お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【情報】再発性の濾胞性リンパ腫とびまん性大細胞B細胞リンパ腫にCMC-544が有望【EHA2010】 | トップページ | 【病中閑あり】2010年近場の旅・センター北(横浜)(画像鬼盛り) »

2010年6月17日 (木)

【治療経過】2010年6月

<前回までのあらすじ>(Previously on WM)
----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症=リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月シクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月CP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン10mg)/day)2週間→(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン5mg)/day)2週間→2010年2月休薬
-----------------------------------
 全般的には,前回検査値と,大きな変化はありません。
 CRPやばし。腫瘍量が増えているのでしょうか。

処方:休薬継続。

<血液検査結果抜粋>
Chart20100616

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>
を参照ください。

《花の名前がわからない》
L20100616110028_2

L20100616110102

« 【情報】再発性の濾胞性リンパ腫とびまん性大細胞B細胞リンパ腫にCMC-544が有望【EHA2010】 | トップページ | 【病中閑あり】2010年近場の旅・センター北(横浜)(画像鬼盛り) »

治療経過」カテゴリの記事

コメント

今晩は、尿酸値が高いのも気に成ります。
私もUA=7.8と高く、リボール錠100mg1錠から2錠に増えてしまいました。

黄色の花は、「錦糸梅」ですね!ビョウヤナギとごっちゃに成っている人が多いようです。

尿酸値は,ずっと7.0前後をいったりきたりです。今回は,尿酸値が高くなる食事をしたので,その影響でしょう。また,ふだんの食事に戻したので,次回は下がると思われ。
「錦糸梅」ですか。この時期に梅とは。
ウメ科ではないのでしょうが。

原発性マクログロブリン血症と診断されました。
現在入院加療中。

平均余命5~6年と言われ、
かなりショック。

まれな病気だと言われたのですが、
同じ病気の人のサイトを見つけ、うれしく(?)なりました。

いろいろ教えてください。
宜しくお願いします。

 マリーさん,いらっしゃいませ~。粗茶ですが,どーぞ。( ^-^)_旦~

>平均余命5~6年と言われ、
>かなりショック。

 わたしも3年前にネット情報でそんな数字を見つけて,2週間ほどうつになったのですが,その数字は古すぎます。

 ここでは,生存期間中央値は7~10年となっています。
http://merckmanual.jp/mmpej/print/sec11/ch144/ch144c.html

 しかし,これも2005年の資料。リツキシマブだのフルダラビンだのゼヴァリンだのの新薬による生存期間延長効果は反映されていないでしょう。
 これからもどんどん新薬が出てきます。10年,20年あたりまえ,30年,40年よろこんで!となるのではないでしょうか。

>まれな病気だと言われたのですが、
>同じ病気の人のサイトを見つけ、うれしく(?)なりました。

 WMブログ連メンバーも訪問してあげてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/48654667

この記事へのトラックバック一覧です: 【治療経過】2010年6月:

« 【情報】再発性の濾胞性リンパ腫とびまん性大細胞B細胞リンパ腫にCMC-544が有望【EHA2010】 | トップページ | 【病中閑あり】2010年近場の旅・センター北(横浜)(画像鬼盛り) »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ