お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【情報】がんと闘う食事 | トップページ | 【雑感】リンパ腫の発病に関していえばそれまでの行動や生活習慣について反省すべき点はどこにもありません »

2011年5月24日 (火)

【雑感】治療は期待値

 いつもお世話になっているがん治療の虚実より

くせもの(医学)用語解説 II 「科学的根拠」①

くせもの(医学)用語解説 II 「科学的根拠」②

「科学的根拠」とは「確率」のことなのだ。
誰もが納得できる客観的方法を用いて現時点で利益が大きいと判断される「確率」が最も高い治療法が「標準治療」なのである。(逆に言えば代替療法はその「確率」が低いから標準たりえない)
もっと言い換えると治療の天気予報ともいえる。どんなに宗教を信じていても天気予報ぐらい参考にするだろうし、100%の確率ではない事は皆わかっている

 わたしは,ある治療法に対する評価は,効果×確率=期待値ですべきだと考える。
 治療法にかぎらず,すべて期待値で評価している。
 とあるサイトによると,「ジャンボ宝くじ」の平均的な期待値は0.47。100円の宝くじは47円になって戻ってくる。こんな割の合わないギャンブルはない。胴元が半分以上持って行ってしまうのだ。株やパチンコ,競艇,競輪のほうが,まだ還元率が高い。
 宝くじで100円が1億円になった購入者が存在するのは事実だが,約90%の購入者は100円が0円になる。約10%の購入者は100円が100円になって戻ってくる。高額当選者など,比率的には無視できるほど少ない。
 だから,テレビCMでいくら宣伝しても,わたしは宝くじを買わない。株やパチンコなら,研究すれば期待値を1以上にできるかもしれないが,宝くじには研究の余地もない。

 たとえニセ医療で大当たりを引き当てた患者が存在するのが事実としても,全体の期待値は1.0を下回っているはずだ。
 なら,やらないほうがいい。
 全体の期待値が1.0を越え,現在の標準医療より優れた代替医療が出てくれば,それが,いままでの方法にとってかわって標準医療となる。

 宝くじははずれても100円で済むが,ニセ医療ではずれると命を失う。ギャンブルに,命を賭けるものではない。

« 【情報】がんと闘う食事 | トップページ | 【雑感】リンパ腫の発病に関していえばそれまでの行動や生活習慣について反省すべき点はどこにもありません »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/51758710

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑感】治療は期待値:

« 【情報】がんと闘う食事 | トップページ | 【雑感】リンパ腫の発病に関していえばそれまでの行動や生活習慣について反省すべき点はどこにもありません »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ