. Published by Oxford University Press.
-------------

« 【業務連絡】モデムが壊れた!ヽ(`Д´)ノウワァァン!! | トップページ | 【「粘る稀なガン患者」より無断転載】ホスピスと緩和医療についてのメモランダム »

情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/55650241

この記事へのトラックバック一覧です: 【情報】濾胞性リンパ腫の自家幹細胞移植:系統的レビューとメタアナリシス:

« 【業務連絡】モデムが壊れた!ヽ(`Д´)ノウワァァン!! | トップページ | 【「粘る稀なガン患者」より無断転載】ホスピスと緩和医療についてのメモランダム »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ