お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の5件の記事

2012年3月28日 (水)

【治療経過ダイジェスト】治療経過2011年9月~2012年3月(休薬31週間)

 以下に記述するのは,あくまでも,個人の感想です。この病気は,ひとにより病態が大きく異なります。くれぐれも,ご自分の治療の参考にはしないでください。

(1)2011/9/7
 総たんぱく8.2 ,IgM3534,IgG913,アルブミン3.6,ヘモグロビン10.2,白血球数4300

 前回通院日からの5週間で,3kgやせた。
 計8日間,朝から日没まで歩き回った。
 ヘモグロビン10.1→10.2で変わらず。
 IgM2988→3534で悪化。
 弱い薬は,休薬すると,すぐに上がってしまう。
 休薬したのでIgM増加は覚悟していましたが,3300くらいを予想していたので,少し残念。
 減らすのには時間がかかるのに,増えるのはあっというまです。

処方:休薬継続
 過去服用したステロイドの副作用防止のため, (ワンアルファ錠0.5μg ×1)/dayのみ,継続。

(2)2011/10/5
 総たんぱく8.6 ,IgM4069,IgG967,アルブミン3.2,ヘモグロビン9.5,白血球数4800

 体調に変化はない。
 ヘモグロビン10.2→9.5で悪化。
 IgM3534→4069で悪化。 
 休薬後,1ヶ月で500のペースでIgMが上がっている。このペースだと,あと2ヶ月で5000越えとなり,また,治療が必要になります。

処方:休薬継続
 過去服用したステロイドの副作用防止のための(ワンアルファ錠0.5μg ×1)/dayも,終了。

(3)2011/11/2
 総たんぱく9.1,IgM5000,IgG959,アルブミン3.4,ヘモグロビン10.0,白血球数4300

 ヘモグロビン9.5→10.0で改善。
 IgM4069→5000で悪化。 
 総たんぱく8.6→9.1で悪化。

 例年,10月にせきが続いているのだが,ことしは,軽くすんでいる。そのかわり,くしゃみ,鼻水が続いている。
 階段を登るときに,やや息切れするようになった。
 自覚症状に反してヘモグロビンが上がりましたが,採血前の飲水量が少なかったためかもしれません。
 従来のCP療法の効果が小さくなってきたので,今後の治療について,検討中です。

処方:休薬継続

(4)2011/12/7
 総たんぱく8.6 ,IgM4880,アルブミン3.2 ,ヘモグロビン9.2 ,白血球数3200

 体調に変わりはない。

 ヘモグロビン10.0→9.2で悪化。
 IgM5000→4880で変わらず。
 総たんぱく9.1→8.6で改善。
 総たんぱくが下がったが成分は総じて薄い傾向。

処方:総たんぱくが下がったので,休薬継続。

(5)2012/1/5
 総たんぱく10.0 ,IgM3300,IgG904,アルブミン3.7 ,ヘモグロビン9.9,白血球数3800
 なぜかIgMが4880→3300と自然減少。

(6)2012/1/12 骨髄穿刺(マルク,骨髄生検,CT
 全身のリンパ腺に腫れが認められる。脾臓肥大。第3,第4腰椎溶骨。形質細胞比率5%。CD20+,CD10-

 今回,腰椎の骨病変が判明しました。
 冬場を中心として,時々,軽い腰痛や腰がだるい症状が出ていたのは,これが原因かもしれません。

(7)2012/2/1
 総たんぱく9.3 ,IgM5060,IgG805,アルブミン3.6 ,ヘモグロビン9.3,白血球数3500

 前回,なにもしていないのにIgM4880→3300と低下し,計器の故障ではないかと不安だったのですが,今回,無事,5000台に復帰して,ひと安心。
 やはり,前回値は,なにかおかしい。IgM量と総たんぱく量は,おおむね正比例しているのですが,前回値は,そうなっていない。

(8)2012/2/25
 総たんぱく9.3 ,IgM3350,アルブミン3.5,ヘモグロビン9.3,白血球数3200

 なんにもしていないのに,またもや,IgM自然減。
 最近は,数値変動が大きく,不安定である。

(9)2012/3/6
 総たんぱく9.3 ,IgM2720,アルブミン3.5,ヘモグロビン8.6,白血球数2800

 なんにもしていないのに,またもや,IgM自然減。
 2/1,2/25,3/6の総たんぱくは9.3で変わらないのに,IgMだけこんなに変わるのは変であるが,検査のプロの出した数値なので,しょうがない。

 休薬する時に,半年くらいもってくれればと思っていたが,なんとか目標クリアーできた。

2012年3月26日 (月)

【病中閑あり】2012年2月貧血メタボ老人徘徊記・幕山公園のウメ(湯河原梅林)

1.プロローグ

湯河原梅林・花の名所案内

平成8年に初公開された湯河原梅林。今では全国でも珍しい梅林のライトアップも開催され、四季を通じ雄大な自然景観と出会える「幕山」の山麓斜面に、約4,000本の紅梅・白梅が"梅のじゅうたん"のごとく咲き乱れて園内は梅の香りに包まれる。また、期間中には特産品の販売や見頃に合わせて梅林のライトアップなど各種イベントが行われる梅の宴も開かれ、多くの人が訪れる。

湯河原町 | トップ

湯河原温泉 「梅の宴」 開花情報 of [社団法人湯河原温泉観光協会]

 遠路はるばる神奈川のとっぱずれまで行って,梅林を往復してくるだけでは行く気にならなかった。
 しかし,山歩きのガイドブックで,幕山公園を経由して,城山に登るというコースをみつけた。
 梅見と登山の併せ技で,決行する。

2.満開のウメに満足したでござるの巻
決行日:2012年3月20日(火)
目標:幕山公園のウメ(湯河原梅林)
日没予定:17:53

 ウメの開花遅れに対応して「梅の宴」は1週間延長されたのだが,それでも18日で終了している。
 開花情報は,16日付けで5分咲きだった。これからが見ごろというのに。
 予定があるので,そうそう延長はできないのだろう。
 開花情報は,19日付けで7分咲きになった。時は来たれり。

《根府川》
 本日の天気予報は晴れ時々くもりというものだが,まだくもっている。

L20120320082346

L20120320082518

《湯河原駅》
 9時ちょうどのバスに乗る。その前に,コンビニで食料調達。
 幕山公園行きのバス乗り場をチラ見したが,人は少ない。

L20120320083650

《バス乗り場》
 「梅の宴」期間中に,入場料を払って,開花前のウメを見るのがシロート。
 「梅の宴」が終わったあと,無料で,見ごろのウメを見るのがプロ。
 バスも,がらすき。って,

工工工エエエエエエェェェェェェ(´д`)ェェェェェェエエエエエエ工工工

 コンビニに行っていたたった10分のあいだに,ジジババ軍団が,占拠していた。
 おそるべしジジババ軍団。しかも,登山のかっこうをしている。すなおに,バスで幕山公園とのあいだを往復するつもりもないらしい。

L20120320084636

《幕山公園バス停》
 バスでは,すわれなかったが,15分くらいで到着。

L20120320091748

《出店》
 「梅の宴」は,もう終わっているのに。

L20120320091804

《満車》
 「梅の宴」は,もう終わっているのに。

L20120320092308

《幕山山麓斜面のウメ》

L20120320092538

L20120320092552

L20120320092602

L20120320092734

L20120320094538

L20120320094744

《本日の朝食&昼食》
 湯河原駅で,東華軒の駅弁を買おうと思ったが,駅構内も構外にも売店なし。
 やむなく,駅前コンビニでパンを購入。
 いつも朝は食べない。昼も食べなくても,それほど空腹を覚えない。
 しかし,きょうは,朝っぱらから,腹がすく。
 ステロイドの影響だろう。

L20120320092928

《梅林見ながら優雅に朝食》
 パン3個も食べてしまった。^^;

L20120320093024

《湯河原観光協会売店跡》
 18日を持って,営業終了。
 これから見ごろなのに。

L20120320094648

《幕山登山口》
 ガイドブックのモデルコースに幕山→南郷山というのもあったが,きつそうだったので,今回は,幕山山頂には行かない。

L20120320095246

L20120320095226

《湯河原梅林》
 ナノハナとのとりあわせもよし。

L20120320095324

L20120320095352

《藤牡丹》

L20120320095438

L20120320095846_2

L20120320095916
《淡路枝垂》

L20120320100350

L20120320100144

L20120320103736

《鹿児島紅》

L20120320100550

《月影》

L20120320100722

L20120320100712

《輪違い》

L20120320101440

L20120320101238

《梅見ハイク》

L20120320101458

L20120320101546

L20120320101602

《山岳救助犬》

L20120320102324

《ロッククライミング》

L20120320102522

《梅林最高地点》
 ここでひきかえして,下山する。とちゅう,登りに通ったのとは違う道に分岐する。

L20120320102740

L20120320102834

《想いのまま》
 紅梅と白梅が一本の木から咲いている。

L20120320104004

L20120320104022

L20120320104050

L20120320104058

L20120320104102

《白加賀》

L20120320104206

《見鷲》

L20120320104232

L20120320104254

《紅千鳥》

L20120320104608

《鶯宿》

L20120320104722

L20120320104750

《未開紅》

L20120320104826

L20120320104908

《玉牡丹》

L20120320104944

L20120320104948

《一重緑萼》

L20120320105050

《梅見下山》

L20120320105152

L20120320105214

L20120320105228

L20120320105532

L20120320105554

L20120320105602

L20120320105714

L20120320105816

L20120320105912

L20120320105932

《第一号結婚記念植樹》
 二号,三号は,見当たらず。

L20120320111330

《池やら滝やら》

L20120320111206

L20120320111244

L20120320111628

 思い起こせば,過去の梅林踏破では,ちょうど見ごろというのがあまりなかった。
 決行日前日の19日付けの開花情報は7分咲きだったが,ちょうど見ごろという感じがした。1日たって,8分咲きくらいになったのだろうか。完全満開の開きすぎよりも,これくらいがいい。
 幕山公園のウメは,山の中腹に,せいぜい,2,3種の品種がまとめてどーんと植わっているのかと思いきや,非常に多品種のウメが植栽されていた。
 この冬は,ウメの開花が遅れていたが,やっと,まともな梅見ができた。

 満足。

2012年3月23日 (金)

【生きているよ~ひまネタなう】急停車しますのでおつかまりください

 「急停車しますのでおつかまりください。急停車しますのでおつかまりください。」

 本日電車に乗っていたら,急ブレーキがかかり,立っていたので,隣のひとにぶつかってしまった。

 そのあとに,流れたアナウンス。
 遅いって!

 急停車する時は,よゆうをもって,事前アナウンスしてほしい。

《おこわ弁当》
 春なのに,栗おこわと山菜おこわ。
 季節で変えたりはしていないのだろう。

L20120315121804

L20120315121830

2012年3月15日 (木)

【生きているよ~ひまネタなう】伊坂幸太郎『グラスホッパー』文庫本を読んだよ

Amazon.co.jp: グラスホッパー (角川文庫): 伊坂 幸太郎: 本

 2011年7月読み始め。
 2011年7月16日(土)三連休の初日に高尾山に行くことになり,超混雑,ケーブルカーは順番待ち,電車でも座れないという事態を想定して,前日に,購入した。
 ケーブルカーは順番待ちしなくてすみ,電車でも座れたのでノートPCが使えた。
 以降,おもに電車で座れないときに,読んでいた。

 2012/1/12マルク後の安静時に読了。

 半年かかった。
 むかしは,推理小説を読み始めると,とちゅうでやめられない体質だったのだが,おとなになって,やめられるようになった。

 いまいちでした。
 犯人探しストーリーではないのだが,でも,どんでんがえしのサプライズを期待してしまう。
 唯一,押し屋の…(ネタバラシになるので書けない)

 次は,モダンタイムスに行くか。でも,前編となる魔王を読んでいない。

Amazon.co.jp: モダンタイムス(上) (講談社文庫): 伊坂 幸太郎: 本

《半年かかって読んだ文庫本の現在の姿》
 欲しい方に,無料贈呈します。

P1080170

2012年3月14日 (水)

【治療経過】2012年3月

----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症≒リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬→11月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)→2011年8月休薬→2012年3月BDR
----------------------------------
 総たんぱくは,8.6に改善。
 ヘモグロビン8.0,白血球2500と悪化。

 ヘモグロビンが8.0となり,過去の経験だと,階段を登ると息切れする数値です。
 しかし,今回は,自覚症状はありません。これは,ステロイド(デキサメタゾン)の大量投与のせいと思われます。

<血液検査結果抜粋>
Chart20120314

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>
を参照ください。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ