お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【業務連絡】本ブログは携帯電話からの閲覧に対応していません | トップページ | 【完治をめざして】[ネタ]☆高濃度ビタミンC点滴療法 »

2011年6月 4日 (土)

【雑感】低体温は万病の元?

 ニセ医療本コーナーに行くと,低体温本花盛りである。
 低体温は万病の元とのこと。

 そんな研究が存在するのかとググってみたが,見つからなかった。
 で,碧猫さんのバックナンバーが見つかった。

Gazing at the Celestial Blue 低体温に注目…

 低体温はダメと主張しているのは,真弓医師,安保徹先生ということである。
 ニセ医療本コーナーを見回すと,低体温本の著者としては,石原結實が目立つ。同じネタで何種類も本を出せるとは,ニセ医療本はおいしい商売である。

 トンデモさんの言うことだから,低体温は万病の元はまちがいとしていいのだろう。完全否定はできないとしても,真偽のほどはわからないということでいいだろう。

 本記事も書きかけのまま放置してしておいたところ,あの「ためしてガッテン」で,体温アップ健康法が放送された。
 血液サラサラを広めた番組ゆえ,眉に唾して見る必要がある。

 下記ページで,くわしい番組内容が公開されている。
 本放送を見る必要もないくらいだ。

大検証!体温アップで超健康の真実 : ためしてガッテン - NHK

カギを握るのは、温めると体の中で増える
熱ショックたんぱく質という物質でした。

聞き慣れない名前ですが、細胞を修理して
強化してくれる魔法の物質なんです。

 魔法の物質…?
 なにやら,トンデモ臭が。

さらに、人間の体の中では免疫力に深く関係。

 出た!トンデモキーワードの「免疫」。

人間の細胞にも熱ショックたんぱく質が存在。
温度が上がると増え、免疫力とも深い関係が
あります。ただし、あくまでも実験段階の結果で
人間の体の中で、どのくらい免疫力が上がるか
はわかっていません。また、風呂で温めたレベル
では免疫力が大きくアップする事はありません。

 入浴しても,免疫力向上はしないと。

熱ショックたんぱく質は体温が38℃くらいに
なると増えると言われています。熱ショック
たんぱく質の“修理パワー”を治療に活用するべく
臨床研究している大学病院で、体験すると
専用の機器を使って遠赤外線で温めても、38℃に
上がるまでに3~40分かかります。入浴でも
湯温によりますが、ある程度の長湯が必要です。
よかれと思って長湯しすぎると、心臓などに
負担がかかるほか、こんな危険性が考えられます。
長湯しすぎには十分注意してください。

>ある程度の長湯が必要です。

 といいながら,一方では,

>長湯しすぎには十分注意してください。

 結論として,からだに負担がかからない程度の入浴では,熱ショックたんぱく質をふやせないということである。

昨年から治療ガイドラインに掲載されるように
なった「和温療法」。慢性心不全の方を対象とする
治療法です。60℃と低めのサウナで15分間温め
て、血管を柔らかく若返らせようとするのが狙い。
血流がよくなると、血管内壁から一酸化窒素が
出て、血管の筋肉をほぐして柔らかくしてくれます。
すると、全身の血流がよくなるので慢性心不全に
よる全身症状が改善。

ただ、同じ血管若返り効果は運動でも得られます。
健康な方でしたら、鼻歌が歌えるくらいの
ウォーキングを1日30分。週3日行うと、
3週間で血管弾力が15%アップしました。

 で,結論は,ウォーキングはからだにいいと。
 熱ショックたんぱく質を持ちだすまでもないのでは?

 そもそも,体温アップすると熱ショックたんぱく質が発生して健康になるというなら,常体温は低いほうが有利なはずである。
 最初から体温が高かったら,体温アップできない。

 低体温者は,がんが発生しやすいという説があるようだが,そうなのかもしれない。
 インフルエンザにかかると,からだは体温を上げて,高熱でウイルスを殺そうとする。がんにもハイパーサーミアという温熱治療法が存在する。

 高体温者なら,インフルエンザにも,がんにもかかりにくいだろう。
 でも,常時高体温では,からだが消耗してしまう。
 がんにはかからないかもしれないが,消耗による老化で,早死にするであろう。
 火事場のバカ力は,いざというときだけしか出ない。いつもはリミッタがかかっている。いつもは低体温に保ち,ウイルスに感染したときだけ熱を出すようになっているのには,わけがあるのである。

  高熱でウイルスを殺すといっても,あまりにも高温になると,危険である。
 だから,解熱剤を使う。熱を下げるとウイルスは,なかなか死なないかもしれないが,やむをえない。トレードオフである。

 本記事の結論としても,ためしてガッテンと同じく,「ウォーキングはからだにいい」ということにしたい。
 低体温がどうたらこうたらは,特に考慮する必要はない。

« 【業務連絡】本ブログは携帯電話からの閲覧に対応していません | トップページ | 【完治をめざして】[ネタ]☆高濃度ビタミンC点滴療法 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

MOTOGENさん おっは~!
この記事を読んで、ますます気合が入ります。
今日は、高尾山に行ってきま~す!

>ハナオヤジさん

高尾山ですか。高尾山口には何度か行ったのですが,貧血メタボ老人は,高低差に弱ひ。
いまの時期はつつじでしょうか。
写真楽しみにしています。(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/51844874

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑感】低体温は万病の元?:

« 【業務連絡】本ブログは携帯電話からの閲覧に対応していません | トップページ | 【完治をめざして】[ネタ]☆高濃度ビタミンC点滴療法 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ