お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【病中閑あり】2012年5月貧血メタボ老人徘徊記・光陵公園のバラ | トップページ | 【病中閑あり】2012年5月貧血メタボ老人徘徊記・横浜イングリッシュガーデンのバラ »

2012年6月 6日 (水)

【治療経過】ネ兄!診断5周年

 「祝」なのかどうかはわからないが,2007年6月にマクログロブリン血症という診断を受けてから,5年が経過した。
 当時,ネット情報では,5年生存率50%となっていたが,生存側の50%にはいったわけだ。
 まぁ,この50%という数字は,当時としても,古すぎると思う。リツキシマブの影響は,はいっていないだろう。

 この5年のあいだに,WMに有効なボルテミゾミブ(ベルケイド),サリドマイド,レナリドマイド,ベンダムスチンといった新薬が,日本でも使えるようになった。くすりの名前はおぼえにくいので,薬名は書かないが,リツキシマブが不適応になっても効果があるCD20抗体薬,WMでは発現している可能性が高いCD22にとりつくやつが今後も予定されている。日本での承認は,いつになるかはわからないが。
 新薬が出るたびに,5年生存率は,どんどん高くなっていく。

 50%→60%→70%→80%→90%→100%
 不死身じゃん!

« 【病中閑あり】2012年5月貧血メタボ老人徘徊記・光陵公園のバラ | トップページ | 【病中閑あり】2012年5月貧血メタボ老人徘徊記・横浜イングリッシュガーデンのバラ »

治療経過」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/54894892

この記事へのトラックバック一覧です: 【治療経過】ネ兄!診断5周年:

« 【病中閑あり】2012年5月貧血メタボ老人徘徊記・光陵公園のバラ | トップページ | 【病中閑あり】2012年5月貧血メタボ老人徘徊記・横浜イングリッシュガーデンのバラ »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ