お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【病中閑あり】2012年2月貧血メタボ老人徘徊記・幕山公園のウメ(湯河原梅林) | トップページ | 【病中閑あり】2012年貧血メタボ老人徘徊記・山用の手袋を買ったよ! »

2012年3月28日 (水)

【治療経過ダイジェスト】治療経過2011年9月~2012年3月(休薬31週間)

 以下に記述するのは,あくまでも,個人の感想です。この病気は,ひとにより病態が大きく異なります。くれぐれも,ご自分の治療の参考にはしないでください。

(1)2011/9/7
 総たんぱく8.2 ,IgM3534,IgG913,アルブミン3.6,ヘモグロビン10.2,白血球数4300

 前回通院日からの5週間で,3kgやせた。
 計8日間,朝から日没まで歩き回った。
 ヘモグロビン10.1→10.2で変わらず。
 IgM2988→3534で悪化。
 弱い薬は,休薬すると,すぐに上がってしまう。
 休薬したのでIgM増加は覚悟していましたが,3300くらいを予想していたので,少し残念。
 減らすのには時間がかかるのに,増えるのはあっというまです。

処方:休薬継続
 過去服用したステロイドの副作用防止のため, (ワンアルファ錠0.5μg ×1)/dayのみ,継続。

(2)2011/10/5
 総たんぱく8.6 ,IgM4069,IgG967,アルブミン3.2,ヘモグロビン9.5,白血球数4800

 体調に変化はない。
 ヘモグロビン10.2→9.5で悪化。
 IgM3534→4069で悪化。 
 休薬後,1ヶ月で500のペースでIgMが上がっている。このペースだと,あと2ヶ月で5000越えとなり,また,治療が必要になります。

処方:休薬継続
 過去服用したステロイドの副作用防止のための(ワンアルファ錠0.5μg ×1)/dayも,終了。

(3)2011/11/2
 総たんぱく9.1,IgM5000,IgG959,アルブミン3.4,ヘモグロビン10.0,白血球数4300

 ヘモグロビン9.5→10.0で改善。
 IgM4069→5000で悪化。 
 総たんぱく8.6→9.1で悪化。

 例年,10月にせきが続いているのだが,ことしは,軽くすんでいる。そのかわり,くしゃみ,鼻水が続いている。
 階段を登るときに,やや息切れするようになった。
 自覚症状に反してヘモグロビンが上がりましたが,採血前の飲水量が少なかったためかもしれません。
 従来のCP療法の効果が小さくなってきたので,今後の治療について,検討中です。

処方:休薬継続

(4)2011/12/7
 総たんぱく8.6 ,IgM4880,アルブミン3.2 ,ヘモグロビン9.2 ,白血球数3200

 体調に変わりはない。

 ヘモグロビン10.0→9.2で悪化。
 IgM5000→4880で変わらず。
 総たんぱく9.1→8.6で改善。
 総たんぱくが下がったが成分は総じて薄い傾向。

処方:総たんぱくが下がったので,休薬継続。

(5)2012/1/5
 総たんぱく10.0 ,IgM3300,IgG904,アルブミン3.7 ,ヘモグロビン9.9,白血球数3800
 なぜかIgMが4880→3300と自然減少。

(6)2012/1/12 骨髄穿刺(マルク,骨髄生検,CT
 全身のリンパ腺に腫れが認められる。脾臓肥大。第3,第4腰椎溶骨。形質細胞比率5%。CD20+,CD10-

 今回,腰椎の骨病変が判明しました。
 冬場を中心として,時々,軽い腰痛や腰がだるい症状が出ていたのは,これが原因かもしれません。

(7)2012/2/1
 総たんぱく9.3 ,IgM5060,IgG805,アルブミン3.6 ,ヘモグロビン9.3,白血球数3500

 前回,なにもしていないのにIgM4880→3300と低下し,計器の故障ではないかと不安だったのですが,今回,無事,5000台に復帰して,ひと安心。
 やはり,前回値は,なにかおかしい。IgM量と総たんぱく量は,おおむね正比例しているのですが,前回値は,そうなっていない。

(8)2012/2/25
 総たんぱく9.3 ,IgM3350,アルブミン3.5,ヘモグロビン9.3,白血球数3200

 なんにもしていないのに,またもや,IgM自然減。
 最近は,数値変動が大きく,不安定である。

(9)2012/3/6
 総たんぱく9.3 ,IgM2720,アルブミン3.5,ヘモグロビン8.6,白血球数2800

 なんにもしていないのに,またもや,IgM自然減。
 2/1,2/25,3/6の総たんぱくは9.3で変わらないのに,IgMだけこんなに変わるのは変であるが,検査のプロの出した数値なので,しょうがない。

 休薬する時に,半年くらいもってくれればと思っていたが,なんとか目標クリアーできた。

« 【病中閑あり】2012年2月貧血メタボ老人徘徊記・幕山公園のウメ(湯河原梅林) | トップページ | 【病中閑あり】2012年貧血メタボ老人徘徊記・山用の手袋を買ったよ! »

治療経過ダイジェスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/54332659

この記事へのトラックバック一覧です: 【治療経過ダイジェスト】治療経過2011年9月~2012年3月(休薬31週間):

« 【病中閑あり】2012年2月貧血メタボ老人徘徊記・幕山公園のウメ(湯河原梅林) | トップページ | 【病中閑あり】2012年貧血メタボ老人徘徊記・山用の手袋を買ったよ! »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ