お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の9件の記事

2010年9月27日 (月)

【業務連絡】ライフボートのサイトで「血液の病気を診ている病院」リストが公開されました。

 ライフボートのサイトに「血液の病気を診ている病院」リストが掲載されましたので,お知らせします。

ライフボート - 市民に医学知識を
より

(1)血液の病気を診ている病院

 「2010年6月に各病院のウェブサイトで調べました。」だそうです。たいへんな作業だったと思います。ご苦労様です。<m(__)m>

 類似のものとしては,

(2)血液・リンパのがんの治療を行っているがん診療連携拠点病院

(3)グループ・ネクサス医療機関リス

が,あります。

 数えていないので断言はできませんが,掲載数は
(1)>(2)>(3)
と思われます。

 血液学会の研修施設以外の血液の病気を診ている病院は,なかなか見つけにくいので,このリストは貴重です。
 そりゃ,できれば研修施設指定のところにかかりたいのですが,遠かったり混雑していたりだと,体力のない患者には負担です。

2010年9月25日 (土)

【情報】現代科学を否定する人へ

妄想科學日報より

現代科学を否定する人へ

現代科学を否定する人へ

「我々の主張を認めない科学は間違っている」ニセ科学批判など行なっていると頻繁に目にする決まり文句である。代替医療で、陰謀論で、古代文明で、宗教で。私たちが淡々と「それは事実に反する」と告げると、君たちは決まってそう言う:「科学の方が間違っているのだ」と。

君たちには科学を根底から覆すだけの覚悟があるのか。

科学とは「確認された事実の積み重ね」である。いや、先端分野では検証の済んでいない仮説も含むから100%事実のみで構成されているわけではないが、それらも事実の上に成り立っているものであり、事実とその延長線上だけで構成されているとは言える。

従って、科学を否定するということは世界を否定することに他ならない。恐らく君たちの脳内では自らの信ずる何かと世界が矛盾なく共存し合えると思っているのだろうが、その何かが科学を否定するものである限り、それは有り得ない。

例えばホメオパシー。「病と同種の症状を引き起こす毒」で治療が可能かどうかはさておき、薬効成分が1分子たりとも含まれぬまでに希釈した只の水で治療できるわけがない。「水に波動が転写されて」とかなんとか説明しているようだが、波動の転写などという現象が本当に確認されたら、今まで積み上げてきた素粒子物理学は 1から出直しである。これは学術の1分野が間違っていたなどという生易しいものではない:科学とは互いに関連し補強し合う一個の巨大な集合体であり、その 1分野が消失するということは関連分野を中心にこれまで確かめられてきた事実のすべてが嘘だったことになるということなのだ。

だからどうした、と君は言うかも知れない。それはあまりに事態を理解できていない発言だ。現代社会のすべては物理学の上に成立している。例えば相対性理論が間違っていればGPSは機能せず、日頃便利に使われているカーナビなんてものもない。そもそもPCのCPU設計ですら、相対性理論とは無縁でいられないのだ。君がこれを読んでいるPCや携帯も存在しなくなる。あるいは200年ほど積み上げられてきた現代医学が否定されるということは助かった筈の患者が助からなくなるということであり、それは君に連なる血統のどこかで早過ぎた死が訪れている可能性が非常に高く、君も私もこの世界に存在しなかっただろうということになる。もっと言えば、素粒子の振舞いが否定されるということは地球の、いやこの宇宙の存在そのものが全く異なった形になるということだ。

科学の否定というのは、それほどに重い。「現代社会+未知の存在」などという世界はどこにもなく、「ニセ科学を拒絶した現代世界か、ニセ科学の根拠とする謎の理論体系に基づく別の宇宙か」という二択しかないのだ。

君には、この宇宙を否定するだけの覚悟があるか。

 医療分野に限定すれば,「現代医学を否定する人へ」と読み替えてもいいかもしれない。

 う~ん,付け加えることはなにもない。省略できるところもない。
 それでは,ただの全文転載になってしまう。(;^_^A アセアセ…

 ブログはゲーム関連の記事主体だが,あいだに,キラリと光るニセ科学関連記事があるので,一度,訪問してみてください。

2010年9月24日 (金)

【情報技術利用編】Flexible Renamer

Flexible Renamer

 ファイル名一括変換ツール。

 わたしは,おもに,デジカメのjpegファイルのファイル名変換に使っている。

 わたしのLUMIXでは,ファイル名が,こんなふうに付く。

P1020827.JPG
P1020828.JPG
P1020829.JPG
P1020830.JPG
 ・
 ・
 ・

 Pは,たぶん,PanasonicのPなのだろう。数字部分は連番なので,ファイル名を見てもなんのファイルかわからない。
 "2011年貧血老人徘徊記・上野恩賜公園不忍池のハス"なんてフォルダー作って,分類する手もあるが,それもめんどい。
 そこで,Flexible Renamerを使って,ファイル名をこんなふうに変換している。

P1020827.JPG→L20100908125116.JPG

 LはLUMIXのLである。
 上記ファイル名は,LUMIXで2010年09月08日12時51分16秒に撮影した画像ファイルという意味である。秒まで入れるとファイル名が長くなるが,1分間に複数毎撮影することもあるので,やむをえない。

 撮影日時がわかれば,だいたい内容が推測できる。そうそう,見直すものではないので,これでじゅうぶんである。

 なお,デジカメ専用で似たようなソフトがあるが,わたしはFlexible Renamerをデジカメファイル以外にも使っているので,Flexible Renamerを重用している。

2010年9月22日 (水)

【生きているよ~ひまネタなう】おかしなこと~電車の席取り合戦~

 いちばん体力のあるやつが席にありつく。

 おばちゃん,そんなに元気なら,席ゆずれよ。

元祖くじら屋の鯨肉てんぷら定食》
 ランチメニューで,980円。
 ごはんがおいしく炊けているのも◎。おかわり自由なので,必ず,1回おかわりする。
 てんぷら定食は鯨肉刺身定食等との日替わり定食となっているので,食べられるかどうかは運次第。
P1020827

《関連記事》

【生きているよ~ひまネタなう】情弱さんが行く~キノコエキス~

元祖くじら屋の鯨ステーキ定食》

2010年9月21日 (火)

【病中閑あり】2010年近場の旅・豪徳寺

1.プロローグ
 「東京散歩マップ」に掲載されていた散歩コース。
 東急世田谷線宮の坂駅スタート,上町駅がゴールである。

 幼少のみぎり,東急世田谷線に乗った記憶はあるが,50年も100年も前のことであるので,乗ったという記憶しかない。

東急世田谷線 - Wikipedia

都電荒川線とともに東京都内に残っている路面電車形式の軌道線である。

豪徳寺 - Wikipedia

豪徳寺(ごうとくじ)は、東京都世田谷区豪徳寺二丁目にある曹洞宗の寺院。元は臨済宗。山号は大渓山(だいけいざん)。一説には招き猫発祥の地とされる。

2.Let's豪徳寺
決行日:2010年9月15日(水)
目標:豪徳寺
 日没予想は17時50分。とうとう,18時前になってしまった。
 時刻制限のある世田谷代官屋敷を先にクリアーしたいので,ガイドブックとは逆コースの上町駅よりスタートする。東急世田谷線宮の坂駅でゴールしても,小田急豪徳寺駅まではひと駅なので,直接豪徳寺駅まで歩く。

 三軒茶屋より,東急世田谷線に乗る。

《東急世田谷線》
 軌道線なのに,複線で6分間隔運転。

P1020828

《140円均一》
 バスと同じ料金体系。
 三軒茶屋駅で,きっぷ売り場はどこかと,駅員にきいてしまった。^^;

P1020829

《天祖神社》

P1020830

《巨大賽銭箱》

 でも,お賽銭は一円。

P1020831

《世田谷代官屋敷表門》
P1020832

《毎度おなじみ,上がらないで下さい》
P1020834

《花の名前がわからない》
 あまり見かけない花。

P1020836

《白州跡》
P1020837

《松蔭神社》

 松下村塾生ではないので,参拝はしない。

P1020838

《松下村塾?》
 松下村塾は,東京にあったのか!

P1020839

《松下村塾レプリカ》
 萩にあった松下村塾を模したものだそう。
 意外に小さなお家。

P1020840

《さわらないでください》
 「これは使用できません」って,書かんでもわかるわ!

P1020841

《石灯籠オールスターズ》

P1020842

《松蔭外科胃腸科》
 出た!
 あやかりネーミング。
 外科と胃腸科のコラボも,ふしぎ。

P1020843

《烏山川緑道》
 コンクリ敷きなのが残念。

P1020844

《世田谷城址公園》
 「跡」だけに,なにもない。

P1020846

《予告信号灯》
 なにを予告するのだろう?
 映画の予告でもするのか?

P1020847

《豪徳寺》

P1020851

《巨大香炉》

P1020848

《本堂》
 17時25分,すでに営業終了。

P1020849

《何重かの塔》
P1020850

《ゴォオオール》

 17時35分,日没前によゆうの生還である。

P1020852

2010年9月17日 (金)

【病中閑あり】2010年近場の旅・相模川・水郷田名~天気予報がはずれて豪雨に遭うの巻~

1.プロローグ
 「50歳からの東京散歩vol.2 水辺さんぽ」というムック本に載っていたコース。

交通新聞社 散歩の達人ムック‐50歳からの東京散歩vol.2 水辺さんぽ

 横浜線淵野辺駅よりバスで水郷田名まで行き,相模川の水辺を歩き,相模線下溝駅がゴール。

 おもな見学ポイントは,相模川ふれあい科学館,田名八幡宮,無量光寺,史跡田名向原遺跡公園。

相模川ふれあい科学館


2.♪I'm singin' in the rain.

決行日:2010年9月8日(水)
目標:相模川・水郷田名
 天気予報では,日中くもり,夜になって,日本海側を通過中の台風の影響で雨。

 しかし,当日朝から,小雨が降っていた。そのうちやむだろう。
 ローカル線各駅停車の旅。淵野辺で下車。雨は,本降りになっていた。ここまで来て,いまさら,引き返せない。
 豪雨は困るが,ほどほどの雨なら,雨の中を歩くのは好きである。気分が落ち着く。水のかほりも好き。

 駅から,さらにバスで20分,水郷田名下車。地の果てまで来た。

《相模川ふれあい科学館》

L20100908131632

《カモのおかあさん》

 静かに見守ってあげてね。

L20100908125116

《オオサンショウウオ》
 住宅街の路上で保護されたって,どういう状況なのだろうか?

L20100908125744

L20100908125756

《カレル・チャペックの世界》

 男のひと,女のひとって,どう見ても,ひとには見えない。サンショウウオにしか見えないが。

L20100908131138

 水槽内を泳ぐサカナを何枚か撮影したのだが,照明暗くてブレブレ。エプソン品川と同じ事態になった。

《田名八幡宮》
 2009年再建のピカピカ。

L20100908131942

L20100908132456

《七五三参り一色》
 ほかに収入源はないのだろうか。

L20100908132614

L20100908132646

《烏山用水》
 ふれあい科学館でもらったパンフレットでは,新堀(旧烏山用水)となっている。

L20100908132916

《木道》
 用水に沿って,木道が整備されている。

L20100908133144

《農村景観百選》
 いろいろな百選があるものである。

L20100908133438

《コイでかっ!》

L20100908133212

《木を植えただけじゃダメなんよ》
 木道に木がオーバーハングしていて,触れずには通れない。
 たとえて言えば,ドンキの陳列棚。
 雨をたっぷり含んだ葉がシャツに触れて,シャツがずぶずぶ。(ノ_<。)

L20100908133600

《水郷田名観光協会》
 休業日のようです。

L20100908134128

 木道が終わってしばらく行くと,相模川に出る。

《高田橋付近の相模川河川敷》

L20100908134810

 雨はやむ気配がない。どころか,ますます,強くなってきた。ほどほどの雨のレベルを越している。

 河川敷を横断して,相模川の川岸まで歩いた。
 河川敷には大きな水たまりができていて迂回路もない。水たまりにはいったら,あっというまに,通気性重視,防水性無視のスポーツシューズに浸水。(T^T)

《相模川》
 写真には写っていないが,大粒の雨が川面をたたいている。

L20100908135822

 バッグに常駐の小型折り畳み傘では雨を防ぎきれず,チノパンのひざから下はびしょぬれ。

 とてもじゃないけど,ウォーキングを続ける気になれない。
 車道に出ると,すぐ近くに,高田橋入口のバス停があった。大雨の中,ひとり待っているから,もうすぐ来るのだろう。
 バスで,上溝駅に戻ることにした。バスはすぐに来た。
 勇気ある撤退である。

 帰宅後,台風=>熱帯低気圧が,事前申請なしで右カーブして富山あたりから上陸したことを知った。あちこちの鉄道路線で大雨による遅延が出ていた。

 約束が違う。(`Д´)

2010年9月11日 (土)

【病中閑あり】2010年近場の旅・エプソン品川アクアスタジアム(画像控えめ)

1.プロローグ
 わたしは水族館好きだが,ここは料金のわりにしょぼい内容というイメージがあり,いままで,足が向かなかった。
 しかし,近場の旅で行けるふつうの水族館は,ここ以外は制覇済みで,やむなく行くことにした。
 遠くの水族館に行くためには,時間と交通費がかかるので,それらを考慮すれば,1800円は安いのかもしれない。

品川駅前徒歩2分!エキマエ水族館はエプソン 品川アクアスタジアム|品川プリンスホテル

 徒歩2分は誇大広告だなぁ~。いちょう坂を登るため,けっこう時間がかかる。
 エプソンが経営母体かと思っていたが,命名権を買ったとのこと。最近,ややこしい。

2.イルカショー,アシカショーはあっても,アザラシショーがないのはなぜ?
決行日:2010年9月1日(水)
目標:エプソン品川アクアスタジアム
 ガキの夏休みが終わってすいたのではと思いきや,けっこう混んでいた。

《平日のまっぴるまから水族館見物に興じる暇人ども》

L20100901154000

《ドワーフソーフィッシュ》

L20100901153820

《オーストラリアイセエビ》
 うまそ。(^u^)

 オーストラリアなのか伊勢なのかどっちやねん!
 銀座じゅわいよ・くちゅーるマキ渋谷店みたいなものか。

L20100901154922

《タカアシガニ》
 うまそ。(^u^)

L20100901155348

 16時よりのイルカショーに行く。

《イルカに乗った中年》

L20100901161642

《ハイジャンプ》

L20100901162202

 えのすいやシーパラのショーに比べて,しょぼい芸だった。

《ペンギンさん》
 「ペンギン大陸」と,たいそうなコーナー名が付いているものの,ネコの額ほどのせまさ。
 せまいプールで器用に泳いでいるけど,なんか,かわいそう。

L20100901163326

《オニイトマキエイ》
 通称,マンタ。
 東日本でここだけとのこと。
 生マンタを見るのははじめてかもしれない。
 大阪の海遊館で見たかもしれないが,何十年も前のことゆえ,ジンベエザメ以外は記憶にない。

L20100901164148

L20100901164222

 17時よりのアシカショーに行く。

《ラグビーボール乗せ》

L20100901171702

《立ててもできるよ》

L20100901171718

《テニスラケット乗せ》

L20100901171746

 アシカショーは,まぁまぁ楽しめた。

 沿海型のえのすいやシーパラに比べるのは,かわいそうだが,展示水槽がしょぼすぎる。海中トンネルも短い。海じゃないし。
 ショー待ちのあいだに見終わってしまい,手持ち無沙汰だ。

 品川駅からすぐということを考慮に入れても,入場料は1000円くらいが妥当な金額ではなかろうか。
 近くに,しながわ水族館もあることだし。

 撮影的には,水槽,ショーとも照明が暗く,かなり撮影したのだが,ほとんどがブレまくり。水槽では,フラッシュが使えない。
 今回,画像が少ないのはそういうわけである。水槽画像は,動きの少ないエビカニのみ。

 エプソン品川アクアスタジアムの感想は,2007年に行ったというB級スポット&動物園の荒川さんと同じである。

B級スポット&動物園より

エプソン品川アクアスタジアム(1)

2010年9月10日 (金)

【治療経過】2010年9月

<前回までのあらすじ>(Previously on WM)
----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症=リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬
-----------------------------------
 低下しつづけていたヘモグロビンは,下げどまりました。検査値は前回と同じですが,体感的には,貧血がやや改善されました。
 5月から6月にかけて急増したCRPが,改善されました。

処方:土俵際で休薬継続。

<血液検査結果抜粋>
Chart20100908

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>
を参照ください。

2010年9月 9日 (木)

【病中閑あり】2010年近場の旅・金沢文庫~金沢八景

1.これまでのお話
 横浜市立金沢動物園は,動物園エリアのほかに植物区というのがあったのだ。

2.金沢文庫~金沢八景
決行日:2010年8月27日(金)
目標:金沢文庫~金沢八景
 とりあえず,ののはな館に向かう。

《北海道ソフトクリーム》

L20100827145936

L20100827144746

 ソフトクリームをなめながら,かう考へた。
 植物区を完全踏破しようとすると,日没までかかりそうな感じである。金沢文庫~金沢八景散歩コースを踏破できない。
 植物区は周遊せずに,まっすぐ突っ切って,ふもとに降りることにした。

《なんだろ坂》
 名前の由来はなんだろ?

L20100827151238

L20100827151248

 バスに乗って,金沢文庫駅に着いたのが,15:40ごろ。
 神奈川県立金沢文庫の入場は16時までである。
 ふつうに歩いていたら,まにあわないかもしれない。
 やむをえず,夏場は封印していた三段ブースト歩行を使った。
 15:55神奈川県立金沢文庫到着。
 三段ブースト歩行の疲れで,館内のベンチにへたりこんだ。
 文庫だけに展示物は古文書が多く,あまり興味をひかなかった。締め切りにまにあったという達成感だけはあった。

 営業終了の館内アナウンスを聞きながら,16:25退館。

 これから,金沢文庫~金沢八景の散歩をはじめるのだが,三段ブースト歩行で生体エネルギーを消耗したため,もはや,女子高生のたらたら歩きしかできない。
 日没まで2時間ある。ゆっくり行こう。

《称名寺庭園阿字ケ池》

L20100827163232

《称名寺本堂》
 16時半にして,すでに営業終了。
 お役所かよ!

L20100827163532

《称名寺庭園の橋の上から本堂を眺むるの図》

L20100827163820

《称名寺仁王門》

L20100827164138

《称名寺赤門》

L20100827165144

《薬王寺》
 寺号からわかるように,ご本尊は薬師如来。クスリの神様。

L20100827165412

《八幡神社》

L20100827170136

《サルスベリ》
 あまり赤いのより,これくらいの色合いが好き。

L20100827170402

《町屋神社》

L20100827170748

L20100827170834

《天然寺》
L20100827171202

《安立寺》

L20100827171726
L20100827171922

《龍華寺》

L20100827172336

《珍しいかやぶきの鐘楼》

L20100827172414

《ぼけ封じ観音》
 芸人泣かせ。

L20100827172718_2

《洲崎神社》
L20100827173044

L20100827173020

《瀬戸神社》
L20100827175218

《洞窟にお狐様が》

L20100827174840

L20100827174734

《琵琶島神社参道》

L20100827175812

《短い橋》
 ちゃんと,島になっている。

L20100827175946

《弁財天》
 横浜金澤七福神のうち,ひとつクリアー。

L20100827180556_2

《琵琶島神社》
L20100827180020

《平潟湾》
L20100827180312

《ゴォオオール》

 18時25分,日没より10分ほど遅れたが,奇跡の生還を果たした。

L20100827183124

 今回,日没前なのに,ほとんどの寺社は,さい銭箱をしまいこんでいた。
 さい銭箱がまだ出ていたところでは,お賽銭1円で,家族の病気平癒と自分のIgM低下&ヘモグロビン増加を願った。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ