お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の20件の記事

2011年8月30日 (火)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・国立科学博物館日本館

1.プロローグ
 7月に恐竜展踏破後に地球館は踏破したが,時間切れで日本館は踏破できなかった。
 今回で,国立科学博物館を完全踏破する。

《関連記事》
【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・国立科学博物館通常展地球館

2.隕石に当たると痛い
決行日:2011年8月16日(火)日没予定18:30
目標:国立科学博物館日本館

《朝カレー》
 開館時刻の9時まで時間があるので,上野駅構内のたいめいけんで,朝カレー。

L20110816084806

《安井誠一郎》
 だれ?

L20110816085628

《節電のため閉鎖》
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 この掲示は前回地球館で見たのだが,忘れていた。平日のデメリット。

L20110816090648

《世界最古の落とし穴》
 どうして世界最古とわかる?
 見たんか?

L20110816090918

《ミイラ》
 ミイラは,江戸時代の女性だが,撮影禁止。

L20110816091452

《重要文化財》
 日本館自体が,展示物。

L20110816095558

L20110816095616

L20110816095636

《隕石》

L20110816100526

L20110816100542

L20110816100602

《ハチ公》

L20110816094600

《南極探検隊ジロ》

L20110816094624

《アンモナイト》
 でかっ!

L20110816102408

L20110816102610

《フタバスズキリュウ(模型)》
 恐竜ではないとのこと。

L20110816104216

《電子顕微鏡》
 戦前から実用化されていたとは,ニッポン,すげぇええ~。

L20110816105448

L20110816105436

 11時,所要2時間で日本館踏破完了。

《わがままな営業時間》
 やっと,営業時間内に来れた。

L20110816110744

《上野大仏》

L20110816111328

《東北六県夏まつり弁当》
 まだ12時前だが,次の目標に向かう前に,上野駅で買った駅弁を食べる。
 こばやしは,仙台では有名な駅弁屋である。
 東北三大祭は有名だが,東北六県夏まつりとな?
 福島わらじまつりは,はじめて知った。

 たいへん,おいしう,ございました。

L20110816111556

L20110816113918

L20110816111630

2011年8月29日 (月)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・谷中・根津

1.プロローグ
 根津神社には,ツツジの季節に来るつもりだった。
 しかし,ガイドブックの上野の地図を見たら,谷中・根津地区がすぐ隣であることに気が付いた。
 博物館閉館後,日没までに踏破する。

2.ドロボウは,よそでやってくれと?
2011年8月15日(月)日没予定18:30
目標:谷中・根津
《旧因州池田屋敷表門(黒門)》

L20110815171556

《芸術ネコ》
 芸大の構内にいた。

L20110815171848

L20110815171910

《これより先侵入禁止》
 これより手前なら,ドロボウしてもいいと?

L20110815173204

《本妙院》
 屋根瓦が変わった色合い。

L20110815173306

《多角経営》
 この界隈,寺だらけだが,入場料取るような寺はない。
 企業経営が成り立つのが不思議だと思ったら,いろいろ手広くやっているらしい。

L20110815173408

L20110815173620

《根津神社》

L20110815174940

L20110815175046

L20110815175112

L20110815175200

L20110815175430

《乙女稲荷神社》
 根津神社の経営?
 賽銭箱は,多いほどいい。

L20110815175654

L20110815175910

L20110815175952

L20110815180002

L20110815180036

全生庵
 円朝の墓があることで有名らしい。

L20110815182404

《円朝まつり》
 「まつり」って…。

L20110815182452

《谷中ぎんざ》

L20110815183944

《シャッター商店街?》
 お盆休みor定休日orすでに閉店。

L20110815184318

《夕やけだんだん》
 夕焼けの見える段々の意。

L20110815184346

L20110815184402

L20110815184452

《夕焼けのなごり》
 もう10分,20分早く来てたら,まともな夕焼けを見ることができたかもしれない。

L20110815184540

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・国立博物館通常展

1.プロローグ
 「空海と密教美術」展から出たのが12時ごろ,特別展の入場券で通常展にも入場できる。
 閉館時刻の17時まで,通常展を踏破する。

東京国立博物館 - トーハク

館の概要

東京国立博物館は、わが国の総合的な博物館として日本を中心に広く東洋諸地域にわたる文化財を収集・保管して公衆の観覧に供するとともに、これに関連する調査研究および教育普及事業等を行うことにより、貴重な国民的財産である文化財の保存および活用を図ることを目的としています。

2.「トーハク」と書くと軽く見える
決行日:2011年8月15日(月)日没予定18:30
目標:国立博物館通常展
《本館》

L20110815120710

L20110815121508

《表慶館》

L20110815130202

《法隆寺宝物館》
 法隆寺の宝物がなんで東京に?と思ったが,法隆寺が,宝物の一部分を皇室にプレゼントしたものとのこと。
 一部分といっても,数百点に及ぶ。

L20110815130456

《旧十輪院宝蔵》

L20110815133550

《黒田家の江戸屋敷鬼瓦》

L20110815133822

 表慶館→法隆寺宝物館と見てきて,本館に戻って,2階から攻略する。

《火焔土器》

 教科書で見たぞ。

L20110815135004

《埴輪》
 教科書で(ry

L20110815141626

《ダ龍鏡(だりゅうきょう)》
 「ダ」の漢字はフォントにないようなので,こちらで,ご覧ください。

http://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=J35507

ダ龍とは想像上の動物で,ワニの一種ともいわれている。この鏡は主として環状乳神獣鏡を手本として作られたボウ製鏡で,内区には乳をめぐる龍の長くのびた胴の上に,神像と口に棒状のものをくわえた小獣形をおく。神像と龍が頭を共有している場合が多いのがこの種の鏡の特徴である。このような大形で精巧な鏡を鋳造することができたということは,当時の技術水準の高さを物語っている。

L20110815141702

《具足》

L20110815151458

《織田信長筆》

L20110815155726

L20110815155714

《徳川家康筆》
 ま,なんて書いてあるか読めないんですけど。

L20110815160102

L20110815160038

《十二神将立像》
 ひとり,足りないんですけれど。

L20110815163536

L20110815163642

《ラウンジより庭園を望む》
 庭園はサクラと紅葉の季節のみ公開。

L20110815164028

 2階の展示をていねいに見ているうちに,閉館時刻の17時がせまってきた。1階の展示は解説も読まずに,流し見して,なんとか踏破完了。

2011年8月28日 (日)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・国立博物館特別展~「空海と密教美術」展

1.プロローグ

東京国立博物館 - 展示 日本考古・特別展(平成館) 「空海と密教美術」展

空海が唐から請来したもの、自筆の書、指導して造った仏像など空海ゆかりの作品と、その思想的な息吹を色濃くとどめる時代の作品を中心に、真言密教の名品の数々をご覧いただく展覧会です。

2.おなかすいたの?なにか空海?
決行日:2011年8月15日(月)日没予定18:30
目標:「空海と密教美術」展

《花園稲荷神社》

L20110815083144

L20110815082440 L20110815082546

《五條天神社》

L20110815083212

L20110815082758

《ファミリー企業?》
 花園稲荷神社と五條天神社は隣接している。
 ライバル企業が隣同士?と思いきや,サプライチェーンを共有している。
 経営母体は同一で,縁結びは花園稲荷神社,健康祈願は五條天神社に振り分ける経営戦略か?

L20110815083008

《やる気のない貸しボート》

L20110815084634

《不忍池のハス》
 見ごろは8月上旬までなので,もう花は終わっていると思いきや,まだまだ見られる。
 しかし,7月18日に見た時よりも,花の開きが大きくなっている。

《関連記事》 
【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・上野恩賜公園不忍池のハス

L20110815083628

L20110815094538

 東京国立博物館開場は9時30分なので,先に9時開場の旧岩崎邸庭園に行く。

旧岩崎邸庭園 | 庭園へ行こう。

《無縁坂》
 ガイドブックによると,右側奥の建物は東大付属病院らしい。
 東大は,上野にあったのか!

L20110815085408

《旧岩崎邸》
 屋内撮影禁止。

L20110815093040

L20110815093336

《撞球場》

L20110815093244

《旧岩崎邸庭園》
 芝,打ちっぱなし。
 「庭園へ行こう。」サイトに「旧岩崎邸庭園」があるが,庭園はウリにはならないと思う。

L20110815093108

《?》
 東京国立博物館に向かう。

L20110815094954

《人形供養》

L20110815095340

《清水観音堂》

L20110815095632

《恐竜博60分待ち》
 みんな帰省しているこの時期になぜ?

L20110815100710

《「空海と密教美術」展 》
 券売機で,やや行列。
 入場待ちは15分くらいで済んだ。
 しかし,場内は,ちょー混雑。
 みな,ガラスにへばりついて,なかなか動かない。

 「空海と密教美術」展は,全面的に撮影禁止なので,画像はない。
 何百年も前の空海の直筆が残っているというのは驚きである。

2011年8月26日 (金)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・石神井公園・武蔵関公園

1.プロローグ
 サンシャイン水族館2時間待ちで敗走するはめになったが,東京の北の端まで来て,このまま,おめおめと帰れない。
 まだ,14時台だ。日没まで4時間もある。
 ちょうど,次の犯行計画を立てるために,水辺散歩と東京散歩のガイドブックを持ってきていた。
 水辺散歩掲載の「石神井公園・武蔵関公園」を踏破することにした。 東京散歩にも,石神井公園単独で掲載されている。東京の北のはずれでは,行くことはないと思っていた。
 「石神井公園・武蔵関公園」コースは,西武池袋線石神井公園駅から,西武新宿線東伏見駅まで,ふたつの公園を結んで,石神井川沿いに歩くコースである。

 てなことを,サンシャインシティのベンチに座って休憩しながら考えたうえで,池袋駅に向かった。

2.「河川敷」と書かれている河川敷をはじめて見た
決行日:2011年8月12日(金)日没予定18:35
目標:石神井公園・武蔵関公園

《石神井公園駅》
 池袋から乗った列車で豊島園に連れて行かれてしまい,ひと駅戻ることになり,ロスってしまった。
 練馬駅で車掌がなにやらアナウンスしていたが,滑舌悪いうえ,空調の騒音やらで聞きとれなかった。
 乗る時に,豊島園行きの電車であることは知っていたが,石神井公園の先に豊島園があるのかと勘違いしていた。事前準備ができなかったからしょうがない。

L20110812152934

《セブンティーンアイス》
 石神井公園到着。

L20110812153926

《期間限定スイカシャーベット》

L20110812154126

《石神井池》

L20110812155438

《池の中から変なオブジェ》
 美的感覚がないので,すべてのオブジェが変に見える。

L20110812160728

《諏訪稲荷神社》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110812162114

L20110812162134

《三宝寺池水辺観察園》
 こんな所に,大湿原が!

L20110812163304

《サクラタデ》

L20110812163134

L20110812163158

《ノカンゾウ》
 湿原の外だが。

L20110812163402

《三宝寺池》

L20110812163820

L20110812164056

L20110812164650

《メタセコイア》

L20110812163908

L20110812163920

《厳島神社》
 鉄格子のあいだから手を入れれば賽銭ポストに手が届くが,さすがに入れる気にはなれない。
 お参り略。

L20110812164738

《氷川神社》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110812170332

L20110812170124

《三宝寺》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110812170954

L20110812171408

L20110812171516

《石神井城址》
 そうですか。

L20110812165722

《道場寺》
 頼もう~っ!
 って,すでに,閉店。

L20110812172054

L20110812172022

L20110812172234

L20110812172456

《遊歩道》
 石神井川沿いに続く。
 サクラの木がオーバーハングして,春には,さぞかし,眺めがいいだろう。

L20110812174216

L20110812181522

《サルスベリ》
 この季節,サルスベリしかないのよね。

L20110812180932_2

《自己主張》
 「河川敷」というのは,もう少し水辺に近いところにあるのでは?

L20110812181620

《武蔵関駅そばの踏み切り》
 足も疲れてきて武蔵関駅から帰りたい気もするが,むりして,武蔵関公園に向かう。

 今後,北海道や青森に行くことはあっても,この辺に来ることはないだろう。
 もう日没時刻だが,19時くらいまでなら,なんとか景色が見える。

L20110812183014

《武蔵関公園》

L20110812183752

《池》
 まわりを一周する。

L20110812183842

《島にそびえる巨木群》

L20110812184622

 18時55分,武蔵関公園踏破完了。
 ベンチに座って,自販機で買ったサイダー500ml缶を飲み干す。
 持参した500mlペットボトル3本は,すでに空である。

 ここからゴールの東伏見駅まで,それほどの距離はない。
 がんばって駅まで行き,駅のベンチや電車の中でゆっくり座ればいいとわかっていても,もう足が言うことをきかない。
 炎天下の護国寺界隈踏破に始まって,休憩をさしひいても,7時間歩いている。

《ゴォオオオール》
 19時20分東伏見駅,疲労困憊での生還である。

L20110812192156

2011年8月25日 (木)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・「らくらく日帰り山さんぽ」を買ったよ

 2011/8/25現在,2011年貧血老人徘徊記で書かなければいけない記事が,石神井公園・武蔵関公園,国立博物館特別展~「空海と密教美術」展,国立博物館通常展,国立科学博物館通常展日本館,上野動物園(約3回連載),谷中・根津,2回目の高尾山~3号路・稲荷山コース完全踏破編,魔界王禅寺,サンシャイン水族館~炎の雪辱編,井の頭自然文化園(約2回連載)と貯まりまくっている。
 さらに,このあとの一週間で,観音崎,浦賀,横須賀海軍カレー,江戸城ぐるりが新規発生する。

 ヘモグロビン多め,日没遅めのこの時期に,集中ウォーキングをしたが,朝から日没まで丸一日動き回ると,記事3回分くらいになる。
 記事作成が追いつかない。9月中に追いつければ,いいほうだ。

 さて,がん治療のための体力維持とメタボ対策のために,ウォーキングをしてきたが,いよいよ近場で行く所がなくなってきた。
 いや,まだ,谷津バラ園だの,城ケ島公園のスイセンだの,吉野梅郷だの,滝山城跡(都立滝山公園)のサクラだのを予定しているが,これらは,開花期の短い期間にしか行けない。
 関東地方では,晩秋になると紅葉するが,これも,見ごろ期間が限られている。
 その時々の体調,天候で,行けなくなることも多い。

 里見氏が支配する東国には,養老渓谷等,未踏の地もあるが,あまりにも遠い。
 往復のアクセス時間が現地滞在時間を越えるようだと,よほど,魅力のある所でないと,行く気になれない。

 ということで,ヘモグロビンの具合がいい時は,低山を踏破しようと思い,「らくらく日帰り山さんぽ」というムック本を買った。

らくらく日帰り山さんぽ | 散歩の達人MOOK | その他のMOOK | 交通新聞社オンラインショップ

発売日:2011年3月29日
仕様:A4変型判 128ページ

かなり初心者向け! 0泊1日のワイルドな休日

日帰り26コース掲載、詳細地図、コースガイド付き

内容

■絶景の低山
鋸山(千葉県)/巣雲山(静岡県)/曽我丘陵(神奈川県)

■再びなんちゃってアルプス
湘南アルプス/飯能アルプス 他

■富士山を拝む山
丸岳(神奈川県)/三方分山(山梨県)/矢倉岳(神奈川県)

■御利益のある山
妙法ヶ岳(埼玉県)/嵐山から石老山(神奈川県)/伊豆ヶ岳(埼玉県) 他

■海を望む山
寝姿山と高根山(静岡県)/富山(千葉県)/三浦富士と武山(神奈川県)

■温泉に浸かる山
高尾山から弁天島温泉(東京都・神奈川県)/百蔵山から湯立人鉱泉(山梨県)

■滝と渓谷の山
川苔山と百尋ノ滝(東京都)/海沢渓谷から大岳山(東京都)

■中央線の山
日向山(山梨県)/笹子雁ヶ腹摺山(山梨県)

■奥多摩の山
三頭山(東京都)/水根沢から六ツ石山(東京都)

■丹沢の山
三ノ塔と烏尾山(神奈川県)/シダンゴ山(神奈川県)/早戸大滝(神奈川県)

■日帰り完全不可能 番外編
蓮華温泉から白馬鑓温泉(新潟県・長野県)

■コラム
これから始める人のための道具リスト
簡単、おいしい山ごはん
山の歩き方
山の遭難に学ぶ

 「かなり初心者向け」とうたってはいるが,貧血メタボ老人が遭難せずに登れそうなのは,この中でも限られてくる。

 「再びなんちゃってアルプス」がなぜ,「再び」なのかと思ったら,売り切れになってしまった「日帰り山さんぽ」を受けてのことらしい。

日帰り山さんぽ | 散歩の達人MOOK | その他のMOOK | 交通新聞社オンラインショップ

 「らくらく日帰り山さんぽ」には「日帰り山さんぽ」から,下記のなんちゃってアルプスが再録されている。

■なんちゃってアルプス
  沼津アルプス(静岡県)
  三浦アルプス(神奈川県)
  長瀞アルプス(埼玉県)
  鎌倉アルプス(神奈川県)

 低山とはいえ,山は山,これから山さんぽ用の道具をそろえよう。

2011年8月23日 (火)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・サンシャイン水族館~野望挫折編

1.プロローグ
サンシャイン水族館

「サンシャイン水族館」は、“天空のオアシス”をコンセプトに掲げています。
子どもから大人までターゲットを問わない水族館の魅力である、多種多様な生き物の生命の営みを見せること、アミューズメント機能としてのエンターテインメント性などは維持しつつ、全く新しい非日常空間として「癒し」「安らぎ」「くつろぎ」、そして「ココロ動かす、発見」を提供する、 “大人にも満足していただける”水族館です。

 入場料は1800円。微妙に高い気がしたが,1500円で前売り券を買うことができた。

2.池袋→いけふくろ→いけふくろう→行けフクロウ?
決行日:2011年8月12日(金)日没予定18:35
目標:サンシャイン水族館
 ガキの夏休みとオープン1週間後で,サンシャイン水族館は混むとシロートは思うかもしれない。
 しかし,この時期は,世間的にはお盆休み。みな帰省してしまって,東京はガラガラである。
 こういう時をねらって行くのが,プロ。なんの?

《サンシャイン水族館》
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 きのうニュースで見た帰省ラッシュは,なんだったのだろう?

L20110812141024_2

L20110812142150

L20110812141206

L20110812141528

 待っても,30分が限度である。
 文庫本も持ってきていない。
 暇人どもと違って,2時間待ちはムリ。出直そう。

《敗走》

L20110812145232

L20110812145204

《ゴォオオオオール》
 またもや,挫折の生還である。

L20110812145458

2011年8月22日 (月)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・護国寺

1.プロローグ
 散歩ガイドブックのモデルコースに,「護国寺」というのがあるが,1時間半くらいで踏破できてしまう。そのためだけに, 東京の北の端まで行く気がしない。

 たまたま見たテレビで,さかなクンさんが,サンシャイン水族館をレポートしていた。リニューアルオープンの二日前のことである。
 サンシャイン水族館には,開設数年後に行ったおぼえがある。
 海から遠く離れた場所の,それも,ビルの高層階に水族館を作るとはすごいものだと感じた。

 今回,リニューアルオープンのサンシャイン水族館と併せて護国寺コースを踏破することにした。

2.恐れ入谷の鬼子母神
決行日:2011年8月12日(金)日没予定18:35
目標:護国寺

《護国寺》
 地下鉄の駅を出ると,すぐそこが,護国寺だった。

 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110812113836

L20110812114122

L20110812114246

《ムクゲ》

L20110812115232

L20110812115314_2

L20110812115332

《多宝塔》

L20110812115410

《薬師堂》

L20110812115704

 護国寺踏破完了。
 次のポイントに行くとちゅう,立ち食いソバの店があったので,朝食をとる。

《二宮尊徳?》
 個人宅の玄関先にあった。

L20110812122858

《雑司が谷旧宣教師館》
 館内踏破後,庭のベンチで,くつろぐ。

L20110812123438

L20110812124614

L20110812123410

《大鳥神社》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110812130610

L20110812130714

《雑司が谷七福神》
 恵比寿神クリアー。残り六神。

L20110812131034

《鬼子母神》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110812131740

L20110812131854

L20110812133052

《大黒堂》
 その実態はだんご屋。
 大黒神クリアー。残り五神。

L20110812133120

L20110812133136

威光山 法明寺
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110812133740

L20110812133906

《威光稲荷堂》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。
 あとは,サンシャイン水族館に向かうのみである。

L20110812134602

L20110812134720

L20110812135046

《ゴォオオール》
 炎天下の中,2時間半の旅であった。

L20110812141024

2011年8月20日 (土)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園~完全踏破達成編

1.プロローグ

||| 多摩動物公園公式サイト - 東京ズーネット |||

《関連記事》
【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園青春の蹉跌編

2.チンパンジーよりもオランウータンが好き
決行日:2011年8月6日(土)日没予定18:41
目標:多摩動物公園

《ムクゲ》

L20110806141416

《コモンウォンバット》

L20110806141720

《ボルネオオランウータン》

L20110806142528

L20110806142834

L20110806142940

L20110806143024

L20110806143452

《タイリクオオカミ》

L20110806144044

L20110806144126

《アムールトラ》

L20110806144314

L20110806144416 L20110806144454

L20110806144516

L20110806144728

《アジアゾウ》

L20110806145256

《インドサイ》

L20110806145652

L20110806150222

《マレーバク》

L20110806154130

《注意!》
 どうやって注意しろと?

L20110806154638

《北海道から来たのにトウキョウトガリネズミ》

L20110806154814

《オオアシトガリネズミ》

L20110806155140

《アナグマ》

L20110806155524

《コツメカワウソ》

L20110806155718

 16時になって,やっと3/4クリアーといったところ。

《ウォークインバードゲージ》
 巨大鳥かごに人間がはいるてい。

L20110806155952

L20110806160418

L20110806160052

L20110806160136

L20110806160440

《スイギュウ》

L20110806161236

《ヒマラヤタール》

L20110806161602

《ニホンカモシカ》

L20110806162256

《野生生物》

L20110806162336

《シフゾウ》
 シフゾウは四不像。

L20110806162518

L20110806162428

《ユキヒョウ》

L20110806163112

《オランウータンの通り道》

 朝11時ごろ,オランウータンの移動をやるよと放送していた。

L20110806163546

《待ってるよ~!》
 入園から7時間経過。木陰が多いとはいえ,猛暑の中,さすがに,疲れてきた。
 しかし,レッサーパンダに「待ってるよ~!」と言われては,がんばらずにはいられない。

L20110806164058

《レッサーパンダ》
 レッサーパンダが動いているところを撮ったのだが,動きがすばやく,ピンボケ。

L20110806164228

L20110806164620

L20110806164942

 ここで,カメラのバッテリー残量インジケーターが,赤表示となった。こうなると,あと10枚程度しか撮影できない。
 前日にフル充電しておいたのに,一日で使い切るのははじめてのことである。
 あとで,画像ファイル数を調べたら,一日で300枚撮っていた。動いている動物を撮るとほとんどがピンボケの失敗写真。動物相手にフラッシュを使うこともできない。動物だけではなく,動物名表示も撮影しているから,しょうがない。
 残りも少ないので,バッテリーはもつだろう。

《ターキン》

L20110806165324

《シャモア》

L20110806165438

《クジャク》

L20110806171200

《ゴォオオール》
 実に,8時間に及ぶ旅であった。

L20110806173140

L20110806173424

《セブンティーンアイス》

L20110806173624

《グレープシャーベット》
 期間限定のスイカシャーベットかパインシャーベットがよかったのだが,売り切れ。
 やむなく,グレープシャーベットにしたが,あまりおいしくなかった。><

L20110806173942

2011年8月18日 (木)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園~コアラのマーチもロッテが作っている編

1.プロローグ

||| 多摩動物公園公式サイト - 東京ズーネット |||

《関連記事》
【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園青春の蹉跌編

2.コアラは偏食家

決行日:2011年8月6日(土)日没予定18:41
目標:多摩動物公園
 コアラ館に突入。ここにコアラがいるとは,来てはじめて知った。

《暗くて写らない》

L20110806134246

L20110806134300

L20110806134316

L20110806134348

L20110806134418

《室内コアラ》

L20110806134644

L20110806134728

L20110806134732

 

L20110806134830

《ケナガワラルー》
 コアラ館より脱出。

L20110806135824

《パルマワラビー》
 乗っかってます。

L20110806135850

《ワライカワセミ》

 笑っていなかった。

L20110806141020

《だれもいない休憩所》
 坂を登ってきてもカワセミしかいないせいか,あまり人が来ない。

L20110806140710

《もう14時》
 ここまでで,全体の2/3クリアーといったところ。
 まだまだ,先は長い。

L20110806140342

2011年8月13日 (土)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園~レディボーデンはロッテが作っている編

1.プロローグ

||| 多摩動物公園公式サイト - 東京ズーネット |||

《関連記事》
【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園青春の蹉跌編

2.シロフクロウかわいいよシロフクロウ

決行日:2011年8月6日(土)日没予定18:41
目標:多摩動物公園
《キリンとダチョウ》
 ダチョウの立っている場所にキリンがやってきて,ダチョウは場所をあけていた。
 同じブロックを共有している。

L20110806121926

《東京にもコウノトリ》
 コウノトリって,豊岡近辺だけで繁殖させているのかと思っていた。

L20110806123406

L20110806123822

《モウコノウマ》
 蒙古のウマではなくて,「蒙古野馬」。

L20110806124214

L20110806124148

《たぬき山》
 なぜか,多摩動物公園ではキツネ類は見かけなかった。

L20110806124502

L20110806124522

L20110806124526

L20110806124528

《ヒナ成長中》
 シロフクロウが白くなるのはおとなになってからで,ヒナのころは灰色。

L20110806124842

《シロフクロウかわいいよシロフクロウ》

L20110806124720

L20110806124744

L20110806124750_2

L20110806124752

L20110806124754

L20110806124800

L20110806125108

L20110806125130

《ヒメコンドル》

L20110806125458

L20110806130448

《アカカンガルー》
 カンガルー「ニッポンの夏,暑すぎ。やってられるか!」

L20110806131128

L20110806131220

L20110806131332

《コアラ下休憩所》
 事前に気が付かなかったのだが,多摩動物公園にもコアラがいる。

L20110806132132

《本日はじめての食事》
 ハーゲンダッツのアイスバーと見せかけといて,レディボーデン。

L20110806132412

《動物園の中にも野生生物》
 たべこぼしを,つついていた。

L20110806133502


 時刻は13時半,入園から4時間経過している。
 予定では,全4時間で踏破完了なのだが,昆虫館など,見どころが多かったせいか,実際に踏破できたのは半分ほど。
 このペースで行くと,全所要時間は8時間で,踏破完了は17時半ごろになる。
 本日は,閉園時刻が延長されて20時なので,急ぐ必要もない。
 のんびりと踏破を続行する。

2011年8月12日 (金)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園~ライオンは寝ている編

1.プロローグ

||| 多摩動物公園公式サイト - 東京ズーネット |||

《関連記事》
【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園青春の蹉跌編

2.♪ほんとにほんとにほんとにライオンだ

決行日:2011年8月6日(土)日没予定18:41
目標:多摩動物公園

《チーター赤ちゃん公開》

L20110806113104

《ガキの頭がじゃま》
 観客を警戒しているのだろう,観客から一番遠い所にいて,よく見えない。

L20110806112950

《サーバルも根性なし》

L20110806113326

L20110806113450

《質問と回答がすれ違い》
 「朝に弱いわけではありません」って,質問は「あつさによわいですか」ではあるまいか。

L20110806113606

《ライオンはあつさに弱い》
 ライオンはあつさに弱いと思う。
 日陰に集まっていました。

L20110806113658

L20110806113710

《国際コウモリ年》
 いろんな「~年」があるものである。

L20110806113924

《フラミンゴ》

L20110806114154

《元気のなるのをまっててね!》

L20110806114508

《さようなら,マコさん》

・゚・(つД`)・゚・

L20110806114602

《面倒見のよいゾウ》

L20110806114820

L20110806114910

L20110806115718

《ライオンバス》
 ライオンバスなんてのもあるらしい。
 ♪富士サファリパ~クのようなものだろうか?
 ふっ,こどもだましな。

L20110806121550

《ライオンは寝ている》
 冥土の土産に乗ってみよう。

L20110806120744

L20110806120754

L20110806120804

L20110806120814

L20110806120850

L20110806120904

 ライオンは,バスを相手にしてくれない。
 ライオンバスは,通常15分間隔で走っているそうなので,もう,慣れきっているのだろう。
 多客時は増発するようで,8分間コースなのに,コース後半には,もう1台のバスが走りはじめた。

2011年8月11日 (木)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園~チョウの楽園編

1.プロローグ
||| 多摩動物公園公式サイト - 東京ズーネット |||

 多摩動物公園踏破に失敗したわたしは,捲土重来,汚名挽回,名誉返上の機会をうかがっていた。

《関連記事》
【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園青春の蹉跌編

2.昆虫も動物だ

決行日:2011年8月6日(土)日没予定18:41
目標:多摩動物公園
 公式サイトにいくつかのモデルコースが出ているが,最長の「見よう!歩こう!楽しもう! TAMA ZOOぐるっと1周1万歩」コースを選ぶ。

 モデルコースの所要時間は,見学時間含まずで2時間半だから,実際には4時間くらいはかかるだろう。

《動物トレイン》
 高幡不動駅で,多摩動物公園線に乗り換え。

L20110806091208

《9時30分開園》
 開園時刻前に来て待っている暇人ども。

L20110806092454

 5分待ちで開園時刻。
 多摩動物公園ウォッチングセンター内の案内所でコースガイドをもらう。事前にWebからモノクロ印刷したものを持参してきたが,カラーのほうが見やすい。

《ソデグロツル》
 そで,黒くないよ。

L20110806093914

《イノシシ》
 イノシシって,夜行性だっけ?

L20110806094142

《モルモット根性なし》

L20110806094510

L20110806094552

《気にならねえよ!》

L20110806094910

《本物をよく見てね!》

L20110806094920

《なるほど》

L20110806095840

《ムササビ》
 就寝中。

L20110806095814

《サルスベリだけに》

L20110806100230

《熱いバッタ》
 熱いバッタを手でさわったら,やけどするがな。

L20110806101108

L20110806104206

《とんぼ昆虫館》
 クワガタが,「苦しい。やめて」と言うとります。

L20110806101212

L20110806101230

《タガメが怪我をする》
 生きているのか,巨大タガメ?

L20110806101406

《ハナカマキリ》
 自然番組でよく見るものの,実物を見たのははじめてである。

 思ったよりも,ずっと小さい。

L20110806101858

L20110806101936_2

《コノハムシの幼虫》

L20110806102142

《コノハムシの成虫》
 これも,自然番組でよく見るものの,実物を見たのははじめてである。

L20110806102224

《ヘラクレスオオカブト》
 時価,数万円?

L20110806102452

《グローワーム》
 撮影禁止なので,撮影しなかったが,ズルしても光が弱すぎてコンデジには写らないと思う。
 これも,自然番組でよく見るものの,実物を見たのははじめてである。
 オーストラリアにでも,行かないと見られないと思っていた。

L20110806103814

《昆虫ユートピア》
 昆虫生態館に移動。
 写真にはうまく写らないが,温室内をチョウが飛び回っている。

L20110806104836

L20110806104852

L20110806110356

《メニュー》

L20110806110038

《チョウの乱舞》
 飛んでいるチョウを撮るのはむずかしく,ほとんどが失敗写真。

L20110806105342

L20110806105346

L20110806105406

L20110806105450

L20110806105458

L20110806105548

L20110806110136

L20110806110140

L20110806110714

L20110806110754

《なんかのムシ》

L20110806110700

《ゴキブリ大百科》
 各種とりそろえています。
 正直,あまり見ていたくない。

L20110806111256

 多摩動物公園のキャッチフレーズは「アリからゾウまで」であるが,昆虫関係の展示が,これほど充実しているとは思わなかった。
 ハナカマキリ,コノハムシ,グローワームと,テレビで見ることしかなかった昆虫の実物を見ることができて,満足である。
 昆虫関係だけでも,入場料600円の価値がある。

2011年8月10日 (水)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・県立相模三川公園

1.プロローグ
 「ぶらっと散歩コース横浜」に載っていたコース。
ぶらっと散歩コース|商品サービス一覧 - 明日、どこ行く?|地図とガイドブックの昭文社

 コース名が「厚木」となっているが,コースのほとんどが海老名を通っている。別に,「海老名」という名称のコースがあるので,区別するためであろう。

県立相模三川公園

広い空の下で、自然とふれあうことのできる公園
  相模川、中津川、小鮎川の3つの川の合流点の上流につくられた、県立都市公園では初めての河川公園です。悠々と流れる相模川、さえぎるもののない大空。晴れた日には丹沢・大山の美しい山並みが望めます。

2.本厚木じゃない厚木はニセ厚木?
決行日:2011年8月3日(水)日没予定18:45
目標:県立相模三川公園
《県立相模三川公園》
 相模三川公園という名称だが,相模川とのあいだには河岸段丘があり,相模川は,わずかに見えるだけである。
 しかし,眼前には,丹沢山系の山々がもやって見え,なかなか幽玄な眺めである。

 17:40,丹沢の山並みをながめながら,遅い昼食を食す。
 その間,靴を脱いで,体温で靴下を乾かす。
 日没までには,本厚木駅に着きそうもない。

 弁当食べて,さらに缶コーヒーを飲んで,まったりしていたのが敗因である。
 せめて,日没までには,あゆみ橋を渡って厚木市内にはいりたい。

《有鹿神社》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

《河畔公園》

《あゆみ橋》
 靴の中に砂でもはいったような感じで, 橋のまんなかのバルコニーで靴を脱いで確認したが,砂ははいっていなかった。
 生乾きにした靴下が原因で,靴擦れをおこしたらしい。
 足の裏が靴擦れになるとは,初めての経験である。
 歩くと指の付け根側が痛い。小股で,できるだけ,痛む場所に力が加わらないように歩く。

《ゴォオオール》
 19:22,本厚木駅に瀕死の生還である。

《おみやげ》
L20110803223520

2011年8月 9日 (火)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・座間(画像なし)

1.プロローグ
 「ぶらっと散歩コース横浜」に載っていたコース。
ぶらっと散歩コース|商品サービス一覧 - 明日、どこ行く?|地図とガイドブックの昭文社

 モデルコースの中で,昨年踏破済みのポイントは割愛する。

座間市観光協会

2.名は体を現わさず

決行日:2011年8月3日(水)日没予定18:45
目標:座間
 ひまわり広場栗原会場から,モデルコースに向かう。

《県立座間谷戸山公園》
 ここは,昨年踏破済みであるが,一画にひまわり公園とあるので,行ってみたがテニスコートがあるだけである。
 「ひまわり公園テニスコートの規則」のような掲示があった。「ひまわり公園」という名称の公園で,別にヒマワリを栽培しているわけではないことに気づいた。

《崇福寺》
 谷戸山公園から崇福寺へ向かうと,雨がポツリポツリと降ってきた。
 本日の天気予報は一日くもりで,ひまわり広場にいたときは,晴れていた。
 小型の携帯がさを常備してはいるが,まさか,きょう使うとは思わなかった。
 雨は,どんどん激しくなり,小型がさでは防ぎきれず,ひざから下はずぶぬれ。
 崇福寺に近くなったら,雨はやんだ。
 てゆーか,道は濡れていない。ゲリラ豪雨に襲われたようだ。

《栗原神社》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

 栗原神社を発つころ,また,豪雨に襲われた。雨宿りをする場所もない。前の豪雨よりも長い。
 靴は4cm防水のものだが,下から4cmなので,上からの浸水には無力だ。
 足が濡れて,不快である。

《座間駅》
 雨は上がった。
 ゴォオオオールと行きたいところだが,小田急線の線路を渡って,踏破は続くよどこまでも。

《心岩寺》
 どこが本堂かわからず。

《鈴鹿明神社》
 大きな神社である。
 神社で遊んでいたガキが2名,「こんにちは」とあいさつしてくるので,いまどきのガキにしては礼儀正しくて,驚いた。
 道沿いに,「あいさつをする街」という掲示があった。

 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

《龍源院》
 境内裏手よりわき水が湧いている。
 座間は湧水の街らしい。知らなんだ。

《座間駅》
 ゴォオオオール!

2011年8月 8日 (月)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・座間市ひまわり広場栗原会場(画像なし)

1.プロローグ
座間市ひまわり広場.花の名所案内

座間市観光協会

 座間市ひまわり広場は,昨年,座間会場を踏破済みである。

《関連記事》
【病中閑あり】2010年近場の旅・座間市ひまわり広場(神奈川県)~第2章ひまわり畑でつかまえて~(ひまわり画像パネェっす)

 なかなか,よかった。それで,ことしも,未踏のひまわりの名所に行きたいと思えど,近場には,よい場所がない。
 北海道やはるか遠く千葉くんだりまで,行かねばならない。
 そこで,同じ座間市ひまわり広場なのであるが,ことしは,栗原会場を踏破することにした。

2.ヒマワリの花が太陽の動きにつれてその方向を追うように回るというのは都市伝説

決行日:2011年8月3日(水)日没予定18:45
目標:座間市ひまわり広場栗原会場

 決行日は,栗原会場のひまわりまつり(7月27日(水)~8月3日(水)の最終日となる。まだ期間中なので,行ってみたら刈り取られていたという心配はない。

 カメラの電源を入れたら,一瞬,電源がはいったものの,すぐに切れてしまった。
 思い出した。
 上野でハスを撮りすぎて,残量LOWのまま,充電を忘れていたのだ。
 進行性老人ボケが悪化しているようだ。><

 ということで,今回も画像はない。<m(__)m>

《栗原会場第1会場》
 昨年の座間会場と比べて,花が小さい。草丈も低い。品種が違うのだろうか。
 植栽面積もせまい。ひまわり畑の中には道はなく,外周から見るしかない。
 高さ2mの仮設のやぐらが設営されており,そこに登って,上から見るていである。

 売店で焼きフランクフルトを買って,かじりながらヒマワリ見て,食べ終わると,もういいやという感じ。
 第2会場に移動する。

《栗原会場第2会場》
 第1会場よりは広く,ひまわり畑の中にも道があるが,それでも座間会場には比べものにならない。
 花が小さく,草丈が低いのは,第1会場と同じである。
 ひまわり迷路などは作りようがない。

 座間市ひまわり広場のひまわりはトータルで55万本だそうだが,そのうち,栗原会場が占めるのは,10万本くらいであろうか。
 遠くからわざわざ来るなら,座間会場のほうをお勧めしたい。ことしは,8月17日~24日がひまわり祭りである。

2011年8月 5日 (金)

【治療経過ダイジェスト】治療経過2010年11月~2011年8月(CP療法38週間)

《僕が脱ドラッグできるまでの38週間の物語^^;》
 以下に記述するのは,あくまでも,個人の感想です。この病気は,ひとにより病態が大きく異なります。くれぐれも,ご自分の治療の参考にはしないでください。

 本記事のカテゴリーは「治療ダイジェスト」となっているが,実は,毎回の治療経過よりも,内容がくわしい。
 検査日当日には,IgMが判明していないことも多い。毎回の報告のほうが「速報」記事なのだ。
 いまさら,カテゴリー名を直すもめんどいので,このままにしておく。

(1)2010/11/24(CP療法2週間経過)
 総たんぱく9.2,アルブミン3.1,ヘモグロビン8.2,血小板数19.1,白血球数3700

 ストロイド服用の効果で,元気が出てきた。食欲が増した。それ以外では,薬の副作用は出ていない。
 ヘモグロビンは,8.2,総たんぱくは9.2で,ヘモグロビンの低下,総たんぱくの上昇は止まったようだ。
処方:CP療法継続
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ガスターD錠10mg×1)/day)

(2)2010/12/8(CP療法4週間経過)
 総たんぱく9.2,IgM6244,IgG844,IgA25,アルブミン3.1,ヘモグロビン8.2,血小板数18.7,白血球数3400

 ヘモグロビンは,8.2で前回と同じだが,総たんぱくは9.0で,やや減った。
 IgMは6667→6244でやや改善と思いたいが,10%も減っていないので,自然変動の範囲内かもしれません。
 総たんぱくは9.4→9.2→9.0で,減少傾向にあるのではないでしょうか。
 CRP2.38→1.63は,改善としていいでしょう。

処方:CP療法継続
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ガスターD錠10mg×1)/day)

(3)2010/12/22(CP療法6週間経過)
 総たんぱく9.2,IgM6670,IgG874,IgA26,アルブミン3.4,ヘモグロビン8.5,血小板数19.7,白血球数3800

 たんぱくの下がりが悪い。
 いろいろ,平衡状態です。
 病勢の進行と薬の効果がつりあっているのか。
 CPを6週間続けましたが,以前のようには,効きません。
 薬剤耐性でしょうか。

(4)2011/1/5(CP療法8週間経過)
 総たんぱく8.7,IgM5650,IgG852,IgA24,アルブミン3.2,ヘモグロビン8.7,血小板数19.0,白血球数4400

 体調に変わりはない。
 服薬開始後2週間くらいから,鼻をかむと鼻血が混じることが多くなったが,微量であるし,すぐに止まる。昨年のように,ダラダラ出るというようなことはない。
 前回は平衡状態だったのですが,今回はやや改善です。
 総たんぱくが下がりました。9.2→8.7。ヘモグロビンは,8.5→8.7ですが,前々回からみると,8.2→8.5→8.7で,改善としていいでしょう。
 長くステロイドを使っているので,骨粗鬆症用のクスリを追加。
 ワンアルファ錠の成分はアルファカルシドールで,ステロイドの副作用の骨粗鬆症を予防するために追加になりました

処方:CP療法継続
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ガスターD錠10mg×1+ワンアルファ錠0.5μg ×1)/day)

(5)2011/2/2(CP療法12週間経過)
 総たんぱく8.4 ,IgM5051,IgG847,IgA26,アルブミン3.3,ヘモグロビン8.6,血小板数22.2,白血球数4200

 体調に変わりはない。
 階段2階分を昇りきったところで息切れがする。息切れの程度で,ヘモグロビンの値がわかるようになった。
 鼻血は,頻度・量とも減った。
 ステロイドの自覚症状がなくなった。朝早く目が覚め,そのまま起きだすということもなくなり,目覚めが悪くなった。
 総たんぱく9.2→8.7→8.4で減少傾向。
 IgMはなんとかかんとか6000以下に下がりましたが,ヘモグロビンは,8.7→8.6で平衡状態。抗がん剤の骨髄抑制でしょう。

処方:CP療法継続
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ガスターD錠10mg×1+ワンアルファ錠0.5μg ×1)/day)

(6)2011/3/2(CP療法16週間経過)
 総たんぱく8.4 ,IgM4970,IgG749,IgA26,アルブミン3.0,ヘモグロビン9.0,血小板数21.2,白血球数4000

 2月13日に腰痛を発症した。きのうあたりに,やっと,治ってきた。
 動かなければ痛まないが,座った姿勢から立ち上がると痛む。早歩きもできない。
 2007年に通院を始めたのだが,その前の3年くらい,毎年,冬になると同様の腰痛を発症していた。
 ヘモグロビンは8.6→9.0に増えたが,総たんぱくは変わらず。アルブミンが3.3→3.0に減少。

処方:CP療法継続
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ガスターD錠10mg×1+ワンアルファ錠0.5μg ×1)/day)

(7)2011/4/6(CP療法21週間経過)
 総たんぱく8.2 ,IgM4702,IgG783,IgA26,アルブミン3.2,ヘモグロビン9.4,血小板数22.4,白血球数3900
 ヘモグロビンは9.4,総たんぱくは8.2と,少しづつよくなってきた。
 IgMが4千台になったので,気分はいい。

処方:CP療法継続
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ファモチジン錠10mg(ガスターD錠10mgのジェネリック)×1+ワンアルファ錠0.5μg ×1)/day)

(8)2011/5/11(CP療法26週間経過)
 総たんぱく8.1 ,IgM3928,IgG802,IgA25,アルブミン3.4 ,ヘモグロビン9.3 ,血小板数22.5 ,白血球数4200

 4月15日金曜日の夜,発熱した。前日より,からだに力がはいらなかった。19時くらいでは37.4度だったが,21時ごろは38.9度に上がった。解熱剤を飲んで寝た。翌日朝は37.0度。一日中じっとしていたら,夜には36.2度になった。
 そのほかには,体調に変化はない。

 ヘモグロビンは9.4→9.3と変わらず。
 IgMは,3928まで下がった。

 IgMは,2月5051→3月4970→4月4702→5月3928と,ひさびさの3千台です。
 調べてみたら,最後の3千台は,2008年7月30日の3552でした。
 同じ薬を半年使っているのに,いまさら,5週間で700減は減りすぎで,リバウンドするかもしれません。

処方:CP療法継続
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ファモチジン錠10mg(ガスターD錠10mgのジェネリック)×1+ワンアルファ錠0.5μg ×1)/day)

(9)2011/6/8(CP療法30週間経過)
 総たんぱく8.3 ,IgM3816,IgG832,IgA26,アルブミン3.6 ,ヘモグロビン10.0 ,血小板数22.7 ,白血球数4200

 体調は,順調である。
 ヘモグロビンは9.3→10.0に改善。
 ヘモグロビン10台回復は,昨年4月28日以来です。
 過去のデータを見ると,すぐに9台に落ちると予想されますが,9.0あれば,日常生活に支障はありません。

処方:CP療法継続
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ファモチジン錠10mg(ガスターD錠10mgのジェネリック)×1+ワンアルファ錠0.5μg ×1)/day)

(10)2011/7/6(CP療法34週間経過)
 総たんぱく8.1  ,IgM3626,IgG849,IgA26,アルブミン3.6 ,ヘモグロビン10.4 ,血小板数21.3 ,白血球数4400

 体調は,順調である。
 ヘモグロビンは10.4に改善。
 IgMも,3626まで下がった。
 ヘモグロビンは,この数年under10で,2009年最高値が9.8,2010年最高値が10.0だったので,前回の10.0で上げどまりかと思いきや,まだ上昇しました。
 IgM3626は2008年以来のよい数値で,3000台前半にまで下がることを期待しています。
 はじめて,「溶性インターロイキン-2レセプター」(sIL-2R)(免疫機構活性化の一指標。造血器悪性腫瘍、ウイルス感染、リウマチ等において上昇する。)という数値を測定したのですが,やはり,異常に高い数値を示しました。

処方:CP療法継続
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ファモチジン錠10mg(ガスターD錠10mgのジェネリック)×1+ワンアルファ錠0.5μg ×1)/day)

(11)2011/8/3(CP療法38週間経過)
 総たんぱく7.7 ,IgM2988,IgG809,IgA25,アルブミン3.5 ,ヘモグロビン10.1 ,血小板数20.8 ,白血球数3900

 体調はとてもいい。
 ヘモグロビンは10.4→10.1で変わらず。
 IgMが2988まで下がった。
 今回は,IgM3000台前半を予想していたのですが,2000台まで落ちました。9ヶ月かかって,6667→2988まで落ちました。
 2000台は,2007年に,最初の治療でシクロホスファミド単剤で3965→2507を達成して以来です。
 今回,めでたく休薬となりましたが,どのくらいもつでしょうか?
 治療をくりかえしていると,しだいに,休薬/服薬期間比が悪くなってきます。

処方:休薬
 過去服用したステロイドの副作用防止のため, (ワンアルファ錠0.5μg ×1)/dayのみ,継続。

2011年8月 4日 (木)

【治療経過】2011年8月

<前回までのあらすじ>(Previously on WM)
----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症≒リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬→11月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)
-----------------------------------
 今回は,IgM3000台前半を希望していたのですが,ギリ2000台まで落ちました。9ヶ月かかって,6667→2988まで落ちました。
 2000台は,2007年に,最初の治療でシクロホスファミド単剤で3965→2507を達成して以来です。

 ただし,ヘモグロビン10.4→10.1をはじめとして,その他の数値も,低下しているものが多い。
 朝の飲水が多すぎたか。

 今回,めでたく休薬となりましたが,どのくらいもつでしょうか?
 治療をくりかえしていると,しだいに,休薬/服薬期間比が悪くなってきます。

処方:休薬
 過去服用したステロイドの副作用防止のため, (ワンアルファ錠0.5μg ×1)/dayのみ,継続。

<血液検査結果抜粋>
Chart20110803

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>
を参照ください。

2011年8月 2日 (火)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・等々力渓谷(画像なし)

1.プロローグ

等々力渓谷の紅葉・紅葉便り

都内23区内で唯一の渓谷。ここが都内かと思うほどに静寂で川のせせらぎだけが聞こえ、自然に囲まれた散策路が続く。玉尺橋をくぐると谷はだんだん広くゆるやかになり、モミジやケヤキが彩って目につく、お勧めは等々力不動尊周辺でここはモミジやイチョウが鮮やかに見られ、空気もヒンヤリして下界の音が遮断され静けさに守られたように紅葉の木々が並ぶ。まさに都会の秘境と言える。毎年、ここを目当てに遠方から訪れる人も多い。渓谷は谷沢川の下流、多摩川との落合から上へ約1.2kmに渡る。途中に不動滝、等々力不動の名で知られる明王院がある。そのまま下れば1km足らずで多摩川堤へ出る。今は水量も多くないが、昔は不動滝が轟くほどに水量が豊かで、これが地名の語源という。

 紅葉の季節ではないけれど,水辺散歩ということで,等々力渓谷めぐりの計画を立てた。
 何十年も前に行ったおぼえがあるが,例によって,記憶が定かではない。

2.いや,画像がないと楽だわ(^^)
決行日:2011年7月25日(月)日没予定18:51
目標:等々力渓谷
 今回,カメラを忘れて,画像はありません。
 画像は,↓ここらあたりで,お楽しみください。

等々力渓谷のホームページ

 16:40等々力駅着。
 23区内に自然の渓谷があろうとは,知らない人は知らない。あたりまえ。
 しかも,電車の駅から徒歩3分。

《等々力渓谷公園入口》
 最近雨が降らないせいか,水の流れが遅い。
 と思ったら,とちゅうから早くなってきた。
 いくつかの湧水ポイントがあるとのこと。

《野毛大塚古墳》
 いったん,等々力渓谷を離れて,野毛大塚古墳に向かった。
 古墳をとりまいて段があり,上に登れるようになっている。
 風が涼しい。

《等々力渓谷横穴古墳》
 等々力渓谷に戻って,渓谷めぐり続行。
 横穴古墳は,ただの洞穴。

《稲荷堂・不動の滝》
 滝は,ちょろちょろ。

《等々力不動尊》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

 等々力渓谷をあとに,多摩川に向かう。

《多摩川》
 河川敷にある散歩道には,「多摩川 水辺の散策路」なる道標が立っているが,実際には,水辺とのあいだにかなりの距離があり,雑草が背高く茂っているので,多摩川はほとんど見えない。
 しかし,川を下るにつれ,水辺が近くなってきて,川が見えてきた。

《ゴォオオール》
 19時20分多摩川駅着。約3時間の旅行だった。
 わざわざ行くまでもないが,用事のついでになら,お勧め。

2011年8月 1日 (月)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・上野恩賜公園

1.プロローグ

上野恩賜公園公式ホームページ

 「東京散歩マップ」を参考に園内探索をする。

2.「恩賜」が読めるようになったのは,つい最近
決行日:2011年7月23日(土)日没予定18:53
目標:上野恩賜公園

《旧東京音楽学校奏楽堂》

L20110723165920

《東京芸大生作》

L20110723170122

《小松宮彰仁親王銅像》
 だれ?

L20110723171506

《東照宮》

L20110723171806

《本殿》
 そうそうそう,風格のある本殿だこと。
 って,書き割りじゃん!

 徳川家とは無縁なので,お参りしない。

L20110723172344

《五重塔は動物園管理》
 五重塔のふもとまで行きたくて,まわりをうろうろしたが,動物園やら,フェンスやらにはばまれて,到達不能。
 この掲示を見て,やっと事情がわかった。
 動物園にはいらないと,五重塔を見に行けない。

L20110723181130

《五重塔》

L20110723181226

《トーテムポール》

L20110723181634

《上野大仏》
 顔だけ残された大仏なのだが,営業時間終了に付き,正面から拝めず。

L20110723182228

L20110723182450

《ゴォオオール》
 10時間の旅の終焉である。

L20110723183818

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ