お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の15件の記事

2010年10月31日 (日)

【生きているよ~ひまネタなう】カピバラさんストラップゲットー!!!

 1回500円のくじでG賞的中!!!

 って,A賞からG賞までなので,末等ですが。

 A賞のぬいぐるみ,ほすぃ。

一番くじ カピバラさん~トリッキュ・オア・トリート~-一番くじ

L20101031105350

2010年10月29日 (金)

【情報】続・ベンダムスチン承認キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 って,あれ?
 このあいだ承認されたんジャマイカ?

【情報】ベンダムスチン承認キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ベンダムスチンが再発又は難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫、マントル細胞リンパ腫対象に承認:日経メディカル オンライン

 エーザイは10月27日、日本でシンバイオ製薬とライセンス契約を締結している抗癌剤ベンダムスチン(商品名「トレアキシン」)が、再発又は難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫ならびにマントル細胞リンパ腫を適応症として製造販売承認を取得したと発表した。エーザイの日本における抗癌剤第一弾となる。

 このあいだのはクスリ自体に対する承認で,今回のはエーザイが製造販売することについての承認ということでしょうか。
 オトナの世界は,いろいろ,めんどくさい。

エーザイ | 企業情報-ニュースリリース

2.「トレアキシン(R)」の承認概要
製品名:    トレアキシン点滴静注用100 mg
一般名:    ベンダムスチン塩酸塩
効能・効果:    再発又は難治性の下記疾患
低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫
マントル細胞リンパ腫
用法・用量:    通常、成人には、ベンダムスチン塩酸塩として120 mg/㎡(体表面積)を1日1回1時間かけて点滴静注する。投与を2日間連日行い、19日間休薬する。これを1サイクルとして、投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

 1回1時間で済むのは,リツキサンの長時間投与に悩まされた者としては,ありがたいですね。でも,2日間連日で通院しなければならない。
 標準で何サイクルやるのだろうか?

NCI・薬剤情報 : B は行 : Bendamustine Hydrochloride (ベンダムスチン塩酸塩)のFDA承認 - 海外癌医療情報リファレンス

低悪性度NHL患者に対しては、ベンダムスチン塩酸塩は21日を1サイクルとした1日目と2日目に60分かけて点滴静注され、最大8サイクルまでとします。推奨用量は120 mg/m^(2)です。

 FDAでは,最大8サイクルとなっています。日本でも,これに準じるのではないでしょうか。

2010年10月28日 (木)

【完治をめざして】☆休眠療法

 「粘る稀なガン患者」ブログより転載した下記記事に尽きると思う。

 「粘る稀なガン患者」は本ブログと同じく,ココログ有料版である。ブログ主が死亡されたようなので,近いうちに削除されるだろう。有料ブログは悪徳業者の広告がない代わりに,料金を支払わないと削除されてしまう。あたりまえだが。
 合理的論理的な思索をつづった記事ばかりであり,もったいない話である。

粘る稀なガン患者
未承認抗ガン剤を含む化学治療により、粘りまくっている膵内分泌細胞ガン患者
より

休眠療法 -1-

2007年2月23日 (金)

日本の幽霊は足がないのにあちらこちらを動き回る。
同じように、意味をはっきりさせず、イメージのみで動き回る「言葉」が最近、とみに増えてきているような気がする。
もちろん、日常使用する言葉について、いちいち「定義」が求められてはやっていられないが、といって、大事な時の言葉が意味曖昧なものでは大変なことになりかねない。

医療では、同じ言葉をある医師が使うのと別の医師が使うのが別の意味であり、さらに、患者は異なる意味で理解するなどということになると命にかかわることもある。

そして、このような曖昧語を駆使して、意図した勘違いをさせるようにたくらむ日本語に熟達した(しかし、良心は未発達な)業者もいるらしい。

前置きはこれくらいにして、最近、気になっているのは「休眠療法」なる言葉である。
イメージはわかるが、その内容などについては、(少なくとも私にとっては)アイマイな部分が残る。

まずは、休眠療法のもととなる「考え方」は
・従来、とかく重視されてきた腫瘍の縮小ではなく、憎悪しないことを評価ポイントとし
・副作用を重視する
と理解している。
この考えには、諸手をあげて賛成したい。

その「結果」として、
・非憎悪ならば抗がん剤の投与量を少なくすることが可能であり、
・極めて副作用を少なくすることができる
とされているようである。
投与量が少なければ、副作用が比較的低くなることは事実であろう。
しかし、「非憎悪ならば抗がん剤の投与量を少なくすることが可能」はどの程度本当なのだろうか。
多くのがん患者が標準投与量(最大投与量)によっても、憎悪が抑えられなかったり、なんとか、変化なしを維持しているのが実情ではないだろうか。
もちろん、抗がん剤の投与を少なくできる人もいることは確かであろう。ただし、これが全てのがん患者にあてはまるとも思えない。「どの程度」本当なのだろうか。
また、投与量が少なければ、比較的副作用が低くなることは事実であろう。しかし、投与量が少なくとも副作用がでる可能性はあろうし、標準量の投与を受けても副作用が低い人もいるだろう。これも「どの程度」本当なのだろうか。
私自身のがんについて言えば、治験論文を見る限りでは、最大量投与しても、縮小する割合は低く、やっと変化なしというのが大勢のようであり、休眠療法の実現可能性に対しては「懐疑的」である。

さらに、休眠療法のほうが延命効果が高いという医師もいる。
どの程度、きちんとしたデーターに基づいているのだろうか。医師の主観というものと、客観的な臨床データー(統計データー)が異なるということもよくあるようである。まさか、単なるその医師の主観で言っているのではないだろうな。
私自身は、きちんとしたデーターをみたこともなく(データーがあるということを聞いたこともなく)、それが本当ならば嬉しいが、たいていの場合は世の中そんなに甘くはないと思っている。「真偽不明」ではあるものの「否定的」といえよう。

あなたの思っている「休眠療法」の内容をはっきりさせるために質問をしたい。もちろん、答えに正解はない。しかし、これによりあなたにとって「休眠療法」が何を意味しているか多少は明確になるかもしれない。
・もしも、「副作用に問題がない、ある投与量で腫瘍が減少した」場合、さらに、腫瘍の減少がみられなくなり変化なしになるまで投与量を減らすのか。あるいは、副作用に問題がなければ、腫瘍が減少するにしくはなしということで、その量を維持するのか。
・どのレベルの副作用を問題なしとするのか。例えば、主観的な副作用として、吐き気について「軽いむかつき」がある場合、投与量を減少させるか。客観的な副作用として、白血球減少は正常値を多少でも下回ったら不可とするのか、あるいは、通常まず影響がみられない(例えば、4000)程度ならばよしとするのか。
・さらに、上記のような条件(あなたなりの回答)で、実際に休眠療法が可能な患者は全体のどれくらいになると想像するか。
・そして、休眠療法のほうが延命効果が高いということは、(1)事実である、(2)仮説であるが正しそう/間違っていそう、(3)虚偽である。

あなたにとっての休眠療法のアイマイさが少なくなってくれれば幸いである。

休眠療法 -2-
2007年2月23日 (金)

休眠療法については、ある意味で、がんに効くと称する健康食品と似たところがある。
どちらも、副作用がなく(あるいは極力少なく)、がんに効くという、そうあれば良いなというものである。
もっとも、一方は「がんが完治」などということをいうことが多いのに、他方は、「がんの増大を押さえる」といっているところが異なる。また、一方は、どう見ても「業者」さんなのに対して、他方は、まっとうな医師がやっている(場合もある)。
なによりも似ているのは、標準的治療よりも優れていると主張するのに、それに見合ったデーターを示さないことである。一方は(どうみても作文としか見えない)患者の体験談(と称するもの)であり、他方は、その医師の体験談程度しか示されない。
もちろん、休眠療法では、投薬量や薬の種類を細かく変更しながら行うのであろうから、通常の治験に相当するようなデーターをまとめることは困難であることは理解できる。
しかし、例えば、患者さんのがんの種類・ステージと休眠期間といったものをまとめて示すことはできないとは思えない。
この程度のデーターでも、標準的治療と比較して、どの程度優れていそうなものか/どれくらい劣っていそうなものか(←副作用が軽微なのだから、多少劣っていても許容するという患者は多いかもしれない)ということについて、おおよその検討をつけることは可能であろう。そして、これが有望なものならば、休眠療法に挑む医師もおのずから増えてくるだろう。

休眠療法を行っている医師に梅澤先生がいる。先生は本のほか、ブログ(「現在のガン治療の功罪~抗がん剤治療と免疫治療」)で積極的に経験を発信されているのでご存じの方も多いであろう。
個人的には、熱意にあふれ、また、病院と診療所の使い分けなどといった患者負担にも配慮なさるというその姿勢には深く敬意を払う。
お目にかかったことはないが「良医」でいらっしゃるのだろうと思う。
もちろん、行っていらっしゃる休眠療法自体については、患者の希望を踏まえたものでありとやかく批評するつもりはないし、また、それだけの能力もない。さらにいえば、もととなるデーターが示されていない。

とはいうものの、ブログを読ませていただく限りでは、いくつか気にかかることがある。
はっきりと言えば、標準的抗がん剤に「感情的偏見」をお持ちのようにも思える。
「標準的に大量の抗癌剤を使って、抗癌剤という爆弾だけでガンと戦っていく治療」だとか「度重なる激しい抗癌剤爆撃」などと書かれている。さらに「現在の、人間が耐えることのできる最大耐用量の抗癌剤を使う標準的な抗癌剤治療では、それと年単位で付き合える人間はほとんど存在しません」とまでされているが、現実には、私の周囲にはその「ほとんど存在」しない方が大勢いる。
もちろん、梅澤医師にいわせれば、そのような「少数例」がいることは否定していないというであろう。
そして、自分の体験では、これは少数例だとおっしゃるだろう(そうでなくては、ブログで書かれている趣旨と違いすぎる)。しかし、先生のもとに来ている患者さんは、副作用が強く標準的抗がん剤を許容できなかった人が大多数のはずであるから、梅澤医師の体験は「偏ったもの」にすぎない。梅澤先生のもとに行っている患者よりももっと多くの患者が標準的抗がん剤を許容できる範囲の副作用で受けているのかもしれないのである。
少なくとも、梅澤医師の経験は(休眠療法を積極的に希望している患者という)限られたものであるはずである。
それにもかかわらず、このような断定的な表現(それも、読む人の「感情」を刺激するような)をとられるのは軽率ではないでしょうか。

また、標準的抗がん剤治療について「「無治療よりは○ヶ月だけ長生きできる」というご立派なエビデンス・・・標準的な抗癌剤治療に対してどれだけの患者さんが満足できるのでしょうか」とか「エビデンスどおりの治療を行い、エビデンスどおり結果に終わる。」と書かれます。しかし、これには二つの問題があります。
エビデンスというのは平均ですから、当然、これよりも結果の良い方もいます。また、効果が出なければ、ただちに、次の選択薬を試すはずです。したがって、「エビデンスどおりの結果に終わる」と断定できるわけはありません。
なによりも、私も、確かに現在の抗がん剤治療に満足はしていません。しかし、それ以上に重要なのは、よりベターなことが示されているものがないということです。
梅澤医師が、このような批判を行うからには、ご自身の休眠療法がベターなものであることを(体験談ではなく)示されることが先決のはずです。
患者が「満足していない」ことは事実です。しかし、より良い治療を示さずに、とりあえず最有力とされているものを批判するのは医師としてどうなのでしょうか。

また、胃がん手術について「先ずは、内視鏡手術が可能であるか否かを納得のいくまで調べてみることは重要だと思います。取ってしまった胃は、二度と戻りませんから・・・・
また、内視鏡手術が不可能な患者さんでも、 お腹を大きく切る手術ではなく、・・・腹腔鏡での胃切除手術」と書かれているがこれについても梅澤医師の姿勢が感じられる。
内視鏡や腹腔鏡が患者の受ける負担が少ないことはいうまでもない。しかし、その反面、開腹手術では容易に確認できる腹内の状況(某医師によれば開腹手術は最大の検査だそうだ)の確認についてはマイナスとなることも忘れてはならないはずである。
本当に早期ならば、このようなマイナスは問題とならないだろう。しかし、適用かギリギリの場合は、このようなことも含めて判断されるべきだろう(もちろん、最終判断は患者)
短期的な患者の負担軽減を重視し、総合的な患者の利益を低く思われていなければ幸いであるが。

最後に、梅澤医師は免疫を重視されており、標準的抗がん剤やその他の薬で免疫が落ちるということに反対しているように見える。例えば「白血球の減少が無い患者さんでは、ご自身の肉体が作り出しているそれは大きな力を発揮」とか、「免疫力を落としてしまったならば、抗癌剤だけでは、ガンとはとても戦えません」あるいは「免疫力を確実に落とすことが分かっているステロイドは極力使わない」などと書かれています。しかし、がん治療に対して免疫が無意味というつもりはありませんが、ここでいう免疫は、当該がんに対する特異的な免疫のはずです。そして、承知している範囲で、この特異的な免疫についてきちんと測定もできませんし、また、実際にどの程度の意味があるものかも不明なはずです。
免疫が大いに力を発揮していることを否定はできませんが、逆に、大した意味を持たないかもしれないということも否定はできにいでしょう。一言で言えば「不明」というのが正しいのではないでしょうか。
もちろん、梅澤医師がそのような考えを持たれるのは結構ですが、といって断定的にいわれるのはどうなのでしょうか。

いずれにしても、休眠療法の有効性は、まだ示されていない(肯定的にも否定的にも)というのが正解でしょう。
有効性が示されていないということを理解した上で、休眠療法にトライされるのは一つの選択です。しかし、休眠療法が「宣伝どおりの」効果があるに違いないと信じて治療を受けようとするならば(対象が「まがい物」と「可能性がある物」という大きな違いはあるにしても)がんに効くと称する健康食品を購入するのと大差はないでしょう。

ところで、休眠療法の基本的考え方(と理解している)の「がんの縮小ではなく非憎悪重視」「副作用重視」には同感です。
とはいっても、一部の抗がん剤が効きやすいがんを除けば、非憎悪重視は当然でしょうし、標準的抗がん剤治療にしろ、そうでないにしろ、ほとんどの抗がん剤治療の現場はこれによっているのではなかろうかと思います。
また、「副作用」についても、耐えられないような副作用が出ているのにこれを無視して、薬の減量や変更をしない医師は少ないでしょう。(ゼロではないのは問題ですが)
標準的抗がん剤治療にしても、効果や副作用に応じた変更というのがその前提にあるべきですし、だんだんとそのようになりつつとあるという印象を持っています。

とすれば、一昔前の「硬直した抗がん剤治療」に対する「アンチテーゼとしての休眠療法」の意味は薄くなりつつあるのではないでしょうか。
そのような理想論・感情論ではなく、データーをもってその優位性を示すことが求められているような気がします。
(いまだに、標準的抗がん剤治療=最大限の薬の量しかできない、それでいて、副作用を抑えきれない医師の存在という問題を無視してはいけませんが)

最後に、私の場合は、「がんの縮小ではなく非憎悪重視」「副作用重視」ではあるものの、それこそ最大限に近い抗がん剤により「変化なし」が維持できています。また、これまでのところ、無理なくこれにつきあえています。
やっと「変化なし」が維持できているのに、薬量を減らしてみるような「勇気」は私は持ち合わせていません。
休眠療法のいうように少ない薬量(副作用ほとんどなし)でこれが可能ならば、一つの「理想」ではありますが、といって、可能性に過ぎない(それも私の判断では、かなり可能性の低い)理想のために現実を賭けるつもりはまったくありません(少なくとも現在のところ)。

 ☆(原発性マクログロブリン血症にはあまり関係しない)
 低悪性度リンパ腫の治療では,特に休眠療法などと意識せずとも,薬効と副作用をてんびんにかけ,投与量を調節しているのがふつうと思う。休眠療法は,どっちかというと,固形がんの世界が対象かね。

>休眠療法については、ある意味で、がんに効くと称する健康食品と似たところがある。
>どちらも、副作用がなく(あるいは極力少なく)、がんに効くという、そうあれば良いなというものである。
>もっとも、一方は「がんが完治」などということをいうことが多いのに、他方は、「がんの増大を押さえる」といっているところが異なる。また、一方は、どう見ても「業者」さんなのに対して、他方は、まっとうな医師がやっている(場合もある)。
>なによりも似ているのは、標準的治療よりも優れていると主張するのに、それに見合ったデーターを示さないことである。一方は(どうみても作文としか見えない)患者の体験談(と称するもの)であり、他方は、その医師の体験談程度しか示されない。

 激しく同意。

ー-------☆の説明---------
☆ あやしい。または,原発性マクログロブリン血症には適用できなそう。
☆☆ 情報が少なく判定不能。または,有望そうだが,実用までには時間がかかりそう。
☆☆☆ 有望そう。すでに実用化されているか,あと数年で実用になりそう。今後も,継続ウオッチング。
----------------------------

2010年10月27日 (水)

【病中閑あり】2010年近場の旅・多摩川(六郷~羽田)

1.プロローグ
 「50歳からの東京散歩vol.2 水辺さんぽ」というムック本に載っていたコース。

交通新聞社 散歩の達人ムック‐50歳からの東京散歩vol.2 水辺さんぽ

 京急六郷土手駅より多摩川沿いに下流に向かい,いくつかの神社をハシゴしながら,京急穴守稲荷駅がゴール。

羽田神社-羽田の氏神様-運航安全・航空安全祈願・病気平癒

穴守稲荷神社

2.よい子は早く帰りましょう
決行日:2010年10月22日(金)
目標:多摩川(六郷~羽田)
 午後の用事のあと,京急六郷土手駅到着15時7分。
 当日の日没予想時刻は16:57。ガイドブック記載の所要時間は1時間40分だが,見学時間は含まれていないので,ゴール近くの穴守稲荷神社に着くのは日没後になりそうだ。
 晴れていれば,日没後もしばらく明るいのだが,あいにくの曇天。

《多摩川コスモス街道?》
 荒川コスモス街道は800万本だが,こちらは80本。^^;

L20101022152302

《注意と言われても》
 落石注意のたぐいやね。

L20101022152558 L20101022152700

《ポンプ所》

L20101022153132

《入ってはいけません》

 この格子からどうやってはいれというのか。

L20101022153114

《立入禁止》
 だから,どうやってはいれというのか。
 てか,なんで地球君?

L20101022153320

《河川敷はカモメの天下》

L20101022154036

L20101022154102

《六郷水門》
 レトロ。

L20101022154834

《だからどうやってはいれと?》

L20101022155438

《干潟》
 えっと,鳥たちのサンテグジュペリ?

L20101022155724

L20101022155738

《お願い多すぎ》

L20101022160112

《東のほうには雲の切れ目も》

L20101022160258

《舶来品》
 花の名所案内では,ぜったいに紹介されないセイタカアワダチソウ。
 先入観をはらって見れば,けっこう,きれい。

L20101022160324

L20101022161554

《大師橋》

L20101022162706

《羽田神社》
 お賽銭1円で,家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加を願う。

L20101022163430

L20101022164112

《羽田稲荷神社》
 羽田神社のテナントショップ。

L20101022163914

《増田稲荷神社》
 羽田神社のテナントショップ。

L20101022163946

《鈴納稲荷神社》
 羽田神社のテナントショップ。他に日枝神社というのもあったが,略。

L20101022164044

《自性院は16時閉店》
 いまどき,お寺閉店早すぎ。

L20101022164336

《水門扉》

L20101022164916

《釣り船》
 海が近い。

L20101022170230

《玉川弁財天》
 曇天なので太陽は見えないが,日没時刻を迎えたのは,玉川弁財天であった。
 賽銭箱がないので,お賽銭なしで,家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加を願う。

L20101022170350

《スタンドアローン大鳥居》
 昭和20年,米軍により,穴守稲荷神社が強制移転させられたときに大鳥居のみが残された。さらに,空港拡張のため移転してこの場所にある。

L20101022171520

《白魚稲荷神社》
 白魚?
 白魚稲荷神社があるなら,穴子稲荷神社もどこかにありそう。
 賽銭箱がないので,お賽銭なしで,家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加を願う。

L20101022172028

 道をひと筋まちがえたために,穴守稲荷神社の横を通過して,穴守稲荷駅に着いてしまった。
 少し戻って,17時40分,穴守稲荷神社到着。

《穴守稲荷神社》
 まっくらくら。
 賽銭箱がまだ出ていたので,お賽銭1円で,家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加を願う。

L20101022174734

L20101022174250

L20101022174322

《ゴォオール》

L20101022175158

 日没時刻も16時台になり,午後の用事のあとにウォーキングはさすがにむりむりになってきた。春になるまでお休みとしよう。

本日の総歩数21683
エクササイズ歩数16340
獲得エクササイズ9.6ex

2010年10月25日 (月)

【病中閑あり】2010年近場の旅・国営昭和記念公園原っぱ西花畑のコスモス(コスモス画像ギガ盛)

1.これまでのあらすじ
 コスモスの丘のコスモス400万本をなんとかクリアーしたわたしは,最終ステージの原っぱ西花畑に到着した。

2.コスモスソフトにコスモスははいっていない
決行日:2010年10月15日(土)
目標:国営昭和記念公園原っぱ西花畑

《イエローガーデン》

L20101016134624

L20101016134708

《オレンジキャンパス》

L20101016134552

L20101016134532

《クリムソンキャンパス》

L20101016135104

L20101016135306

《売店》

L20101016135422

《コスモスソフトミックス》

L20101016135520

L20101016135742_2

 バーベキューガーデン花畑は9月中旬が見ごろで,見ごろすぎだが,帰り道なので寄ってみた。
 見ごろすぎも多かったが,猛暑で見ごろが遅れたためか,まぁまぁ見られた。

《コラレットピンク》

L20101016141344

《ルベンザ》

L20101016141406

L20101016141414

《コシモパープルレッド》

L20101016141520

《なんでもあり》
L20101016141752

《キバナコスモス?》
L20101016141814

 バーベキューガーデン花畑も踏破して,あとは帰るのみである。

《花の名前がわからない》
 ピンクと白は,同一種の色違いか。

L20101016143026

L20101016143104

L20101016143040

L20101016143154

《本日の落し物》
 メガネ,メガネ…

L20101016143252

《ゴオオォール》
 14時30分,早めの生還だった。

L20101016143502

2010年10月22日 (金)

【病中閑あり】2010年近場の旅・国営昭和記念公園コスモスの丘(コスモス画像キング盛)

1.これまでのあらすじ
 原っぱ東花畑のコスモス80万本を軽くクリアーしたわたしは,第2ステージのコスモスの丘に到着した。

2.コスモスは宇宙だ!

決行日:2010年10月15日(土)
目標:国営昭和記念公園コスモスの丘

《コスモスの丘》
 ぐわゎわ~。すごす!
 公式サイトの画像である程度予想はしていたが,予想以上のコスモスパワー。

L20101016123736

L20101016123842

L20101016123916

L20101016123954

L20101016124022

L20101016124126

《花に群がる一眼レフおやじども》
L20101016124238

《べたべたと節操もなく貼り付けたコスモス画像でお楽しみください》
 多少,取捨選択はしているのですけど。^^;
L20101016124446

L20101016124506

L20101016124600

L20101016124652

L20101016124818

L20101016125102

L20101016131430

L20101016131540

L20101016131752

L20101016132022

L20101016132632

L20101016132818

《空と雲とコスモスと》

L20101016132516

 コスモスの丘滞在一時間,13時30分,最終ステージの原っぱ西花畑に向かった。

(CM入り)

2010年10月21日 (木)

【病中閑あり】2010年近場の旅・国営昭和記念公園原っぱ東花畑のコスモス(コスモス画像メガ盛)

1.プロローグ
 関東ローカルのNHKニュースの花便りコーナーで,1年に何回も登場するのが,国営昭和記念公園と国営ひたち海浜公園である。
 どちらも,広大な施設面積を持ち,季節ごとに,多種多様の花が咲く。
 埼玉県・日高市の巾着田はヒガンバナで有名だが,話題になるのは年に1回だけだもんね。

国営昭和記念公園公式ホームページ 日本を代表する国営公園 「花」「緑」イベント満載の都会のオアシス

 小松コスモス園のせまくてしょぼいコスモス畑を見て,すっかり欲求不満になってしまった。「園」と名乗るのもおこがましいほどのせまい畑に,まばらに生えているむしりとり残りのコスモス。

【病中閑あり】2010年近場の旅・小松コスモス園

 花の名所案内によると,国営昭和記念公園はコスモス400万本で,関東最大。

 太陽の丘えんがる公園コスモス園は1000万本だが,北海道は遠い。

 しかし,国営昭和記念公園には2年前にイチョウ黄葉見物に行っている。
 ついででもないかぎり一度踏破した所には二度行かないをポリシーにしていたのだが,コスモス不足解消のために,やむなく国営昭和記念公園に行くことにした。
 前回,ほとんどの園路を踏破済みなので,今回は,コスモスだけを見てくればいい。
 公式サイトによると,コスモス畑は4箇所。

(1)原っぱ東花畑
品種名
ハッピーリング
日の丸
あかつき
ベルサイユ
スーパービッキー
数量
80万本
見頃時期
9月中旬
~下旬
場所/面積
原っぱ東花畑
5,000㎡

(2)花の丘(コスモスの丘)
品種名
ドワーフセンセーションピノキオ
数量
400万本
見頃時期
10月上旬
~中旬
場所/面積
花の丘(コスモスの丘)
16,500㎡

(3)原っぱ西花畑
品種名
イエローガーデン
イエローキャンパス
オレンジキャンパス
クリムソンキャンパス
ディープレッドキャンパス
数量
70万本
見頃時期
10月中旬
~下旬
場所/面積
原っぱ西花畑
5,800㎡

(4)バーベキューガーデン花畑
品種名
クレオメ
数量
3万
見頃時期
9月中旬
場所/面積
バーベキューガーデン花畑
2,000㎡

 品種によって見ごろは違えど,全体的には10月中旬が見ごろのよう。
 10月中旬に行くことにした。

2.花言葉は少女の純真
決行日:2010年10月15日(土)
目標:国営昭和記念公園
 翌日は無料開放日であるが,無料目当てのDQNが殺到するだろう。たかが400円であるが,10人家族なら4000円の差になる。
 あえて有料日に行くのが,プロ。なんの?

 10時ちょうど,西立川駅到着。

《人多すぎ》
 なんなんだ。朝っぱらから,この人出は!
 翌日は無料開放日というのに。

L20101016101208

《公園の中で駅伝予選会》
 公園の中を走り回らないでほしい。

L20101016101242

《水鳥の池》
 水鳥はいなくて,水鳥型のボートが走っているだけでした。

L20101016101818

《見上げれば》

L20101016101754

《一本釣り》
 さかなが大きすぎて,引き上げはむりだろう。

L20101016101924

L20101016101914

《イチョウ並木》
 ちょっと寄り道になるが,2年前に見たイチョウがどんなになっているか,見に行った。
 わずかに黄色味がはいっているという感じであった。

L20101016103552

L20101016103612

《山野草展》
L20101016105656

 野草も盆栽の対象になるのか~。
 なにか,そこらへんに生えている雑草を抜いてきてはちに植えただけのような。いや,気のせいだろう。

L20101016105112

《みんなの原っぱ》
 なにやら,人だかり。

L20101016110158

 駅伝関係者でした。

L20101016110218

《シオン》
 キク科。

L20101016110502

《スズメバチ注意報》

L20101016110934

《中央売店》
 八王子ラーメンをたべたかったが,待ち行列ができているので断念。他の店も同様。

L20101016111224

L20101016111402

L20101016111454

《くまさんのカステラ》
 「森のくまさん」の歌に合わせて,くまさんがからだをゆすっていた。(^(Ξ)^)

 ♪ある日人里で 猟友会に 出会った><

L20101016111306

《原っぱ東花畑》

 す,すげぇ~。広いだけでなく,コスモス密度も高い。
 ここは,見ごろが9月中旬~下旬なので,期待はしていなかったのだが,いまが満開だ。やはり,猛暑のため,見ごろが遅れているのだろう。
 しかし,これは,コスモスの丘400万本の前菜にすぎないのだ。
 前菜だけでおなかいっぱいていう感じ?

L20101016112000_2

L20101016112234

《スーパービッキー(ミックス)》

L20101016111918

L20101016111942

L20101016112156

L20101016112622

L20101016112904

L20101016113326

L20101016113634

《あかつき》

L20101016112804

《日の丸》

L20101016113038

L20101016112948

《ハッピーリング》
 この品種は見ごろ過ぎ。ほとんどの花が,しおれている。

L20101016114402

《日本庭園》
 ついでなので,2年前にも行った日本庭園に行く。
 本日の出し物は盆栽苑。2年前と同じ。
 と思ったら,盆栽苑は常設でした。

L20101016115710

《蝦夷松》
 おそ松,カラ松,チョロ松,一松,十四松,トド松。

L20101016120506

《真柏》
 もうね,屈折しまくり。

L20101016120548

《空と雲と池》

L20101016120844

《賞味期限10月14日23時》
 藤棚のような場所があったので,昼飯にすることにした。
 前日夜,スーパーで20%引きで買った大納言赤飯。
 室温放置でも,よゆうだな。( ̄ー ̄)

L20101016121534

《アリさんは働き者》
 おつまみにはいっているような小さな煮干を運んでいた。小さな煮干とはいえ,アリの何倍もの大きさがある。

L20101016121832

 日本庭園を出て,コスモスの丘に向かう。

《秋の七草》
 6~10月に開花って,6月は秋ではないと思う。

L20101016123242

 12時30分,コスモスの丘到着。
 そこで,わたしが目にしたものとは!

(CM入り)

2010年10月15日 (金)

【生きているよ~ひまネタなう】雨が空から降れば

オモイデは地面にしみこむ(JASRAC未承認)

おこわ弁当(神奈川エリア限定)》

おこわ弁当(神奈川エリア限定)

 崎陽軒

秋季限定おこわは「豆・栗おこわ」と「鮭おこわ」です。

     豆・栗おこわ、鮭おこわ、メカジキの照り煮、南瓜の天ぷら、煮物(蓮根、人参)、玉子焼き、昔ながらのシウマイ、青かっぱ

L20101014185600_2

L20101014185636

2010年10月14日 (木)

【生きているよ~ひまネタなう】雨の降る日は天気が悪い

 それもそのはず,雨が降るから。

《かながわ味わい弁当》

かながわ味わい弁当

 崎陽軒

     マグロカツ(三崎港)、ワカサギフライ(芦ノ湖)、がんも(大山豆腐)、蒲鉾(小田原)、しらす(湘南)、足柄茶饅頭(足柄)、梅干(小田原)、シウマイ(横浜)、煮物(人参)、筍煮、玉子焼き、菜の花漬け

 がんもの由来がわからなかった。

L20101014185326

L20101014185426

2010年10月13日 (水)

【情報】免疫療法や健康食品には今のところほとんど期待できません。かえって有害である可能性を否定できません(ある程度確立された標準的治療法ですら有害である可能性はあるのですが、いわゆる健康食品の殆どはそれすら検討されていません)。

「癌掲示板」の投稿より

 個人運営の掲示板ゆえ,いつ消えるかわからないので,転載しておきます。
 なお,この投稿の存在は,「粘る稀なガン患者」で知ったのですが,ブログ主は2010年9月6日の記事を最後にお亡くなりになられたようです。ご冥福をお祈りします。

免疫療法や健康食品には今のところほとんど期待できません。かえって有害である可能性を否定できません(ある程度確立された標準的治療法ですら有害である可能性はあるのですが、いわゆる健康食品の殆どはそれすら検討されていません)。ただし、心の支えになるという面はありますから、我々の病院では以下のような点に気をつけるようにアドバイスしています。

ア) 自分に良さそうだと思えること
「こんなもの効くわけない」と思っているものを摂ったり、そういう治療を受けたりするのは苦痛ですらあります。せめて、良さそうなことをしているという安心感は欠かせません。
あなた自身が色々な情報を見聞きしたり、ご親戚やお友達がいろいろとあなたにお勧めしたりすることもあるでしょう。しかし、あなたの隣の患者さん、お友達がご存知の患者さんの状況はあなたと決して同じではありません。ある患者さんに良かったことが、あなたにも良いとは限らないのです。
そういう情報にあまり振り回されないようにしましょう。

イ) 実際に試してみて不都合が起きないこと
原料が天然物だから副作用がまったくないということはありえません。トリカブトのような天然の毒物もあります。通常の食べ物ですら、例えば脂肪や食塩を取り過ぎれば体に良くないのはご存知でしょう。何らかの働きを体に及ぼすような物、治療法には必ず何がしかの副作用がありえます。副作用が全くないなどと断言できる方法は、体に何の働きもしないでしょう。薬は副作用についても人体で検証されています。薬による利益が、副作用の危険性・可能性を上回ると判断されるために、薬として認められ、使われているのです。いわゆる民間療法では、そのような検証がなされていませんから、どんな副作用が出るか分かりません。いわゆる機能性食品を食べて調子が悪くなり、命を落としかけたケースも報告されています。調子が悪くなってしまったら、その方法は止めて担当の医師にご相談ください。調子が悪くなることを「好転反応」などと称して良いことであるかのように装っている場合もありますが、一般の方には副作用と病気の進行を区別できないこともありますから、やはり担当の医師にご相談いただいた方が良いでしょう。

ウ) 無理のない値段のものであること
「こんなに払って」という苦痛があっては逆効果です。このくらいの金額なら自分のために払っても良いかなと思える程度に留めましょう。たいていの健康食品の原価は驚異的に安いものです。むしろ、「異様に高い」という感じのするものは、たいがい詐欺まがいと思ってまず間違いありません。

エ) こうすれば絶対に大丈夫とか、どんな状態でもOKというような売り込みがされているものは避けること
生命の世界に「絶対に」とか「なんでも」とかいうことはほとんどありません。特に、ある治療が絶対的に正しいとか、どんな状態にも効くということはありえないと言って過言ではありません。「絶対に」とか、「どんな状況でも」とかいうのは、まず詐欺や口車です。

オ) 過度の期待はしないこと
「絶対に治る魔法の薬」などと期待をかけていますと、効果がなかったときにあなたもご家族もがっかりします。「たくさんのお金を使って、こんなにたくさんの機能性食品を食べても全然良くならない。悲しいです。なぜでしょう。これだけ食べたら絶対よくなるはずなのに…」という嘆きを耳にすることがたまにあります。「元気が出る方法」くらいに考えておかれた方がよろしいでしょう。

カ) 「食品」を無理して食べ、本来の食事に影響しないこと
いわゆる機能性食品の解説書には、病気の場合には健康維持の際の2倍から30倍もの量を摂るようになどと書かれていることがあります。しかし、これらの「食品」の中には味が極端に悪いものも多く、計画どおり食べようとすると、それだけでおなかが一杯になってしまったり、味のひどさに食欲が落ちて、本来のふつうの食事が摂れなくなったりということになりかねません。これでは本末転倒です。
ご家族も「この薬を飲まないと治らないのよ! なんで食べてくれないの。おいしくなくってもこれを食べれば治るのよ!」などと言って、ご本人との関係を損なうのはうまくありません。無理をせず、量を減らすなり、食べやすい食品に変えるなり、食べやすい方法を考えることが必要です。

キ) 担当の医師にお知らせください
いわゆる民間療法をやっていると医師の機嫌を損ねるなどと考えて、担当の医師に黙って色々な民間療法を行う方もいらっしゃるようです。しかし、民間療法の方法によっては標準的な治療を行う上で差し障りがある場合もあります。また、かえって体調を損なう場合もあります。医師には必ずお知らせください。

>しかし、あなたの隣の患者さん、お友達がご存知の患者さんの状況はあなたと決して同じではありません。ある患者さんに良かったことが、あなたにも良いとは限らないのです。
そういう情報にあまり振り回されないようにしましょう。

 これは大事ですね。病気それぞれ,病状それぞれ,体質それぞれですので。
 AさんによかったことがBさんにいいともかぎらない。むしろ,逆に害になることもある。
 断食道場で健康になったAさんが,拒食症のBさんに断食を勧めると?

2010年10月12日 (火)

【病中閑あり】2010年近場の旅・小松コスモス園

1.プロローグ
 コスモスを見に行きたいけど,花の名所案内で紹介されている所で近場は踏破済みであった。

小松コスモス園 : 花の名所 : 自然・文化を観る | 相模原市観光協会公式ホームページ

 小松地区の休耕田の活用を目的に作られました。5月に種を蒔き、秋に開花したコスモスは、澄んだ空の下で、つつましくも鮮やかに咲き誇ります。
 開花シーズンには、「コスモス祭り」が開かれ、コスモスの摘み取り(有料)や特産品、地野菜や軽食の販売、祭り囃子を楽しむ人々でにぎわいます。

 「つつましいけど鮮やか」という状況が想像できないけど,それは置いといて。

小松コスモスまつり : 10月 : イベント情報 | 相模原市観光協会公式ホームページ

 平成12年度からスタート。遊休農地を活用した30万株にも及ぶコスモス畑を舞台にした祭りです。
 開催当日は、地元の特産物・地野菜、各種軽食などが販売され、コスモスの摘み取り(有料)も行われています。
 涼やかな秋空の下、一面に咲きそろうコスモスを観ようと訪れる人々で毎年にぎわっています。

 国営昭和記念公園の400万本,横須賀くりはま花の国の100万本に比べれば少ないが,どちらも踏破済みだしな。
 小松コスモスまつりは10月2日3日だが,もちろん,祭りを避けるのが,プロ。
 なんの?

城山観光協会

2.♪淡紅の秋桜が秋の日の 何気ない陽溜まりに揺れている 此頃
決行日:2010年10月6日(水)
目標:小松コスモス園
 コスモスまつりのイベントに有料摘み取りがあり,祭りのあとは丸裸ではないかと危惧された。
 しかし,城山観光協会サイトには,「①コスモス花摘み(一人300円) 10月2日~10月17日まで」とあるので,すべて摘み取ってしまうのではないようだ。
 バスで「城山総合事務所入口」で下車。どこにも,案内板が見当たらない。
 Webにあったいいかげんな地図によると,まっすぐ北に行けばいいはずだが,不安である。
 バス停近くに交番があったのではいってみると,おばちゃんが案内図をくれてていねいに対応してくれた。案内図はかたくりの里用だが,コスモス園は,かたくりの里のすぐそばである。

《川尻八幡宮》
 なにやら由緒ありげな建物。
 お賽銭1円で,家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加を願う。

L20101006132010

L20101006132348

《築250年》

L20101006132634

《県道すぐ横》

L20101006133642

L20101006133848

L20101006134206

 しょぼい,しょぼすぎる。
 休耕地3区画分に,まばらに生えるコスモス。
 「つつましいけど鮮やか」ではなくて,「しょぼくてまばら」である。

 これで30万本は,うそだろう。
 横須賀くりはま花の国なぞは,山の斜面全面使って100万本だもんな。

 さすが,花の名所案内で紹介していないだけのことはある。

《接写コスモス》

L20101006133714

L20101006133806

L20101006135002

《ウインクかかし》

L20101006134700

《平日のまっぴるまからコスモス見物する暇人ども》

L20101006134016

L20101006134426

《平日のまっぴるまからコスモスをむしりとる暇人ども》
 鬼の形相でむしりとっていったら,17日までもちません。くりはま花の国のように,最終日にのみ,摘み取りOKにするのがいいのジャマイカ。
 せまい区画でも植栽密度が高ければ,まぁまぁ見られるのだが,よってたかってむしりとっていくので,スカスカな印象を受ける。
 やはり野に置け蓮華草。とるのは写真だけにしたいですね。

L20101006134544

L20101006134810

《第3区画》
 この区画には,だれもいなかった。
 他の区画を伐採しつくしたあとに使うのであろうか。

L20101006135514

《予定変更》
 橋本駅からバスで15分,さらに徒歩で20分,わざわざニッポンの最深奥部にまでやってきたというのに,このまま帰るというのも業腹だ。
 交番でもらった地図を頼りに,ハイキングコースで城山湖まで行ってみることにした。所要40分とある。
 城山湖から,さらに60分で津久井湖に行けるようだが,日没時刻を考えるとむりだろう。

L20101006135202

《寶宝寺》
 賽銭箱がなかったので,お祈りは省略。

L20101006140616

《城山湖ハイキングコース入口》
 こ,これは…。
 このコースを行ってだいじょうぶなのであろうか。

L20101006141112

《いきなりの原生林》

L20101006141138

《小松城跡》
 跡だけに,立て札以外にはなにもない。

L20101006142130

 小松城跡に至る道は急勾配であったが,その後は,ほどほどの登り道であった。とはいえ,ヘモグロビン8.5の中期高齢者は,途中で何度か休憩せずにはいられなかった。

《ヒノキ林》
 4月になると,こいつらに悩ませられる。ぜんぶ,伐採しちゃってください。

L20101006142540

《貧血老人殺しの金毘羅神社参道》

 ハイキングコース入口より40分,金毘羅神社参道までやってきた。金毘羅神社を過ぎれば城山湖はすぐのはず。
 推定斜度45度。
 両手で手すりにつかまって,やっと,からだを持ち上げた。
 これほど急な石段は,記憶にない。
 讃岐の本家金毘羅神社に行ったことがあるが,これほどではなかった。距離は長かったけど。

L20101006145318

《金毘羅神社》
 金毘羅様といえば航海安全の神様,なんで,こんな山奥に?と思ったのだが,表札によると,このあたりの住民が讃岐の元締めに行って勧請したとのこと。
 賽銭箱がなかったので,お賽銭なしで,家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加を願う。

L20101006150548

《金毘羅神社境内より,はるか下界を眺めるの図》

L20101006145718

《本沢ダム》
 城山湖というのは芸名,本名は本沢ダム。人造湖である。

L20101006151304

《であいの広場》
 であいは,なかった。><

L20101006151504

《横濱オムライス》
 であいの広場のベンチで,湖を眺めながら,駅弁を食う。
 当初はコスモス園でたべるつもりだったが,とても,そんな場所でなかった。
 ハイキングコース途中に,何箇所かベンチもあったが,ここまで来たのなら,湖を眺めながらたべたいと思い,がまんした。

 JR東海パッセンジャーズ製。750円。

L20101006151640

《ケチャップは自分でかける式》
 う~ん。ごはんがチキンライスでなく,具なしのケチャップライスなんだよね。残念。
 と思ったら,原材料表示には,「鶏挽肉,玉ねぎ」とあった。
 細かすぎて伝わらない。
 ほかのおかずを省いてもいいから,鶏肉はかたまりを使って欲しい。

L20101006151750

《ヘビ・ハチ注意》
 コンボの注意書きは,はじめて見た。

L20101006153750

《上下対称》

L20101006153916

《湖畔のすすき》

L20101006154204

L20101006154318

《気になる》
 「湖側」はあとから,修正してある。
 こういうの,修正前はなにが書いてあったのか気になりませんか?
 気にならない?あっそう。

L20101006154400

《雲のあいまから日が射していい感じ》
 なのだが,コンデジでは微妙なニュアンスを映しとれない。

L20101006154500

 来た道を引き返す。

《ゴォオオール》
16:39入山より2時間半,奇跡の生還を果たした。

L20101006164430

《ニッポンの秋》

L20101006164902

《ごちゃごちゃした案内板》

L20101006165228

《花泥棒をかかしが監視中》
 日没近いコスモス園には,ひとっこひとりいなかった。

L20101006170018

L20101006170104

L20101006170252

《彼岸をすぎてもヒガンバナ》

L20101006170350

本日の総歩数

27676

エクササイズ歩数

18469

獲得エクササイズ値

10.5ex

2010年10月 8日 (金)

【情報】ベンダムスチン承認キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

がんばりません~悪性リンパ腫 寛解後のぐーたら生活~で知りました。
 八代さん,いつもありがとうございます。<m(__)m>

シンバイオ製薬株式会社

2010/10/4NEW
【ニュースフラッシュ】
10月1日に行われた厚労省薬事分科会において、SyB L-0501(一般名:ベンダムスチン塩酸塩)の製造販売承認が了承されました。

 今回は,再発・難治性の低悪性度B細胞型非ホジキンリンパ腫に限っての承認ですが,中高悪性度非ホジキンリンパ腫の第Ⅱ相臨床試験,未治療の多発性骨髄腫を対象とする第Ⅱ相臨床試験を,国内で治験中ですので,将来的には適用範囲が広がるかもしれません。
 あとは薬価ですが,低悪性度B細胞型非ホジキンリンパ腫群全般に適用されるものなので,ほどほどの価格になってほしい。
 まぁ,だらだらと使うものではないので,CHOP程度になればいいのですが。

2010年10月 7日 (木)

【治療経過】2010年10月

<前回までのあらすじ>(Previously on WM)
----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症=リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬
-----------------------------------
 ヘモグロビンは,じわりじわりと低下しています。IgMはじわりじわりと増加しています。
 次回11月では6000越えだな。ベンダムスチンまでのつなぎに,CPかMPにするか。
 2月から休薬して9ヶ月,よくもったものだと思います。

処方:のど皮一枚で休薬継続。

<血液検査結果抜粋>

Chart20101006

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>
を参照ください。

《キンモクセイ》
 キンモクセイというと,香りは強いが花はしょぼいというイメージがありますが,生垣になっていると,けっこう,目立ちます。
 花の香りというのは,虫を呼ぶためのものなのでしょうか?
 あえて,ググらない。

L20101006110926

L20101006110950

L20101006111012

2010年10月 6日 (水)

【情報】5分で伝授できる「ニセ科学」対策

技術系サラリーマンの交差点より

5分で伝授できる「ニセ科学」対策

1.それが本当なら教科書に載る。
2.お上はとりあえず信用しておけ。
3.自分だけ得しよう、優れよう、助かろうと思うな。

■ それが本当なら教科書に載る

科学研究に携わる人には常識になっていることが、意外に世間に知られていない。
・学会発表は学会費さえ払えば誰にでもできる。「○○学会で発表した」は全く権威付けにならない。
・論文誌は厳しい審査付きのものから業界の宣伝誌のようなものまである。
・健康や安全や科学の根本原理に関わる重要な事実なら
 多数の論文 → 総説 → 新聞・専門書 → 教科書・一般書
 の経路で常識化する。
 革新的な内容なのにこの経路をたどっていない情報は、革新的であればあるほど眉唾である。

 フコイダン,玄米菜食,温泉,○山ワクチン,etc

 それがほんとうなら,医学界で話題になっている。
 一万人にひとりの成功例でなく,十人にひとりの成功例を出せば,大ニュースだろう。

■ お上はとりあえず信用しておけ

「お上を信用しないのが賢くてカッコよい態度」と思われがちだが、私はとりあえず信用するようにしている。たとえば健康維持に対して何らかの効果をうたう食品であれば、「トクホ(特定保健用食品)」の認可を受けているか否かを目安にする。
お上がお墨付きをくれる仕組みがあるにもかかわらず認可を受けていない製品には、効果を主張できるだけのデータがないのだろう・・・と考える。

「お上は今までに数々の間違いをおかしたではないか」との意見もある。
しかし、お上は税金を使って専門家を雇って審議している。頭から信用しないよりは、少しでも信頼性が向上するよう注目しておくほうが公的資源の有効利用というものではないか。

 「お上を信用しないのが賢くてカッコよい態度」と思っているやつが,いちばんかっこわるい。
 そりゃ,まちがいもあるが,まちがいを責めたてては,減点主義に陥ってしまう。
 減点主義は,隠蔽体質を作り出す。過去の薬害では,早期に発表していれば被害者を少なくできたものが多い。まちがいを責めたてるのではなく,ミスを隠す体質を責めたてるべきである。
 時間をかければ,まちがいを少なくできる。だからといって,新薬承認に時間がかかるのも困る。
 「わたしたちには時間がないのよ!」(解散発表後,バラエティ番組に出演したキャンディーズの決めゼリフ)。

■ 自分だけ得しよう、優れよう、助かろうと思うな

論文誌の格付けなどわからない一般人には、ニセ科学とまともな科学の区別は難しい。疑わしいものであっても、本当に革新的な知識で「教科書」や「お上のお墨付き」に至る前段階なのかもしれない。

しかし、こういう段階で手を出す裏には「少しでも得をしたい」「人より高い能力を身につけたい」「自分は助かりたい」という気持ちが働いていないか。
別に焦らなくても、世間の歩みにそろえればいいじゃないの。

 別にあせらなくても,ふつうの医療を受ければいいじゃないの。

 自分だけ得しようというのは,みんなが通る整備されている登山道を避けて,けものみちに迷い込むようなものである。
 「山に登る道はひとつではない」という。
 勾配が急な道,なだらかな道,…
 短いが急な道を選ぶか,なだらかだが長い道を選ぶしかない。
 仮になだらかで短く見える道があったとしても,その道を行っても頂上には到達できないだろう。
 到達できないだけならまだしも,早くひきかえさないと,遭難する。

 みんなが,副作用に苦しみながら治療を受けているのは,副作用以上の効果が得られるからである。自分だけ得しようと思うから,副作用がないかわりに効果もないニセ医療にはまる。

 自分だけ得しようという利己主義者には,ニセ医療を受けたがために,通常の医療を受けられず病気が悪化するという大きな副作用が待っている。

2010年10月 5日 (火)

【情報】肉,野菜,野菜,肉,野菜,野菜,…

疫学批評より

疫学批評:癌の食事療法-なにが分かっているか、どうすればいいか。

2009年06月10日付けの記事。

1 科学的に確認された食事療法はあるか

結論から言うと、「がんの再発率・生存率・死亡率を改善することが、科学的に十分確認された食事療法」は、筆者の知る限りまだ存在しません。ここで「科学的に十分確認された」とは、「複数の大規模なランダム化比較試験(注2)で有効性が示された」という意味です。

 マクロビ教信者涙目。m9(^Д^)プギャー

 まぁ,あたりまえのことですが。
 そういえば,「がんが消える食事」というような直截的なタイトルの本を,本屋のニセ医療本コーナーで見かけたことがある。
 そんな食事療法があるなら,国立がん研究センターは,調理師を雇わなければいけませんな。冗談ではなく。
 病院には,マクロビ科,ゲルソン科,玄米菜食科なんてのができたりして。
 んなわきゃない!(byタモリ)

 

論文は、通常の治療の替わりに行う、がんの「一次的治療」としてのこれらの食事療法の有効性と安全性に疑問を投げかけ、同協会としては「栄養によるがんの治癒」を避けるべきことを勧めています。一例として、ゲルソン療法については、有効性を示した適切な文献が存在しない一方、電解質バランスの失調で死亡に至った副作用の報告に言及しています。

 ゲルソン教信者涙目。m9(^Д^)プギャー

 食事療法で早死にというのは,あちこちでよく聞く話である。
 アンバランスな食事がからだによくないことは自明の理だと思うのだが。

がん体験者の方々にとって、食事が再発率や生存率を改善するかどうかは、もちろん大切な問題です。しかし、食事はそれだけのものではありません。日々の暮らしの柱であり、季節の恵みを感じ、人と交わり喜びを分かち合うきっかけにもなるものでしょう。

そうした、生きる営みとしての食生活全体を考える一部として、治療法としての食事についても考えることが重要なのではないかと思います。そう考えると、極端な制限を要求する治療法や、高価な商品などは、避けた方が賢明でしょう。

 極端な制限を要求する治療法は,単に食の楽しみを奪われるだけでなく,必須栄養素が欠乏する危険がある。

どらねこ日誌より

どらねこ日誌: 極端な食事療法の危険性や不安な事などその①

どらねこ日誌: 極端な食事療法の危険性や不安な事などその②

 食生活を見直そうと考える切っ掛けは人それぞれ。転ばぬ先の・・・なら良いんだけど、大抵はちょっと遅かったね、が多いと思います。
体調がある程度回復して、「これからは食生活を改善するぞ~!」
 うん、此処までは問題ないです。
 多様な食品を必要な分だけなるべく決まった時間に口にする、となれば良いのですが、今までの反動なのでしょう、極端にヒドイ食生活から極端に健康を追求した食生活に移行する人を目にします。実際にその人の体にあった食事内容で、苦痛を感じないのであれば良いのですが、『○○は体に悪いから食べちゃダメ』とか、『△△は抗酸化作用にアンチエイジングの為にたくさん食べましょう』みたいなものに嵌ってしまう人がいるのですね。

 肉ばかりというアンバランスな食事をしていた者が病気を機に食生活を改善する。それはいいのだが,バランスのとれた食事をすっとばして,肉断ちしてしまう。
 肉がいけないのではなくて,アンバランスな食事がいけないのだ。

 人間はライオンでもカイコでもないのだから,シマウマや桑の葉だけを食べては生きていけない。
 ホモサピエンスの親戚のサルだって,菜食主義者ではない。昆虫,小動物を常食している。チンパンジーなぞは,小型のサルやレイヨウ類を集団で狩猟する。
 菜食オンリーも,肉食オンリー同様,まちがいである。

 過ぎたるは及ばざるが如し。

欠乏症
 極端な食事療法で一番心配なのは、欠乏症。直ぐに体調不良のような結果が現れてくるのなら、簡単に気がつけるのだけど、中には数年後に突然・・・なんて事もあり得るので厄介なのです。
 典型的な例は、ビタミンB12の欠乏症。
 ビタミンB12は赤血球の正常な合成に必要なメチオニンシンターゼの補酵素として働いているビタミンです。なので、欠乏すると、悪性貧血という正常赤血球が十分につくれない型の貧血を発症します。でも、この欠乏症はビタミンB12を殆ど含まない食事をしていても直ぐには発症しないのです、それはなぜなのでしょうか。
 ビタミンB12の欠乏症がなかなか現れない理由は、体内に十分量が貯蔵されていることと、その取り崩しが極めて少ないことが関係しております。教科書レベルの記述では一般に成人で体内に 5000 μg程貯蔵されているとされますが、平均的なビタミンB12必要量は1日当たりだいたい 1 μg程と推測されております。欠乏症が現れるには貯蔵量が1割程度になる頃と考えられますので、10年以上経ってから欠乏症が現れる事が考えられます。
 ビタミンB12欠乏は胃切除を行った方や胃液分泌の悪い人によく見られます。これは、ビタミンB12の吸収には胃の壁細胞から分泌される内因子と食物由来のビタミンB12が結合しているたんぱく質から分離される為に、胃酸やタンパク質分解酵素の働きが必要だからです。胃の全摘出を行った人ではビタミンB12が吸収や再吸収できない事で、ビタミンB12欠乏食を食べている人に比べて、より速やかに症状が現れるとされる所以です。早ければ数年後に発症することが知られております。
 ビタミンB12は動物性食品に豊富に含まれる一方、植物性の食品には殆ど含まれていないという特徴を持ちます。例外としては海藻類に多く含まれる事が知られておりますが、その多くは不活性型であるとされ、ビタミンB12改善に寄与するかどうか今のところ定かではありません。
 ですので、極端に肉を嫌う食事をしている人では、初めのうちは健康に悪影響がなんら見られない、そればかりではなく、充実感から主観的健康度は高まるかも知れませんが、10年単位で見たときにはもしかしたら、ビタミンB12欠乏が心配されるかも知れません。又、大人と違い、子供ではその貯蔵が十分でないことも予想されますので、大人と同じような食生活を強いる事はたいへん危険なこととどらねこは考えます。

 ビタミンで万病予防はできませんが、知識で回避可能な病気は沢山あります。
 子供と貴方の健康を守るのは、偏りのない食事と知識であると思います。

 とはいえ,肉はおいしいので,つい,たべすぎてしまう。
 こどものころ,すき焼きを食べるときに,肉ばっかりたべてはいけませんと,教育を受けなかっただろうか。

 わたしも,肉をたべすぎないよう,「肉,野菜,野菜,肉,野菜,野菜」のローテーションですき焼きを食べている。

 肉,野菜,野菜,肉,野菜,野菜,肉,野菜,野菜,肉,肉,野菜,肉,肉,野菜,肉,肉,肉,…(^_^;)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ