お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の21件の記事

2011年7月31日 (日)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・国立科学博物館通常展地球館

1.プロローグ
国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo

2.地球って太陽系のはずれなんだよね
決行日:2011年7月23日(土)日没予定18:53
目標:国立科学博物館通常展
 特別展の入場券で,通常展にも入場できるのだ。

《地球館》
 地球館と日本館があるが,特別展に近かった地球館に入場。
 地球館は,地下3階から地上3階の6階分の展示スペースがある。
 地下3階から,各階をクリアーしながら,上がって行く。上の階ほど強敵がまちかまえている。
 あまりにも広大なため,ここでは,ほとんど,撮影していない。

L20110723104742

《通常展にも恐竜》

L20110723125546

L20110723125612

L20110723125842

L20110723135522

《カモノハシ竜》

L20110723134738

《巨大イカ》
 イカめし何人前?

L20110723142514

《零戦》

L20110723151832

《九元連立方程式求解機》
 すごいことを考えるものである。

L20110723152310

L20110723152258

《剥製》
 ヨシモトコレクションが主体のこと。
 ハワイの資産家ヨシモトさんの寄贈。

L20110723154748

《太陽光発電システム》
 16時,地球館全階クリアー達成。流し見ながら5時間かかった。
 屋上に出る。
 一般家庭0.9軒分の使用電力を発電って,しょぼい。

L20110723160300

《屋上ビュー》

L20110723160538

2011年7月30日 (土)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・国立科学博物館特別展

1.プロローグ
国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo

2.恐竜の子孫が鳥と知ったのは最近のこと
決行日:2011年7月23日(土)日没予定18:53
目標:国立科学博物館特別展

《上野の森》
 ノルウェーの森はぶっそうであるが,上野の森は平和である。

L20110723094634

《国立科学博物館》

L20110723095236

《特別展は恐竜博2011》
 まーたまたぁー,夏休みのガキ目当ての企画が。
 入場料1500円だと?通常展600円なのに,ぼったくりすぎ。

特別展「恐竜博2011」

L20110723095314

《前売りなら1200円》
 おや,こんなところに前売り券が。

L20110723095358

《だからそこをどきなさい》
 予想通り,ガキどもで混雑。

L20110723095922

《エオドロマエウス》
 フラッシュ使わなければ撮影OK。

L20110723095958

《カマラサウルス》

L20110723100126

《アロサウルス》

L20110723100422

《ヘスプロサウルス》

L20110723100604

《トリケラトプス頭骨》

L20110723101804

《トリケラトプス》

L20110723101910

L20110723102110

《ラプトレックスVSプシッタコサウルス》

L20110723101602

《マイアサウラ》

L20110723103004_2

《ニジェールサウルス》
L20110723103044

《ティラノサウルス》

L20110723102216

 10時45分,滞在45分で撤収。

2011年7月29日 (金)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・上野恩賜公園不忍池のハス

1.プロローグ
 ハスの花は,早朝に咲き昼には閉じるので,なかなか見物しづらい。

不忍池のハス

江戸時代より浮世絵に描かれるほどのハスの名所だったのが不忍池。ところが、戦時中に食糧難のため、池を埋めたてて水田にしてしまう。たが、戦後、不忍池の復旧作業がはじまり、昭和30年代になってようやく復活。以後、毎年花を咲かせ、都内でもハスの名所として復活し、夏の風物詩として多くの人に親しまれるようになった。

上野恩賜公園公式ホームページ

ハス - Wikipedia

 ハスの花だけのために,わざわざ上京したりはしない。
 以前から,いずれ行こうと思っていた国立科学博物館といっしょに踏破する。

 一石二鳥,一挙両得,二兎を追う者一兎を得ず。

 いなかから上野駅に上京→朝のうちにハス見物→国立科学博物館→ガイドブックのモデルコース踏破の予定である。

 国立科学博物館は広大で,とても一日でまわりきれるものではないと聞く。よくばらずに,2回,3回と来ればよい。
 閉館の17時まで粘ったとしても。日没予定は18:55ごろ,2時間も行動できる。

2.♪どぶに落ちても根のあるやつはぁ~
決行日:2011年7月23日(土)日没予定18:55
目標:上野恩賜公園不忍池のハス
《アメ横は眠りの中》
 8時30分御徒町駅着。地図で見ると,不忍池には,上野よりも御徒町で降りたほうが,早く行けそうだった。

L20110723083614

《屋台設営中》

L20110723084654

《めがね之碑》
 上野公園は,像や碑が多いそうな。

L20110723085256

《ふぐ供養碑》
 なんで,ここにふぐ供養碑?
 海の近くならわかるが。

L20110723085412

《弁天堂》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110723085446

《大黒天堂》
 豊太閤護持って,上野の山でトヨトミ?

L20110723085724

《やる気のないボート場》

L20110723090518

《上野恩賜公園不忍池のハス》
 以下,厳選ハス画像でお楽しみください。
 やや開きすぎ感があるな。
 三脚一眼レフおやじは,もっと早朝に来ているのだろうな。

L20110723090416

L20110723090430

L20110723091302

L20110723091502

L20110723091806

L20110723092048

L20110723092452

 開場時間の9時までに国立科学博物館にはいるつもりだったが,予想以上のハスの分量で,すっかり遅くなってしまった。
 急いで,国立科学博物館に向かった。

2011年7月28日 (木)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・師岡熊野神社・熊野神社市民の森

1.プロローグ

師岡熊野神社

この神社は聖武天皇神亀元甲子年(西暦724年)に全寿仙人によって開かれ熊野山の中腹に鎮祭し和歌山県熊野三社の祭神と御一体であります。

 熊野は,和歌山の熊野だったか。

当社は、関東地方における熊野信仰の根拠地として、また、横浜北部の総鎮守の宮として古代より現代に至るまで広く篤い崇敬を受けている。

横浜市 環境創造局 自然~緑・花・農~ 市民の森 熊野神社市民の森

ぐるりと町を見渡せる、丘の住宅地に囲まれた静かな森2つ。
1つは1000年以上の昔から伝わる、古式ゆかしい筒粥行事(豊年祈願)が行われる師岡熊野神社の森。
もう1つは天神山と呼ばれる台地の森。
てっぺんにはみんなでダンスやバレーボールを楽しめる広場も。
2つの森とも、いつもおひさまと仲良し。
本当に気持ちのよい林の散歩にぴったり。

2.♪帰り道は遠かった/来た時よりも遠かった
決行日:2011年7月22日(金)日没予定18:53
目標:師岡熊野神社・熊野神社市民の森

《いの池》

L20110722174816

L20110722174932

《師岡熊野神社》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110722175052

L20110722175512

《大イチョウ》

L20110722175954

《市民の森》

L20110722181340

《無粋な金網ビューイング》
 なんか,下に向かって物を投げるDQNがいるらしい。愛宕山のかわらけ投げじゃないんだから。

L20110722181356

《天神平広場》
 平日のこの時間とあって,だれもいない。
 遠くで,ヒグラシが鳴いている。
 癒しの時間。しばし,まったり。

L20110722181822

《杉山神社》
 山を降りると杉山神社に出る。

L20110722183336

L20110722183204

《御賽銭受け》
 営業終了後も賽銭だけはふんだくろうというずっこいシステム。
 お参り略。

L20110722183226

《トレッサ横浜》
 生まれてはじめて,トレッサ横浜に来た。
 トヨタが黒幕のショッピングセンターである。

L20110722184904

《マイナスイオン発生機》
 出た!ニセ科学の定番マイナスイオン。

L20110722185026

《ガォオオー》

L20110722185158

 トレッサ横浜でラーメン+半チャーハンを食してから,帰路についた。
 行きは,市民の森をハイキングして来たからよかったのだが,帰り道はひたすら東急大倉山駅に向かって,日没後の車道沿いを歩く。遠い。

2011年7月27日 (水)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・高尾山トリックアート美術館

1.プロローグ

高尾山トリックアート美術館inエジプト公式ホームページ

アートとアミューズメントの融合、それが【トリックアート美術館】

「あたかも本物が存在するが如く」をテーマにしたトリックアートは、見る人と画家との戦いでもあります。人間には物を正しく判断しようとする本能があります。しかし、又人間には思い込みや先入観があるため、目に写った事を脳が誤って判断することから起きる視覚のズレ、つまり「錯覚」が起こってしまうのです。 画家は巧みにその錯覚を利用し、かたや見る人はそれを無意識に暴こうとする。この「錯覚」と「現実」との一瞬のズレ、その心もようを楽しむことが、「高尾山トリックアート美術館」の最大の醍醐味ではないでしょうか?
「だまされる快感」、そして「脳いきいき」それが「トリックアート美術館」

近年世界中の研究者が発表しているトリックアート だまし絵を見るだけで脳が活性化されるとの研究リポートもそのような人間の本能を刺激することによって起こる変化といえます。 今までの既成概念を捨てて高尾山トリックアート美術館をご堪能下さい、きっと新たな発見が皆様をお待ちしています。

2.なんで高尾山でトリックアート?

決行日:2011年7月17日(土)日没予定18:59
目標:高尾山トリックアート美術館
 順調に行けば,午後早く高尾山を下山予定だったので,その後の予定として,ここを入れていた。
 東京の西のハズレまで来て,そうすなおには帰れない。

《高っ!》
 入場料1000円以下ともくろんでいたが,1300円だった。

L20110716143018

《みんな絵です》
 ここは撮影可というより,撮影推奨。

L20110716150136

L20110716150318

L20110716150842

《コンセントが本物だ!》
 部屋の中に,絵ではない本物が隠されています。どれでしょう?
 てなクイズが出ていた。

L20110716150204

《同工異曲》

L20110716151228

L20110716151336

《鏡の間》

L20110716151532

《超重力の部屋》

L20110716152432

《さらし首》

L20110716152954_2

《爆笑田中と太田で見たおぼえが》

L20110716153356

 ここは,テレビ番組で何度か見ているので,新鮮さはなかった。
 ほとんどのネタが公式サイトでも紹介されているので,わざわざ行きたくないかたは,こちらでお楽しみください。

高尾山トリックアート美術館/ギャラリー

《今度こそゴォオオオール》
 16時トリックアート美術館撤収。
 これから,おみやげを買って帰る。
 日没までまだ3時間ある。もったいないが,しかたがない。
 百草園でも開いていれば途中下車して寄るのだが,夏場でも17時閉園。

L20110716162424

《車内ガラガラ》
 三連休の初日で超混雑,ケーブルカーは順番待ち,電車でも座れないという事態を想定して,前日に,伊坂幸太郎『グラスホッパー』文庫本を購入しておいたのに,準備万端だと,えてしてこういうものである。

 16:29発の京王線で,帰路についた。

L20110716162916

《おみやげ》

L20110718214156

L20110718214346

2011年7月26日 (火)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・はじめての高尾山~6号路恐怖の沢下り編

1.プロローグ
 あとは5号路を回って,6号路を下るだけなので,ラクチンのはずだが。

2.山ガール?山女じゃね?
決行日:2011年7月16日(土)日没予定18:57
目標:高尾山6号路

《5号路スタート》
 5号路を回ったあと6号路に移りたいのだが,5号路を完全踏破しようとすると,同じ道を2度通らねばならない。
 構想30秒,完全踏破はあきらめ,5号路をほぼ踏破後6号路に移ることにした。

L20110716121432

《江川スギ》

L20110716123016

《5号路》
 5号路は,2号路よりも道幅広く平坦,路肩も補強されている。

L20110716123036

《ゴォオオール》
 6号路への分岐点到着。

L20110716124044

《6号路》
 ずっと,林の中の道が続き,なかなか沢が見えてこない。

L20110716125254

《沢下り》
 やっと沢にぶちあたったと思ったら,沢沿いどころか,道の上を水が流れている。

L20110716125444

L20110716125530

《だらだら下る》
 しばらくすると道は沢から離れ,平行に進む。水音が耳にここちよい。

L20110716130418

《登山用の靴買うか》
 下りだから楽だろうとおもいきや,木の根や石がむきだしになっている所が随所にあり,乗り越えるのに体力を使う。

L20110716134446

《下流に汗を流す^^;》
 沢に降りて,顔と腕を洗う。冷たくて気持ちがいい。

L20110716133150

《修行場》
 修行者以外は,結界の向こうにははいれず,琵琶滝の全景をみることができない。

L20110716135020

《琵琶滝》
 むりやり,ズーム撮影。irfanviewでシャープ&自動色調補正。

L20110716135048

《岩屋大師》
 高尾山には,いろいろな大師がいるようだ。

L20110716135744

《ゴォオオール》

L20110716140642

《通常価格》

L20110716142530

《ゴォオオール》
 魔の山より,奇跡の生還である。

L20110716142630

2011年7月25日 (月)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・はじめての高尾山~単独無酸素登頂編

1.プロローグ
 2号路を踏破後,いよいよ,シェルパも雇わず,単独行による無酸素山頂アタックを開始した。

2.山頂は太陽に近いから暑いのだな

決行日:2011年7月16日(土)日没予定18:57
目標:高尾山山頂
 水の補給所もないだろうからと,500mlのペットボトルを,いつもよりも1本追加して4本持ってきた。重い。

《東京水》
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 空ボトル持ってきて,ここで汲めばよかったじゃん。

L20110716103014

《浄心門》

L20110716103430

《神変堂》
 腰痛平癒がご利益にある。

 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110716104108

《修行大師》
 また,日蓮上人かと思った。
 でも,それだと,宗派違い。
 「修行大師」って,一般名詞?

L20110716104350

《百八の石の階段》
 ヘモグロビン10.4の威力で,それほど苦もなく,登りきった。

L20110716104338

L20110716104442

《権現茶屋名物天狗ラーメン》
 権現茶屋名物天狗ラーメンは,黒ゴマたっぷり。
 ゴマはきらいではないが,ラーメンに入れたくない。

L20110716110242

《権現茶屋名物ミルクジェラート》
 八王子のなんとか牧場のミルクを使って,どうたらこうたら。
 ゴマをかけるのがお勧めとのことだが,シカト。

L20110716105254

《山門》

L20110716110706

《賽銭蛸》
 勝手に賽銭ポストと呼んでいたが,「賽銭蛸」なる名称があるらしい。

L20110716110818

《諸願成就大本堂》
 お賽銭一円で,家族の肺がん平癒と家族の腰痛平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとWM患者のみなさんの症状改善を願った。

L20110716111456

《飯縄権現堂》
 諸願成就大本堂でお参りしたので,ここでは略。

L20110716112258

《有喜寺不動堂》

L20110716112646

《どこからか湧いてきた人々》
 やっと,山頂近辺までたどりついた。

L20110716115110

《なんかムシとチョウ》
 チョウもムシだが。

L20110716115018

《山頂は登山パーティのラッシュ状態》
 朝,ケーブルカーに乗る前には,それほどの人出には見えなかったが,こちらが野草園やら2号路で時間をくっているあいだに,どんどん追い越されたらしい。さらには,ほかのルートで登ってきたパーティもあるだろう。

L20110716115128

L20110716115310

L20110716120256

《山価格Part2》
 さらに20円増し。

L20110716120050

《山頂ビュー》
 快晴なら富士山が見えるはずだが,富士山の方向には雲が出ていた。

L20110716120420

 時刻は12時,太陽は真上にある。高尾山山頂は日をさえぎるものもなく,高山山頂であるにもかかわらず,暑い。
 これから下る6号路は,沢に沿っているので涼しいはずだが…。

2011年7月22日 (金)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・はじめての高尾山~魔の2号路完全踏破編

1.プロローグ
 高尾山といえば,フカキョン主演の高尾山が舞台となるテレビドラマで得た知識くらいしかなかった。ケーブルカーとサル園。
 ミシュラン(笑)で三ツ星観光地に評価されで,ジジババ軍団がおしよせているらしい。
 さらには,パワースポット(笑)なんてのにだまされた情弱も大挙しておしよせているらしい。

高尾山公式ページへようこそ! 高尾登山電鉄株式会社 公式サイト
を調べた結果,下記コースで行くことにした。

 ケーブルカー→2号路( 霞台ループコース )30分→1号路( 表参道コース )のとちゅうから40分→ 5号路( 山頂ループコース )30分 →6号路( びわ滝コース )下り70分

*「1号路( 表参道コース )高尾山の自然」ご案内

 高尾山登山コースは6コース+1に設定されています。 このコースはケーブルカー清滝駅前広場の右端から上り始めます。薬王院に参拝するための表参道で、薬王院に至るまでの参道はすべて舗装されています。

 道のほとんどは稜線上にあり、高尾山独特の植物分布を見ることができます。登山コースを左右に分けて北面が温帯林(ブナ・カヤなど)、南面が暖帯林(シイ・カシなど)になっています。

2号路( 霞台ループコース ) 高尾山の植物 このコースはケーブルカー高尾山駅付近からサル園、野草園を中心として南面・北面を一周することができ、他のコースとの受け渡しをしているコースでもあります。

「5号路( 山頂ループコース ) 人と自然」ご案内

 5号路は、2号路と同じように、山頂のビジターセンターを中心に周囲を1周するコースです。

 このコースには江戸時代の代官 江川太郎左右衛門が植えた江川杉が繁茂しています。

「6号路( びわ滝コース ) 森と水」ご案内

 このコースは、山頂の近くまで沢に沿って登るので、特に夏場に歩くコースとしてお薦めです。

 ケーブルカー清滝駅左側の舗装道路を 400m ほど歩くと、人家がありその手前を沢に沿って左に入る道があります。ここが6号路です。

 あまり大きくはない杉林を“びわ滝川”の清流に沿って歩き始めます。すぐに谷合は狭まり、しばらく行くと弘法大師の伝説もある岩屋大師の前に出て、まもなく「びわ滝」が見えてきます。

2.稲荷山コースは7号路とは呼ばれないの?
高尾山の登山コース - Yahoo!知恵袋
決行日:2011年7月16日(土)日没予定18:57
目標:高尾山
 高尾山踏破計画を立てたものの,いつ行くかはまだ決めていなかった。
 もともとは,この日は不忍池のハスを踏破する予定だったのが,前日の天気予報でピーカンの晴れが出たので,急遽,踏破することにした。雨は避けたい。

《ゴォオオール》
 じゃなくて,これからスタートである。

L20110716085244

《ケーブルカー》
 9時発。ほぼ満席。
 5分ほどで,高尾山駅到着。

L20110716085430

《やる気のないみやげ屋》
 三連休初日の土曜日だというのに。
 朝からみやげ買うやつもいないからか。

L20110716090700

《早くも山価格》

L20110716090746

《高山のアジサイ》
 さすが高山だけあって,まだアジサイが満開である。
 しかし,高山のわりには,朝から暑い。

L20110716091008

L20110716091022

《2号路のスタート》

L20110716091204

《悪路》
 道幅がせまく,傾斜している。
 雨のあとなど,足をすべらせて滑落する危険があぶない。

L20110716091820

《ゴォオオール》
 と思いきや,半周しただけだった。
 所要時間30分の2号路を歩きはじめて,まだ10分しか経っていなかった。

L20110716092206

《サル園・野草園》
 2号路のもう半周を探しながら,1号路を下ったら,サル園・野草園に着いてしまった。
 ここは2号路踏破後に寄るつもりだったが,あと数分待てば開場するので,入場することにした。
 サル園よりも野草園が目的である。

L20110716092746

 野草の花は小さいものが多いのだが,通路からは接写できない。
 ズーム撮影したのだが,花が風で揺れて,ぶれてしまった。
 まぁまぁマトモに写っていたものだけを掲載する。
 なお,以下の植物名表記において,表札がポイントしている個体がずれたために,植物名がまちがっている可能性があります。

《シモツケソウ》

L20110716093910x

《シラン》

L20110716093624_2

《ソバナ》

L20110716093756

《ツバメオモト》

L20110716094648

《ヤブミョウガ》

L20110716094954

《?》

L20110716094834

L20110716095150

《セミ》

L20110716095034_2

《サル山》
 あまり興味もなかったが,料金払ったのだからと,サル園を見学。

 

L20110716095618

L20110716095958

L20110716100216

L20110716100228

《エース》
>食事やおやつの時以外,昼寝してゴロゴロしています。

 理想の人生,いや猿生。

L20110716100520

《たこ杉》
 サル山の係員に聞いた2号路の残り半周の入口に移動する。

L20110716100924

《開運ひっぱり蛸》

L20110716101042

《2号路残り半周スタート》

L20110716101736

《ゴォオオール》
 2号路は,どちらの側の半周も,急な下りが続いたあと,しばらく平坦になり,急な上りになって終わるというパターンであった。
 特に見るものもないコースであった。運動にはいいかもしれない。

L20110716102914

2011年7月21日 (木)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・小名木川と塩の道

1.プロローグ
 「ぶらっと散歩コース東京」に載っていたコース。
ぶらっと散歩コース|商品サービス一覧 - 明日、どこ行く?|地図とガイドブックの昭文社

 「50歳からの東京散歩vol.2 水辺さんぽ」のコースの一部をつなげる。
散歩の達人MOOK | 50歳からの東京散歩 | 交通新聞社オンラインショップ

2.芭蕉は俳人σ(^^)は廃人
決行日:2011年7月12日(火)日没予定18:59
目標:小名木川と塩の道
 地下鉄東大島駅からスタートし,いくつかの親水公園をつないで歩き,日没時刻の19時ごろ,門前仲町駅でゴールの予定である。

《本日もピーカン天気》
 16時東大島駅着。
 東大島駅が川をまたいでいる駅だとは知らず,出ようとしていた所の対岸の出口から出てしまった。
 地下鉄の駅が川の上にある。わけのわからない世界だ。不条理の世界。

L20110712161916

《中川船番所資料館》
 なにやら,閉まっているぽい。
 ガイドブックによると休館日は月曜日で,きようは火曜日。開いているはずだ。

L20110712161604

《展示替えのため休館》
 えええええええー

 まぁ,ここがメインではないので,それほどのショックではない。

L20110712161724

《小名木川しおのみち》

L20110712162546

L20110712162626

《だれにも出会わない》
 ちょうど歩く方向に太陽があり,顔が熱い。デカぼうしをかぶっているものの,夕日は斜めから差し込む。
 夏場のウォーキングには,500mlのペットボトルにアルカリイオン水を詰めたものを3本持参している。しかし,ここにくるまでに,すでに,1本飲んでしまった。

L20110712164614

《大島稲荷神社》
 家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとyさんはじめWM患者の症状改善を願った。

L20110712163742

L20110712164016

《松尾芭蕉像》
 そうとう,小さい人だったもよう。

L20110712164142

《クローバー橋》
 四葉のクローバー。

L20110712172422

L20110712173134

L20110712173220

《横川親水公園》
 17時半を回り,やっと涼しくなってきた。川風が気持ちいい。
 いったん,ベンチに腰を下ろすと,なかなか立ち上がることができない。

L20110712173420

L20110712174112

《仙台堀川親水公園》

L20110712181552

《木場公園》

L20110712182036

《木場公園大橋》
 向こうに見えるのは,スカイツリータワー。

L20110712183112

《福富川公園》

L20110712184630

《木場親水公園》

L20110712185606

《富岡八幡宮》
 すでに,日没から10分経過している。
 横川親水公園で,まったりしすぎたのが敗因である。

L20110712191326

《伊能忠敬》

 老人ウォーキングの始祖。

L20110712191442

《富岡八幡宮本殿》
 家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとyさんはじめWM患者の症状改善を願った。

L20110712191636

《深川不動堂参道》

L20110712192608

《深川不動堂本堂》
 工事中。

L20110712193116

《ゴォオオオール》
 19時30分,日没から30分経過したが,なんとか生還。

L20110712193432

2011年7月20日 (水)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・隅田川下りの旅~ちょー下流編

1.プロローグ
 閉門時刻ぎりぎりに清澄庭園を踏破後,ふたたび隅田川に戻り,最後の戦いを開始した。

2.こち亀でも勝鬨橋が開いたような
決行日:2011年7月9日(土)日没予定18:59
目標:隅田川ちょー下流

 ガイドブックのモデルコースどおりに進めば,よゆうで,19時に築地駅に到着できそうだったが,モデルコースをはずれて佃島に上陸したい。
 佃島で本場の佃煮を買いたい。
 本日は,ピーカン晴天なので,日没後30分くらいは,残照でまぁまぁ明るい。寄り道してもだいじょうぶだろう。

《本邦セメント工業発祥の地》

L20110709170722_2

《下流側から見る清洲橋》

 17時2分,隅田川テラス着。川下りを再開する。

L20110709170938

《警戒船》
 な,なにを警戒しているのだ。

L20110709173844

《隅田川大橋》
 ずっとたらたら歩きをしてきたとはいえ,浅草吾妻橋の旅立ちからすでに8時間,猛暑の中を歩いている。脚も疲れてきて,テラスのベンチに腰を下ろす頻度が多くなってきた。

L20110709171224


《永代橋》
 17時35分,さしもの日差しも弱まり,ようやく,涼しくなってきた。

L20110709172438

L20110709174406

L20110709175732

《中央大橋》

L20110709175114

L20110709175430

《リバーシティ21》
 セレブの住む街。一生無縁。

L20110709175924

《ナチュラルローソン》
 話には聞いていたが,ナチュラルローソンの実物をはじめて見た。こういう,セレブ街にあるのか。
 わたしの住む貧民街にあるのは,ローソン100,100円均一の店である。
 ふつうのローソンすらない。

L20110709180110

《石川島灯台(復元)》

L20110709181046

《住吉神社》
 お賽銭1円で,家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとyさんはじめWM患者の症状改善を願った。

L20110709182144

L20110709182112

《丸久》
 佃島に残る佃煮屋は,3軒のみである。

L20110709182408

《天安》

L20110709182504

《田中屋》
 予想どおりの展開である。
 時刻が時刻だけに。

L20110709182526

《佃大橋》

L20110709180810

L20110709183542

《勝鬨橋》

L20110709182916

L20110709184330

L20110709184722

《固定部と可動部のつなぎ目?》

L20110709184902

《橋上の構造物》
 両岸左右の計4箇所に,小部屋がある。
 橋が可動式だった時代に使われたものだろうか。

L20110709185252

《だれもいないはずなのに》
 なにやら,明かりがついている。
 まさか,不良老人が集まって,勝鬨橋をひらく算段をしているのでは?

L20110709185340

《築地本願寺》
 お寺は17時閉店だが,まだ門が開いていた。
 家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとyさんはじめWM患者の症状改善を願った。

L20110709190814

《ゴォオオオール》
 19:08。当初の予定どおり,築地駅に到着した。
 帰宅後,本日,関東地方に梅雨明け宣言が出たことを知った。

L20110709191110

2011年7月17日 (日)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・隅田川下りの旅~深川江戸資料館・清澄庭園

1.プロローグ
深川江戸資料館の情報
公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団

深川江戸資料館は、江戸時代、深川佐賀町の町並みを再現した展示室のほか、小劇場とレクホールを備えた文化施設として昭和61年にオープンしました。以来、江戸深川に関する歴史・民俗の展示、また文化活動の場の提供につとめています。

清澄庭園|公園へ行こう!

 泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」です。この造園手法は、江戸時代の大名庭園に用いられたものですが、明治時代の造園にも受けつがれ、清澄庭園によって近代的な完成をみたといわれています。
 この地の一部は江戸の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷跡と言い伝えられています。享保年間(1716~1736年)には、下総国関宿の城主・久世大和守の下屋敷となり、その頃にある程度庭園が形づくられたようです。
 明治11年、岩崎弥太郎が、荒廃していたこの邸地を買い取り、社員の慰安や貴賓を招待する場所として庭園造成を計画、明治13年に「深川親睦園」として一応の竣工をみました。弥太郎の亡きあとも造園工事は進められ、隅田川の水を引いた大泉水を造り、周囲には全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」が完成しました。

2.主食はアイス
決行日:2011年7月9日(土)日没予定18:59
目標:深川江戸資料館・清澄庭園

《深川江戸資料館》
 ここも,撮影OK。

L20110709160152

《江戸時代の深川の町並みを再現》

L20110709160348

L20110709160526

L20110709160626

L20110709160752

L20110709160916

L20110709160932

L20110709160948

L20110709161106

L20110709161148

L20110709161202

L20110709161320

L20110709161336

 16:09撤収。まだひとつ,入場16:30までの施設がある。

《清澄庭園》
 売店で,アイスを買う。
 本日,はじめての食事?である。
 歩行エネルギーは,どすこいドリンクと体脂肪で,まかなった。

L20110709162516

《つぶあん入り抹茶もなか》

L20110709162820

L20110709163012

《名石の数々》
 しろうとには,わからない。

L20110709162610

L20110709162624

L20110709162644

L20110709164622

《回遊式林泉庭園》

L20110709162902

L20110709164146

L20110709165020

《石仏群》
 「群」っていったって,これだけですが。

L20110709164400

L20110709164412

《大震災で倒れた?》

L20110709164510

《街中とは思えない》
 時間があれば,まったりとするのだが,閉門時刻がせまっている。

L20110709164910

 16:50清澄庭園脱出。
 これで,時刻制限のある施設は全踏破した。あとは,日没との戦いだ。

《清澄公園》
 清澄庭園の西側に位置する無料開放エリア。

L20110709165720

《時計台》

L20110709165828

 ふたたび隅田川に戻り,最後の戦いを開始した。

2011年7月16日 (土)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・隅田川下りの旅~下流編

1.プロローグ
 江戸東京博物館を脱出したわたしは,国技館やら相撲博物館をスルーして,隅田川下りを再開した。

2.大鵬より柏戸が好きだった
決行日:2011年7月9日(土)
目標:日没予定18:59
《雨の日にがんばる君》
 ポンプで排水しなければ,水があふれるのか。
 難儀な所だ。

L20110709140954

《太っ腹自販機!50えん》
 50えんでないのもあるのだが。

L20110709141734

《太っ腹自販機!60えんより/どすこいドリンク》
 どすこいドリンクは,右下2箇所にある覆面ドリンクのことである。
 なにが出てくるのかわからない。
 こどもだましな。
 いくら60円でも,中味がわからないのに,買うやつがいるとも思えない。

L20110709141758

《どすこいドリンク》
 どすこいドリンクの正体は,スポーツドリンクだった。100円ショップで,2本で105円で売っているメーカーの物。
 大量の汗をかいているので,ちょうどいいか。

 あ~,どすこい,どすこい。

L20110709141958

《回向院》
 そのむかしは,ここで,相撲やっていた。

L20110709142328

L20110709142448

《両国花火資料館》

L20110709143728

《両国橋》

L20110709144548

《橋げた補修中》

L20110709150122

《雄大なる隅田の流れ》
 隅田川テラスの上を歩いている時は川風が暑さをやわらげてくれるが,テラスをはずれると,真夏の日差しが容赦なく,貧血メタボ老人を焼きつくす。

L20110709144704

《水門》

L20110709150422

《新大橋》

L20110709152022

L20110709152902

《清洲橋》

L20110709153542

《萬年橋》
 支流の小名木川に架かっている。

L20110709154214

L20110709154516

《柱につながれたイヌ》
 飼い主はどこに行った?

L20110709155108


 入館時刻16:30までの深川江戸資料館に急ぐ。

2011年7月15日 (金)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・隅田川下りの旅~江戸東京博物館

1.プロローグ

江戸東京博物館

2.江戸城を作ったのは太田道灌ではなくて大工さん
決行日:2011年7月9日(土)日没予定18:59
目標:江戸東京博物館

《江戸東京博物館》

L20110709104906

《撮影OK》
 博物館は館内撮影禁止のところがほとんどで,踏破してもブログでは紹介できないのだが,ここはフラッシュなしならどこでも撮影OK,さらにOKマークが表示されているポイントなら,フラッシュ撮影もOKである。

L20110709105632

《芝居小屋中村座》

L20110709105614

L20110709105916

L20110709121430

《寛永の町人地》

L20110709111542

《職人》
 裏の仕事は,仕置人。^^

L20110709112504

L20110709112840

《三丁目の夕日》

L20110709132816

L20110709132924

《浅草電気館》

L20110709124452

《浅草凌雲閣》
 関東大震災で倒壊。

L20110709124612

《街頭テレビ》
 あの時代,画面の中では,力道山が戦ってましたな。

L20110709132112

《朝野新聞》
 毎朝新聞のような架空の社名かとおもいきや,実在した新聞社とのこと。

L20110709105954

L20110709133254

《ちょっと休憩》
 3時間弱の滞在で,江戸東京博物館の有料エリアから出た。飲み物でも飲みながら,しばらく足を休めることにする。
 それほど距離を歩いたわけではないが,博物館歩行は疲れる。

L20110709134408

《東北地方応援商品》
 便乗商法というか,なんでもかんでも東北地方応援商品にしている。
 賢い消費者は,だまされない。

L20110709134348

《桜色果実》
 特に,まずくもなかった。

L20110709134630


 気を取りなおして,14時5分,川下りを再開した。

2011年7月14日 (木)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・隅田川下りの旅~中流編

1.プロローグ
 いや,隅田川下りの旅といっても,徒歩ですが。^^;

 江戸東京博物館には一度行きたいと思ふものの,17:30閉館が災いして,用事帰りに寄るというわけにもいかない。

 と,いって,近くの旧安田庭園を含めても,そのためだけに上京するのも大儀である。

江戸東京博物館

旧安田庭園 - Wikipedia

旧安田庭園(きゅうやすだていえん)は、東京都墨田区に所在する、潮入り回遊式庭園として整備された大名庭園である。

 あるとき,ガイドブックの隅田川水辺散歩コースが,江戸東京博物館のそばを通っていることに気が付いたので,隅田川下りの旅に出ることにした。
 下記の2冊のガイドブックのコースを合成して,マイコースを作成した。

(1)50歳からの東京散歩vol.2 水辺さんぽ
散歩の達人MOOK | 50歳からの東京散歩 | 交通新聞社オンラインショップ

(2)ぶらっと散歩コース東京
ぶらっと散歩コース|商品サービス一覧 - 明日、どこ行く?|地図とガイドブックの昭文社

2.駒形といへばどぜう
決行日:2011年7月9日(土)日没予定18:59
目標:隅田川中流

 浅草にきたのは,まだ若かりしころ,マルベル堂にブロマイドを買いにきて以来であろうか。遠い昔。
 今回は,浅草の見どころはシカトして,いきなり川下りを開始する。
 ゴールは,日没時刻の19時ごろに,地下鉄の築地駅を予定している。
 10時間の旅である。

《吾妻橋》
 8:55吾妻橋到着。
 天気予報では,くもり一時晴れだったが,現在の天候はうすぐもりといったところ。
 水辺散歩は,景観的にはピーカンのほうがいいのだが,真夏のウォーキングは,くもりのほうがいい。

 アサヒビールの通称ウ○コビルの向こうに,スカイツリータワーが見える。
 スカイツリーには,なんの思い入れもない。登りに行くこともないだろう。

L20110709090338

《隅田川テラス》
 本日は,吾妻橋から勝どき橋まで,隅田川テラスを歩く。

隅田川テラス - Wikipedia
L20110709090908

《吾妻橋》

L20110709090956

《駒形橋》

L20110709091122

L20110709091532

《駒形堂》
 駒形橋の名前の由来。

L20110709091624

L20110709091638

《屋形船》

L20110709092118_2

《厩橋》

L20110709092640

L20110709092928

《蔵前橋》
 橋にぶつかるたびに橋を渡って対岸に行くということをくりかえしていたが,なかなか先に進まない。
 隅田川テラスから上の道に登って,橋を渡り,横断歩道を渡り,隅田川テラスに降りるという手順を踏む必要がある。
 横断歩道は,橋からかなり離れた所にある場合が多い。
 橋の上を歩いているときには,橋の全容は見えない。橋を渡ることに,あまり意味はない。
 これ以降,橋を渡ることには,こだわらないことにした。

L20110709093706

《旧安田庭園》
 9:50,天気は,ピーカンに近い晴れに変わって来た。約束が違う。
 最近,予報はくもりなのだが,実際には晴れることが多い。
 貧血メタボ老人殺しの暑さ。
 江戸東京博物館にはいれば涼むことができる。もう少しだ。

L20110709095252

L20110709095624

L20110709095804

《左は両国公会堂,右はなんとかタワー》
 円形ドームの建物は両国公会堂だが,老朽化のため閉鎖。

L20110709100124

《おなじみ三連カメ》

L20110709100304

《横網町公園》
 関東大震災と戦災関係の施設が集中している。

L20110709100638

《慰霊堂》

L20110709101224

L20110709101506

《復興記念館》
 戦争好きの諸君は,こういう所で,戦争の悲惨さを勉強するといいよ。
 なんの罪もない一般市民が,焼夷弾に焼かれたり,戦闘機の機銃掃射を受けたりしたんだから。
 でもここは東京都の施設なのだが,都知事からしてアレだからね。><

L20110709103902

 横網町公園を出て,江戸東京博物館に向かった。

2011年7月13日 (水)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・等々力緑地

1.プロローグ
 「横浜散歩マップ」のモデルコース。

2.トラネコが好き
決行日:2011年7月6日(水)日没予定19:00
目標:等々力緑地

《二ヶ領用水》
 5月に溝の口で別れた二ヶ領用水に再会。

《関連記事》
【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩川・二ヶ領用水

L20110706163118

《等々力緑地四季園》
L20110706165422

《おなじみ枯れ池》
L20110706165754

《日本庭園のハス》
 ハスは午前中に花を開き,この時間はつぼみしか見られない。
L20110706171246

L20110706171300

L20110706171534

L20110706171722

《花が開いているし》
 フライング?周回遅れ?
L20110706171612

《釣り池》
 電力不足ももののかわ,威勢良く,水を噴き上げていた。
 すでに17時で,営業終了しているのに。
 水の循環を止めると水質が悪化するの鴨。
L20110706172652

L20110706172124

《ネコかわいいよネコ》
 暑さでぐったりとなっていました。
L20110706172810

L20110706172822

L20110706172846

L20110706172914

《花の名前がわからない》

L20110706173926

L20110706173950

《小杉神社》
 お賽銭1円で,家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとyさんはじめWM患者の症状改善を願った。

L20110706174812

 等々力緑地は,南武線武蔵中原駅が最寄り駅であるが,二ヶ領用水を少し下って,武蔵小杉駅から帰ることにする。

《二ヶ領用水》
 この辺まで来ると,水も汚く,ふつうの都会の川に近くなっている。

L20110706175836

《DQNの放置自転車》

L20110706180652

《ゴォオオオール》

L20110706182042

2011年7月11日 (月)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・高幡不動尊のアジサイ

1.プロローグ
 多摩動物公園への鉄道経路を調べていて,高幡不動駅乗り換えであることに気が付いた。
 高幡不動はアジサイの名所であるが,それだけのために,わざわざ出かけるのも気乗りがしない。
 しかし,多摩動物公園と同時踏破できるのなら別である。
 多摩動物公園の帰りに寄ることにした。

高幡不動尊のアジサイ・花の名所案内

 1100余年の歴史を持ち、古くから 高幡不動尊の名で親しまれてきたが、正式の名は真言宗金剛寺。高幡山には野性のヤマアジサイが群生し、そこでさまざまな種類のアジサイも植えはじめ、現在では咲き誇る種類は150種以上と言われ、全国からのヤマアジサイ約500株、自生のヤマアジサイ約4000株、アザイサイ、ガクアジサイ約3000株を含め約7500株にのぼる多彩なアジサイが境内中に乱れ咲く。斜面を埋めつくすガクアジサイ。堀に沿ってつづく白、青、赤 、紫の色とりどりのアジサイの大群落。 朱塗りの五重塔との見事なコントラスト。3万坪の広い境内では、そのあちらこちらで、それぞれに違った顔を見せるアジサイが楽しめる。

高幡不動尊金剛寺

 yosimineさんによると,山内八十八ヶ所全ルートを踏破すると,2時間くらいかかるらしい。

治療・病状日誌  高幡不動尊

2.土方歳三はイケメン
決行日:2011年7月6日(水)日没予定19:00
目標:高幡不動尊のアジサイ
 花の名所案内で,東京のアジサイの名所のほとんどが,「開花時期:6月上旬~6月下旬」なのに,ここだけは,「開花時期:6月上旬~7月上旬」となっている。あじさい祭りも7月7日までとなっている。
 内陸部なので,開花が遅いのだろう。
 山の中というのもあるかもしれない。高幡山明王院金剛寺だけに。
 7月に,まだアジサイが見ごろとは思わないので,さしものジジババ軍団は来ず,すいているに違いない。
 ジジババ軍団の裏をかくのがプロ。なんの?

《高幡そば》
 高幡不動駅構内。
 そば粉は,北海道産100%。
 それでも,そばの主成分は,外国産小麦なんだけどね。
 あしたばてんぷらそばを食す。

L20110706130228

《参道》
 駅前から参道がはじまっているので,迷うことはない。

L20110706130540

《高幡不動尊》

L20110706130830

《仁王門》
 気分は,もう,たなばた祭り。

L20110706130848

L20110706130956

《不動堂》
 お賽銭1円で,家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加と家族の健康・長生きとyさんはじめWM患者の症状改善を願った。

L20110706131334

《土方歳三》
 土方歳三といえば,自分の中では,洋装の写真のイメージが定着しており,新撰組の扮装のほうに違和感を覚える。

L20110706131442

《山内八十八ヶ所巡礼の旅》

L20110706132748

《第二番》
 各札所には,地蔵尊がある。第一番は,見落とした。

L20110706132906

《第三番》
 本四国札所というのは,四国八十八ヶ所の第三番に当たる場所らしい。

L20110706132946

《ガクアジサイ》

L20110706133138

L20110706133212

《お大師様のクイズ》
 クイズのヒントではなく,答えそのもの。

L20110706133346

《ヤマアジサイ群生地》
 残念ながら,花は,ほぼ全滅。

L20110706133534

《益城花八重》
 ヤマアジサイの中で,わずかに花が残っていたもの。
 色あせている。

L20110706133458

《西洋アジサイ》

L20110706133642

L20110706133938

 いいかげん登りつかれたころ,登り道の中間点のような所に到達した。そこにあった案内板地図の中に,あじさいだのもみじだの,見どころが記入されているのだが,現在地より上は,あじさい少なし。
 その上,ヤマアジサイは全滅で,ガクアジサイと西洋アジサイも,青一色で変化に乏しい。
 八十八ヶ所クリアーはやめて,横道を移動してから,登りとは別ルートで下山することにした。

《高幡城本丸址》
 なにもない。あたりまへ。

L20110706134852

《うめ~たこ涼味弁当》

 本来は,多摩動物公園でたべるつもりが挫折し,ここでたべることとなった。

L20110706135250

L20110706135312

《至福の時間》
 木陰のベンチは,風が涼しい。鳥のさえずりが耳に心地よい。
 ジジババ軍団は来ない。
 三ツ星レストランでたべるフランス料理より,おいしい駅弁である。
 フランス料理って,たべたことないけど。^^;

L20110706140246

《土方邦三》
 名前からして,土方歳三の縁者であろうか。

L20110706141650

《お大師さまは鉄ちゃん?》

L20110706141842

《とっとと下山》

L20110706142004

L20110706142052

L20110706142202

《五重塔修理中》
 五重塔は,柔構造で,地震に強いのでは?

L20110706143900

L20110706143816

《ゴォオオール》

L20110706144414

 ヤマアジサイは全滅で,ガクアジサイも西洋アジサイも盛りをすぎた感じであった。

 さすがジジババ軍団が来ないだけのことはある。

 アジサイは見たし,ジジババ軍団やDQNファミリーには遭いたくなし。

2011年7月 9日 (土)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・多摩動物公園青春の蹉跌編

1.プロローグ
 多摩動物公園の名前は知っていたものの,すんげぇ奥地にあるのかと思っていた。
 「多摩」と聞くと,奥多摩湖がイメージされるからだろうか。
 海洋民族は,内陸部の土地勘に乏しい。

 つい最近,多摩動物公園はそれほどの奥地ではないことを知った。
 近隣の高幡不動のアジサイの時期に合わせて,まとめて踏破することにした。

||| 多摩動物公園公式サイト - 東京ズーネット |||

多摩モノレール | ホームページ

2.こまかいことを調べて大きなことを見落とす
決行日:2011年7月6日(水)日没予定19:00
目標:多摩動物公園
 公式サイトにいくつかのモデルコースが出ているが,最長の「見よう!歩こう!楽しもう! TAMA ZOOぐるっと1周1万歩」コースを選ぶ。
 モデルコースの所要時間は,見学時間含まずで2時間半だから,実際には4時間くらいはかかるだろう。

《多摩モノレール》
 生まれてはじめて乗る多摩モノレール。
 モノレールの初乗りは,ふつうの電車よりも,高揚感がパネェっす。

L20110706122606

《複線なのにモノレール》
 不当表示。

L20110706122732

《多摩モノレール多摩動物公園駅》

 ほかには,だれも,モノレールから降りない。駅構内でも,だれにも会わない。
 いくら平日だからといって,不可思議である。

L20110706123014

 そうです。休園日だったのです。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

 脱力のあまり,休園日の立て看板を撮影する気力もなかった。
 あれほどくまなく,多摩動物公園公式サイトを調べたというのに。閉園時刻ばかり気にして,休園日を確認しなかった。
 博物館等は月曜日休館なので,月曜日の行動計画では気にしているのですが,ギョーカイが違ったのですね。

《京王多摩動物公園駅》
 おなじみ,17アイス。

L20110706123530

《あまおう苺をチョイス》
 電車待ちのあいだに,たべる。

L20110706123742

《京王多摩動物公園線専用車両》
 アニマルトレインに乗って,次の目的地の高幡不動に向かった。

L20110706124244

2011年7月 8日 (金)

【治療経過】復活絵里(^_^)v

 前記事に書いたが,ヘモグロビンが10.4にまで回復した。
 10.4は,一般的には貧血と判断されるレベルであるが,貧血老人にとっては,じゅうぶんすぎる値である。
 2010年4月に1回瞬間的に10.0になったものの,5月には9.7に戻ってしまった。2009年の最高値は9.8で,10台は,2008年にまでさかのぼらなければならない。
 ひさびさの復活である。

《ヘモグロビン数値と体調の相関関係》
 あくまでも,わてくしの場合。

 10以上:絶好調!東京タワーにだって,ラクラク登れる。エレベーターで。
 9台:むりしなければ,日常生活に支障なし。
 8台:日常生活に,やや支障。1階分の階段登攀は支障ないものの,2階分の登攀は息切れがする。
 7台:日常生活に,かなりの支障。7台前半になると,平地を数分間歩いただけで疲れる。
 6台:輸血が必要なレベル。わたしの自己最低値は,2009年12月の6.8。このときは,なんとか輸血をしないで,のりきった。輸血にはリスクがあるので,できるならしないで済ませたい。

2011年7月 7日 (木)

【治療経過】2011年7月

<前回までのあらすじ>(Previously on WM)
----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症≒リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬→11月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)
-----------------------------------
 ヘモグロビンは10.0→10.4に絶賛改善中。
 ヘモグロビンは,この数年under10で,2009年最高値が9.8,2010年最高値が10.0だったので,前回の10.0で上げどまりかと思いきや,まだ上昇しました。

 IgM3626は2008年以来の数値で,夢の3000台前半も見えて来ました。
 まぁ,あまり期待すると,だめだったときに落胆するので,under4000維持で満足しておきます。
 はじめてはかったS-IL2R,超絶高いんですけど。><

処方:CP療法継続
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ファモチジン錠10mg(ガスターD錠10mgのジェネリック)×1+ワンアルファ錠0.5μg ×1)/day)

<血液検査結果抜粋>

Chart20110706
chart20110706

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>
を参照ください。

《花の名前がわからない》

L20110706102902

L20110706102938

2011年7月 2日 (土)

【雑感】イレッサ裁判について,かう考へた。

《関連文書》
【雑感】副作用を誰かの責任にするというのは、医療が成り立たなくなるということでございます

 3月23日のことであるが,大震災のどさくさにまぎれて,トンデモ判決が出てしまった。
 イレッサ東京裁判のトンデモ判決である。
 そもそもが,ほとんどいいがかりのトンデモ医療裁判なのに,どうしてトンデモ判決をするかなぁ~。

アストラゼネカ ジャパン:プレスリリースイレッサ訴訟:本日の判決について

弊社は医師および進行非小細胞肺がん患者さん、とくに標準化学療法が効かなくなった患者さんに、イレッサという治療選択肢を提供してきたことに誇りを持っています。今後も弊社は適切な情報提供に努め、多くの進行非小細胞肺がん患者さんがイレッサの恩恵を受けられるよう邁進してまいります。

56歳団塊退職起業-62歳がん闘病廃業+イレッサ回復日記より

「私は悪魔の薬で助かっているイレッサ患者です。」

今日から私は「悪魔の薬で助かっているイレッサ患者です。」ということになるのかなぁ。

判決により「世間で後ろ指差されながら、こそこそ生きることになったのか」と複雑です。

原告はさぞかし喜んでるでしょうね。新聞見ると、感涙にむせんでいると出てます。

でも、がっくりとぼとぼ歩く患者は寂しいです。

どうしても腑に落ちないのです。

薬が悪いならそんな薬、販売停止でしょう。

だけど私は効いている。薬の成分、中身はまるっきり変わっていません。

あのころと同じイレッサ250mg丸薬を飲んで、私のように9000名の方の命が助かっている。

イレッサを飲んで、副作用が発生し、運悪く亡くなった原告には言葉もありませんが1760万円を払え。おんなじ薬です、それを今なら飲んで間質性肺炎で亡くなったとしても、それはしょうがない!

なんですかその基準は。

間質性肺炎は副作用です。薬の害ではありません。

ですからこれは薬害裁判ではなく、副作用裁判です。

イレッサの薬効書には「副作用に間質性肺炎がある」と書いてあった。にもかかわらず間質性肺炎になったら1760万円払え、どういうことなんでしょう。

そんなこと言ったら全ての薬に副作用が書いてあっても、亡くなったら1760万円払えということなんですか。

現にプラチナ系と言われるイレッサ以外の抗がん剤で間質性肺炎を発病される方が2%ぐらいおられます。

イレッサの副作用というより間質性肺炎は抗がん剤全ての副作用です。

その亡くなった方には1760万円払わなくていいのですか。

プラチナ系抗がん剤には副作用として書いてあるから?

それならイレッサにも副作用として間質性肺炎と書いてあるのになぜイレッサだけは?

副作用対策が悪かった?それなら責任は医師でしょ。

製薬会社が医師の指揮権を持っているんですか?医師の対応がまずくて間質性肺炎でなくなったのに、製薬会社に1760万円払え?どういうこと??

副作用のない新薬と騒いだから?騒いだのは世間であり、医者であり、マスコミでしょ。

論理的にさっぱりわかりません。少数意見でした。

 同感。
(1)副作用の説明が不十分だったというなら,医師あるいは病院を訴えるべきである。
(2)原告の言い分のみ無批判で垂れ流すのは,偏向報道である。イレッサのおかげで延命できている患者に,なぜ取材しない?56歳団塊退職起業の中の人も,そうなげいていた。

 下記サイトで,原告のモンスター遺族の言い分はことごとく,論破されている。

イレッサ“薬害”訴訟で国と製薬会社を支援する会(仮)

 長くて読むのが大変なひとには,上記サイトの管理人がMRICに投稿している。

Vol.145 イレッサ訴訟大阪・東京地裁判決の問題点 - MRIC by 医療ガバナンス学会

 それでもかなり長いので,一部引用。

8.患者としてがん患者や家族達も、この件について、表立って物を言うべきだと思います。
自分達の生死を左右する問題なのだから、原告達に遠慮する必要はありません。
そもそも、患者や遺族に配慮すべきであるなら、当然、原告達もそうすべきはずです。
しかし、原告達は、日本中の難病患者達に不利益をもたらす訴訟戦術を用いています。
原告がそうした訴訟戦術を用いることについて、日本中の難病患者達に一度でも相談したでしょうか。
原告は、全ての患者のために闘っているかのように主張していますが、日本の医療を後退させろと誰が頼んだのでしょうか。
これら原告の行為が許されるのならば、当然、患者や家族が国や製薬会社の敗訴判決を批判することも許されるはずです。
もちろん、原告が当事者間の問題として完結する訴訟戦術を取るなら、第三者が訴訟に対して口出しすることは越権行為です。
また、同じ患者や家族として原告の立場に同情できますし、やり場のない悲しみや怒りがあることも理解できるので、手段を選ばない訴訟戦術も止むを得ないものと思います。
しかし、原告が第三者に不利益をもたらす訴訟戦術を採用している以上、当然、その不利益を被る者にも意見を言う権利はあるはずです。
また、マスコミが真実から目を背け、遺族感情を悪用して、事件をセンセーショナルに報じようとする姿勢については、怒りを禁じ得ません。
このままでは、日本中の難病患者達の存在が都合良く利用された挙げ句、治療の道が閉ざされることになりかねません。
難病患者達が治療を受ける正当な権利を守るため、大きな声を上げて物を言いましょう。

 本件について,患者会がダンマリを決め込んでいるのは,わたしも不満である。

患者団体はイレッサ“薬害”の見解を述べよ!

東京日和@元勤務医の日々より

裁判官って常識あるのかな?:薬の副作用とドラッグラグを考える

 さて、もしも厚生労働省の指導で、添付文書が書き換えられたりしてある患者さんに禁忌になったりすると、その薬で症状が改善している患者さんには処方できなくなったり、最悪の場合、販売中止とかになれば、もう簡単には販売再開が簡単じゃないのは知らない知っているのかな?

 上級審の裁判官には,狭視的な感情論に陥ることなく,論理的判断を求めるものである。

2011年7月 1日 (金)

【病中閑あり】2011年貧血老人徘徊記・小岩菖蒲園のハナショウブ

1.プロローグ

小岩菖蒲園・花の名所案内

 江戸川河川敷に広がる約5000平方メートルの菖蒲田には、鮮やかな花を咲かせる。この菖蒲園は、殺風景な河川敷を花のある憩いの場にしようと、地元老人からハナショウブが寄贈されたことによるもの。今や老人の願いが叶い、京成電車の車窓からも眺められ、江戸川辺りの季節の風物詩にもなっている。 園内には江戸系を中心に、外国系 も含め約100種類、5万本のハナショウブが梅雨の晴れ間を華やかに彩る。

2.江戸川乱歩のペンネームはエドガー・アラン・ポーからとった
決行日:2011年6月21日(火)日没予定18:59
目標:小岩菖蒲園のハナショウブ
 6月の【病中閑あり】カテゴリー11本目の記事である。
 一日に3,4箇所の花の名所をまとめて踏破すると,前回の踏破記事を書き終わらないうちに,新たな旅に出ることになる。
 旅の間隔をあければいいのだが,6月はアジサイとハナショウブの名所が集中するから,しかたがない。
 7月8月9月に見ごろを迎える花の名所は意外に少なく,花の名所踏破旅としては閑散期となる。ま,水辺旅だの,緑陰旅だのになるわけだが。

《→》
 京成線江戸川駅下車。

L20110621162206

《堤防を越えると…》

 菖蒲園はどこ?

L20110621162606

《小岩菖蒲園》
 視界の右の隅に発見。
 なにやらしょぼい予感。

L20110621162734

《花の名前がわからない》

L20110621162940

《京成線》

L20110621163034

《アヤメ・カキツバタ・ハナショウブの見分け方》

 まいどおなじみ。

L20110621163336

《ノカンゾウ》

L20110621163542

L20110621163600

《江戸川散歩》

L20110621164000

《江戸系肥後系伊勢系》
 密生しているため,木札の品種表示が,どれをポイントしているのか判然とせず。

L20110621164326

《小岩菖蒲園のハナショウブ》
 最初遠くのほうから見たのでしょぼく見えたのだが,来てみれば,なかなかの規模である。

L20110621164140

L20110621164440

L20110621164542

L20110621171218

《ゴォオオオオール》
 写真撮り忘れ。
 17:30江戸川駅到着。

 江戸川駅も各駅停車専門駅で,特急やら急行が通過していって,なかなか,各駅停車が来なかった。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ