お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【病中閑あり】2010年近場の旅・新宿御苑 | トップページ | 【情報】NCCNのWMガイドライン »

2010年8月24日 (火)

【情報】トンデモさんリスト

 ほんとに,ほんとに,これで最後にします。

NATROMの日記
より

トンデモさんリスト(適宜追加する予定)

野島尚武:「超ミネラル水」で何でも治る。

船瀬俊介:「買ってはいけない」から「抗ガン剤で殺される」にトンデモ度がパワーアップ。

酒向猛:医学博士。千島学説支持者。ホメオパシージャパンとの連鎖もみられる。

真弓定夫:マクロビ、エセ食育。

石原結實:マクロビ、東洋医学系。医学博士。

山崎正利:帝京大学薬学部教授。野菜汁をマウスに注射してTNFが増える実験。それって健康に良くないのでは。

島博基:兵庫医科大・泌尿器科教授。バイオラバーにお墨付きを与えるin vitroのスタディ。天然なのか確信犯なのかは不明。

渡辺久義・京大名誉教授:「日本でもID説を教えるべき」 ダーウィニズムは諸悪の根源なんだと。

藤田紘一郎:「パラサイト式血液型診断」 老いたのか。

村津和正:「歯は中枢だった」

由井寅子:喘息に対するステロイド治療否定、ワクチン否定。代替医療の悪いところを体現しているホメオパシージャパン代表。

島田彰夫:「牛乳は視力低下の原因である」

安保徹:「爪もみなどで免疫力を上げると病気が治る」 かなり悪質。参考:■癌性疼痛の除痛すら否定する安保徹と上野紘郁

西原克成:「重力進化論」

村上和雄:「ポジティブシンキングでよい遺伝子オン」

森昭雄:「ゲーム脳」 つうか駄目すぎだろう。

近藤誠:「インフルエンザワクチンは効かない?」

新谷弘実:「コ-ヒ-腸洗浄」「牛乳は体に悪い」 昔はちゃんとしてた内視鏡医が電波を受診した。「臓器別医学は医者をダメにする」って、消化管内視鏡ばかりやっててあちらの世界に行ってしまった医者のことですか?

浜六郎:「不必要かつ副作用の心配、さらに経済的負担のかかるインフルエンザワクチンは、接種しないことをお勧めします」。ちょっと薬害についてオーバーに言う人ではなく、トンデモさんでした。

養老孟司:『「肺がんの原因がたばこである」と医学的に証明できたらノーベル賞ものですよ』。参考:■養老孟司の禁煙原理主義批判批判

河村宗典(誠仁会協和病院院長):還元水やフコダインや千島学説を勧める。

阿部博幸(九段クリニック):フコダインやら乳酸菌・酵母発酵エキスやら。論文は書かないが健康食品の広告記事には引用される研究を。参考:■C型肝炎が治らないなんて誰がいったの?

進藤義晴(医師、東洋医学研究家):冷えとり健康法。

 ひとり,付け加えたい。

 帯津良一:ニセ医療のデパート。本屋のニセ医学書売り場に行くと,著書が多数並んでいる。
 帯津三敬病院名誉院長。NPO法人日本ホリスティック医学協会会長。日本ホメオパシー医学会理事長。サトルエネルギー学会会長。NPO法人サイモントンジャパン理事長。その他,気功医療だのなんだの…。

 なんで,こんなに,いろいろやっているのだろう。ある療法に効果があるなら,ほかのものはいらないじゃん。
 化学療法における多剤療法のようなものか。
 MP療法:メルファラン+プレドニン
 HS療法:ホメオパシー+サイモン
ってか。

 どう見てもニセ医療です。
 本当にありがとうございました。

« 【病中閑あり】2010年近場の旅・新宿御苑 | トップページ | 【情報】NCCNのWMガイドライン »

情報」カテゴリの記事

コメント

【情報】トンデモさんリスト


up、ありがとうございます。

学歴や財力もありながら、名誉欲や金銭欲の更なる為になら、
人としての尊厳や倫理を棄てる事が出きる人間もいるのですね・・。

真に、卑しい人間(魂)達ですね。


>ハルさん

いらっしゃいませ!( ^-^)_旦~

>up、ありがとうございます。

 いや,NATROMさんの記事をパクッただけですから。^^;

>真に、卑しい人間(魂)達ですね。

 多くは悪魔に魂を売った連中だと思うのですが,中には,自分でもニセ科学を信じている者もいるような感じです。科学者といっても,専門外の分野については,シロートです。

はじめまして。

友人が最近ランチのたびに
牛乳には害がある、フッ素はもってのほか、ホメオパの有効性などについて
盛んにまくしたてるのです。聞けば聞くほど「マユツバものだなあ、この人大丈夫かしら?」と思いまして、色々検索して自分なりに調べているうちにこちらに来ました。
友人のトンデモバナシに良く登場する人物が、、、、
はい!あの!内海聡氏です。。
先生のお話を聞いて納得しました。私の「変なもの」を見分ける能力は正常だったと。
たいへん参考になりました。
また、伺わせてください

丸しっぽさん,コメントありがとうございます。

 おともだちは,あっちの世界に行ってしまわれたようですね。(T人T) ナムナム

 内海聡氏ですか。
 最近,よく出てきますね。

船橋市議会議員輸血ブログ問題 洗脳者がいます
http://blog.livedoor.jp/dannapapa/archives/4150136.html

>今回の輸血危険思想を彼に信じ込ませた方々は、講演、書籍等を出されている船瀬俊介氏、そして内海聡医師という方々です。

>特に内海医師は以前牛久で活動されていましたが、今は東京で精神疾患に向精神薬はいらないというスタンスで断薬治療を自由診療でおこなっている方です。自分のHNをキチガイ医とし、陰謀ひしめく医療界とは異なる真の医師と称しています。

また,コメントお願いします。
なお,本グログは旧館で,更新は新館のほうでやっています。

帯津三敬病院にてCT画像検査で転移を見過ごされてしまい、娘は命を落とした。

娘は癌を患った当初から、抗がん剤の副作用等への不安を抱いていた。

知人から、帯津氏を紹介されて、書籍を読み、代替療法に希望を持ち受診した。

受診後、CT画像検査を診ても、帯津氏は「キレイです。問題無いです。」と言っていたが、

娘の容態がだんだんとおかしくなっていき、不安になり、セカンドオピニオンを希望し、

そこで専門医に同じCT検査画像を持って行き診てもらうと、こう言われた。

医師「キレイどころか、無数にありますよ!」

家族「帯津先生はCT画像を診ても、問題無いと言っていましたが!!?」

医師「帯津氏はガンを診る腕は無いですよ。プロなら、このCT画像を診て転移だと気づかないはずがない」

大分前のCT画像にも転移が認められ、完全に手遅れの状態で、かけこむこととなってしまった。

悔やむに悔やみきれない。

もっと早く気づき、強引にでも、専門医を探しておけばよかった。

自分を責め続けたが、やはり納得がいかない。

帯津氏に問い、どう返答が帰ってくるのか確かめたかった。

彼の本心、人間性を見たかったのかもしれない。

そして経緯を説明した手紙を出した。

こちらが何かを要求しているのではないか?面倒なことは御免だ。そう受け止められたのだろう。

当院に責任は無いことと、それについてのいくつかの理由をあげただけの返事が帰ってきた。

CT画像の見落としについては言及されず、私には落ち度が無いということだけ強調されていた。

何かしら人間らしい悼む言葉が欲しかったが、期待するだけ無駄だった。

しかし…

自分を頼ってきた患者がそういう結果になり何も感じなかったのだろうか?

CT画像の見落としは明白なのに、自分の腕に狂いは無いと思いこむ鈍い人間なのだろうか。

もやもやする思いが消えないので、書き込みはしたが、

このような人間について、あれこれ考えることはもう無意味なのかもしれない。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/49240423

この記事へのトラックバック一覧です: 【情報】トンデモさんリスト:

« 【病中閑あり】2010年近場の旅・新宿御苑 | トップページ | 【情報】NCCNのWMガイドライン »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ