お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【病中閑あり】2010年近場の旅・綱島公園 | トップページ | 【治療経過】2010年4月 »

2010年4月22日 (木)

【情報技術利用編】OpenOfiice.org

 血液検査を受けると,検査値を印刷したものがもらえる。要求しないとくれないところもあるようだが。要求してもくれないようなところは,転院したほうがいい。

 さて,検査回数が多くなってくると,検査値を表(ひょう)にしたくなる。
 したくならなければ,それでいい。

 表作成には,Microsoft Excelに代表される表計算ソフトが便利である。

 わたしはブログで検査値を公開しているが,公開用の画像ファイルを下記手順で作成している。
(1)Microsoft Excelに検査値を入力して表作成。
(2)Microsoft Excelの表をMicrosoft ペイントにペースト。
(3)jpg形式で保存。

 しかし,この方法を実行するためには,Microsoft Officeを購入する必要がある。Microsoft ExcelはMicrosoft Officeに含まれている。

 あるコミュニティで,「Excelは,ふつうパソコンに最初からはいっている」と言う輩がいて,びっくりした。

 なんという情弱。
 おまえのいう「ふつう」は,どんだけせまい世界のふつうなんだと。
 ふつう,はいっていないって。
 パソコンを買うときに,あえてMicrosoft Officeプリインストールモデルを選んだから,はいっているだけなのだ。
 もちろん,Microsoft Officeの値段は,パソコン本体価格に,しっかり,含まれている。
 ふつうのよい子は,いりもしないソフトウェアがはいっているモデルは選んだりはしない。必要が出たときに購入すればいいだけの話である。必要が出てから買えば,その時点での最新版を入手できる。

 わたしの場合は,本業の研究に必要なので,Microsoft Officeを買った。ふつうじゃない。
 しかし,ふつうのよい子は買う必要はない。Microsoft Officeをいま買うと,2万円くらいするのであろうか。表作成のためだけに買うのは,もったいない。

 OpenOffice.orgという無料のソフトウェアを使うのだ。タダより安いものはない。

ja_ OpenOffice.org日本語プロジェクト

OpenOffice.orgは、無料で入手できて、自由に利用できる統合オフィスソフトです。

ja_ OpenOffice.orgを知る - OpenOffice.org日本語プロジェクト
OpenOffice.orgとは
http://ja.openoffice.org/about_ooo.html
    * ワープロや表計算・プレゼン・データベース・ドローなどを統合したオフィスソフト
    * 無料で入手できて、自由に利用可能
    * Microsoft Officeと高い相互運用性
    * 標準ファイル形式OpenDocument(1.1-1.2)を採用
    * オープンソースという方針で開発・公開

 OpenOffice.orgが気に入らなければ,タダではないが,自称「Microsoft Officeとの互換性満足度No.1の総合オフィスソフト」で,「KINGSOFT Office 2010」がある。4980円である。
 30日は試用ができるとのことであるから,試して使い物になると判断してから買えばいい。

無料セキュリティソフト_オフィスソフト_辞書_KINGSOFT

« 【病中閑あり】2010年近場の旅・綱島公園 | トップページ | 【治療経過】2010年4月 »

情報技術利用編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/48154882

この記事へのトラックバック一覧です: 【情報技術利用編】OpenOfiice.org:

« 【病中閑あり】2010年近場の旅・綱島公園 | トップページ | 【治療経過】2010年4月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ