お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【完治をめざして】☆☆☆ウイルス治療 | トップページ | 【治療経過】2010年7月 »

2010年7月14日 (水)

【雑感】血液内科医が足りない

 小児科・産婦人科の医師不足は,よくマスコミにとりあげられている。
 マイナー領域のせいか,ニュースになることはないが,血液内科医も足りない。

 血液内科医不足のため,血液内科を廃止したり,新患の受付を停止する病院が増えている。
 そうすると,患者はほかの病院に行くしかなく,その病院の血液内科医の負担が増えるという,悪循環である。
 アンフェタミン先生のブログを読むと,その忙しさがわかる。
新・眠らない医者の人生探求劇場・・・夢果たすまで

 このブログは以前はほぼ毎日更新していたのだが,忙しいのか,週イチになってしまった。
 多くの血液内科医は,ブログやってるひまはない。
 これは,アンフェタミン先生がひまという意味ではないが。

 毎年,新患が発生する。
 しかし,低悪性度リンパ腫など,なかなか死なない。
 といって完治するわけでもない。
 寛解しても,定期的に通院検査診察をする必要がある。そのうちに再発する。
 また治療をして,再寛解する。
 再寛解しても,定期的に通院検査診察をする必要がある。そのうちに再々発する。
 また治療をして,再々寛解する。
 (以下省略)

 だらだら生き延びているうちに,新薬が開発される。
 平均余命5年の病気も,5年経つと平均余命10年になっている。さらに5年経つと,平均余命15年になっている。
 なかなか,死ねない。
 らちのあかないことである。

« 【完治をめざして】☆☆☆ウイルス治療 | トップページ | 【治療経過】2010年7月 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/48862065

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑感】血液内科医が足りない:

« 【完治をめざして】☆☆☆ウイルス治療 | トップページ | 【治療経過】2010年7月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ