お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【病中閑あり】2011年11月貧血老人徘徊記・殿ヶ谷戸庭園の紅葉~都立9庭園踏破達成編 | トップページ | 【病中閑あり】2011年11月貧血老人徘徊記・大山(標高1252m!)単独無酸素登頂 »

2011年12月 7日 (水)

【治療経過】2011年12月

<前回までのあらすじ>(Previously on WM)
----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症≒リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬→11月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)→2011年8月休薬
-----------------------------------
 ヘモグロビン10.0→9.2で悪化。
 総たんぱく9.1→8.6で改善。
 他の成分も総じて薄い傾向。水ドーピングを800mlと控えめにしたのだが。
 2011/10/5の検査値と似ている。
 そうすると,IgMも,4000程度だろうか。

処方:休薬継続

<血液検査結果抜粋>

Chart20111207

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>

を参照ください。

《サクラの紅葉?》
 カエデのように真っ赤にはならないものの,これはこれで,風情がある。

L20111207104916

« 【病中閑あり】2011年11月貧血老人徘徊記・殿ヶ谷戸庭園の紅葉~都立9庭園踏破達成編 | トップページ | 【病中閑あり】2011年11月貧血老人徘徊記・大山(標高1252m!)単独無酸素登頂 »

治療経過」カテゴリの記事

コメント

メチャご無沙汰してました。
我が母はIgMが2000台になり3ヶ月 
他の数値も ほぼ平均値。
でも一日おきの服薬。
休薬って話 こちらから聞いてもよいものか? 

>rieeさん

 プラトーで休薬するのが一般的のようですが,どこで休薬するかは,判断がむずかしいようです。

 質問したほうがいいのでは?
 続けたほうがいいという判断なら,その理由をおしえてくれるでしょうし。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/53427638

この記事へのトラックバック一覧です: 【治療経過】2011年12月:

« 【病中閑あり】2011年11月貧血老人徘徊記・殿ヶ谷戸庭園の紅葉~都立9庭園踏破達成編 | トップページ | 【病中閑あり】2011年11月貧血老人徘徊記・大山(標高1252m!)単独無酸素登頂 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ