お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の10件の記事

2010年1月30日 (土)

【病中閑あり】2010年近場の旅・大倉山公園

1.プロローグ
 大倉山公園の梅は知っていたが,わざわざ見に行くほどのものではなく,ついでのときにでもと思っていたが,ついでのときには,梅が咲いていなかった。

環境創造局ホーム > 公園 > お花見のできる公園 > 大倉山公園

------------------------------------
大倉山記念館の奥、「白加賀」「豊後」など32種約200本の梅が咲き誇ります。観梅会あり
------------------------------------

大倉山公園 (横浜市)wiki

------------------------------------
敷地6.9万平方メートル。うち1.1万平方メートルの梅林には約20種150本の梅が植えられ、観梅の時期には人手が多い。
------------------------------------

 たった150本か。わざわざ,でかけるほどのものでもない。
 大倉山記念館のお宅拝見といっしょに処理しよう。

横浜市大倉山記念館(Wiki)

------------------------------------
横浜市大倉山記念館(よこはましおおくらやまきねんかん)は、神奈川県横浜市港北区にある公民館である。主として音楽会や美術展など、横浜市民の利用を目的とする。所在地は神奈川県横浜市港北区大倉山二丁目。
------------------------------------
 横浜市大倉山記念館の建物は,もともと大倉精神文化研究所だった。
大倉精神文化研究所のホームページへようこそ

2.ギリシャ風建築の公民館
決行日:2009年1月27日(水)
目標:大倉山公園 (横浜市)
 梅の開花期に,やっと近くに用事ができた。
 といっても,まだ1月下旬。ここの梅の見ごろは2月上旬~3月中旬だが,気の早い梅が,少しは咲いていよう。

 東急東横線大倉山駅を出て,急な坂路を登る。
 いくらヘモグロビンが増えつつあるとはいえ,いまだ貧血老人の身,登りきった時には,さすがに,息切れがした。

《横浜市大倉山記念館》
 お宅拝見はあとまわしにして,梅林に向かう。

P1010405

《東横神社》
 こんなところに,神社が…

P1010406_2

 参拝しようと思ったら…

P1010407

 一般公開していないとは,なにかカルトな宗教か。
 あとで調べたら,やはり東急グループ所有の神社であった。

《梅林》
 花をつけている梅の木は,梅の木全体の2,3割というところであった。

P1010428

《白梅》

P1010408

P1010420

P1010421

《赤梅》

P1010409

P1010410

P1010412

P1010414

P1010415

《ピンク梅》

P1010423

P1010427

《お宅拝見》
 大倉山記念館に戻る。

P1010445

P1010446

P1010447

 こんな内装の公民館は,ほかにないのでは?
 外観も外観だが。

2010年1月29日 (金)

【治療経過】2010年1月season2

<前回までのあらすじ>
----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症=リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月よりシクロホスファミド(50mg/day)4週間→2010年1月よりCP療法(シクロホスファミド50mg+プレドロニゾン10mg)/day)
-----------------------------------
 今月もseason2になってしまった。
 season1で完結したいものです。

 ヘモグロビン,上昇中。
 6.8-(2w)→7.9-(2w)→8.2-(2w)→8.7

 アルブミンは,微妙に増加あるいは平衡。
 2.4-(2w)→2.9-(2w)→3.1-(2w)→3.2

 総たんぱくは,順調に減少中。
 10.1-(2w)→10.3-(2w)→9.2-(2w)→8.5

 アルブミンと総たんぱくを過去データに照らし合わせると,IgM最新値は4千台と推定します。

処方:CP療法
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×1+ガスターD錠10mg×1)/day)

<血液検査結果抜粋>
chart20100127
Chart20100127
 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>
を参照ください。

2010年1月28日 (木)

【情報】4月から払い戻し要件緩和 高額療養費制度で長妻厚労相

4月から払い戻し要件緩和 高額療養費制度で長妻厚労相

----------リンク切れに備えて転載-----
 長妻昭厚生労働相は27日午後の参院予算委員会で、毎月の医療費の自己負担を一定限度に抑える「高額療養費制度」の払い戻し要件を緩和する方針を明らかにした。4月から実施する。

 現在は自己負担限度額を計算する際、同じ病院で受診しても診療科ごとに一定額を超えなければ合算できないが、別々の診療科の分をまとめて病院単位で合算できるよう見直す。要件緩和により、限度額の超過分について払い戻しを受けられる患者が増えるという。

 高額療養費制度は、公的医療保険の加入者とその家族が1カ月に支払った医療費について、自己負担限度額(70歳未満の標準所得世帯のケースで約8万円)を超えた場合に、超過分を払い戻す仕組み。

 公明党の山口那津男氏への答弁。
----------------------------------

 現在の制度では,同じ病院で受診しても診療科が異なると,自己負担限度額の合算対象にならない。
 血液疾患は全身病なので,全身に症状が出る可能性がある。ところが,病院は臓器ごとに診療科が分かれている。その結果,同じ病気が原因なのに,自己負担限度額の合算ができないということになる。
 わたしも過去に,内科以外に,同じ病院の眼科,整形外科,耳鼻科にかかったことがある。原発性マクログロブリン血症が原因の可能性がある検査・治療を受けるためである。

 今回,病院単位で合算できるようになったのは,ありがたい。
 できることなら,同じサイフから出ている療養費については,医療機関が違っても合算して,自己負担限度額の計算をしてほしいところだ。

2010年1月25日 (月)

【病中閑あり】2010年近場の旅・吾妻山厳冬期単独登頂

1.プロローグ
 12月,1月は花業界の閑散期で,花といったら,ツバキ,スイセンくらいしか,思いつかない。ツバキの名所は大島くらいしか思いつかない。スイセンの名所は海岸地帯にあり,なかなか,近場の旅で,踏破するのはむずかしい。
 2月になれば梅が咲くのだが,1月はきびしい。

 そんな折,花の名所案内で,ナノハナ名所の吾妻山公園というのを見つけた。吾妻山というと群馬県というイメージを持っていたが,神奈川県らしい。

 「富士山を背景に45000株のナノハナが咲く」
 よいではないか。鹿児島県開聞岳の100万株に比べると,だいぶ見劣りがするが,こちらは富士山がうしろ盾だ。

二宮町ホームページ

二宮町/吾妻山公園
--------------------------
吾妻山公園は360度の大パノラマ。箱根、丹沢、富士山が手に取るような近さに感じられます。南に広がる相模湾は、晴れた日には大島や初島も見ることができます。一面芝生のさわやかな園内は、休日になると家族連れや若者たちでにぎわっています。
二宮駅北口より公園入口までは徒歩で約5分、そこから階段、山道を登り、山頂(標高136.2メートル)の展望台までは約20分です。動きやすい服装でお越しください。
--------------------------
 駅から5分!近っ!

 東海道線の乗車時間が長いが,座れさえすれば,車中はノートPCで本業の研究ができるので,時間のむだにはならない。
 吾妻山菜の花ウォッチングの期間が1月16日~2月14日なので,1月末あたりが,花のピークか。でも,いざその時になったら悪天候ということもあるので,早めに行ったほうがいいだろう。
 登り口は4箇所ある。観光協会では,緩やかな木漏れ日の散策道を山頂まで40分の中里口をおすすめしている。町役場口は25分だが,急な階段がある。休み休み登ったら,25分ではきかないだろう。おすすめに従って,中里口から登ろう。帰りは,とちゅう,神社が二社ある梅沢口にしよう。
 帰りに海岸に出て海を見ようと思ったが,「台風9号による災害復旧工事のため海岸への立ち入りはご遠慮ください」とのこと。残念。

 な~んて,陰謀をめぐらしていたら,1月19日の報ステのお天気コーナーで,その吾妻山でロケやっていた。
 まずい。報ステ見たやつらが押しかけ,混んでしまう。
 まぁ,混むったって,たかが知れているだろう。

2.冬山をなめてはいけない
決行日:2009年1月23日(土)
目標:吾妻山厳冬期単独登頂

《ありがとうございます。みかんの無料提供》
 中里口から少しはいったところで,風スレみかんをタダで提供していた。
 神奈川県のみかんはすっぱいという認識であったが,食べてみると,充分甘い。見た目もそんなに傷んではいない。出荷できないとは,もったいない話である。

P1010390

《道なき道を行く》

P1010391

P1010392_2

《頂上を前にして前方に立ちふさがる数々の障害》

P1010393

P1010394

《吾妻山頂上》
 すでに,多くの登山パーティがいた。
 登頂直後,雲の上に頭を出した富士山が見えていたのだが,ちょっと目をそらしているあいだに,雲で全面覆われて見えなくなってしまった。残念。
P1010395

《山で駅弁》
 事前調査では,二宮駅では駅弁を売っておらず,平塚駅では売っているようだったので,平塚でいったん電車を降りて,駅のコンコースの売店で小田原東華軒の駅弁を買っておいた。
 いろいろな種類を食べたいので,ミニ駅弁を買った。
 朝昼兼用なのと,ステロイドをやっているので,これくらいは,ペロリ。

P1010396

P1010397

《報ステ見てきた人たち》
 ナノハナの栽培地は,公園の一角のみだった。もう少し,広い面積に栽培されていて,あたり一面ナノハナという情景を想像していたのだが,期待はずれ。45000株では,こんなものか。
P1010399

《45000株のナノハナ》
 写真の左上の部分には海があるのだが,雲のせいか,光の反射のせいか,2万円のカメラのせいか,うまく映っていない。
P1010400

《吾妻神社》
 縁結びの神。でも,家族と自分の病気の平癒を祈る。賽銭一円で。(^_^;)
P1010401

《神明神社》
 この祠があるのみ。賽銭箱さえない。
P1010402

《地場産品の展示販売》
 駅前の公民館で,地場産品の展示販売をやっていた。足柄茶の無料サービスを受けたが,薄い。^^;
P1010403

《吾妻菜の花弁当》
 公民館の展示販売で購入。
P1010404

京の味 圓山

春の息吹を感じる「季節限定!菜の花べんとう」
---------------------------------
菜の葉をまぜ込んだおこわ視立てのご飯に、菜の花のからし和えを添えた、早春の息吹を感じていただけるお弁当です。
---------------------------------

 夕食にしたのだが,たいへん,おいしうございました。<m(__)m>

2010年1月15日 (金)

【治療経過】ステロイド

 二日前より,プレドロニゾンというステロイド剤を服用しはじめた。
 以前にも,このクスリは,やったことがある。
 このときは,プレドニゾン錠(プレドロニゾン5mg)を,朝,昼4錠づつ,連続五日間服用し,その後3週間休み,4週間を1サイクルとするスケジュールであった。
 服用期間中は非常に元気が出る。食欲旺盛,夜遅く寝ても,パッチリ目が覚める。いつもは,早朝に目が覚めても二度寝するのだが,ステロイド服用中は,一度目が覚めると,もう眠れない。
 昼の服用を忘れて,15時くらいに飲むと,夜,寝付けなくなった。
 ステロイドの効果は服用中だけで,五日間の服用が終わると,反動で,しばし,ガックリくる。

 今回は一日2錠を連日という処方なので,以前に比べて一日あたりの摂取量は1/4になり,以前のような症状は出ないだろうと思っていた。
 しかし,食欲が亢進してきた。
 マズイ。メタボ指数増加だ。

 もっとマズイのは,ステロイドをドーピングしたら,オリンピックに出られないということだが。

2010年1月13日 (水)

【治療経過】2010年1月season1

<前回までのあらすじ>
----------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症=リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間服用→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月よりシクロホスファミド(50mg/day)
-----------------------------------

 ぐぉおおおお~。щ(゚Д゚щ)
 ヘモグロビンが,上がったぁあああああ~。ゼイゼイ。(´。`)

 騒ぐほどのことはないですが。(;^_^A
 6.8-(2w)→7.9-(2w)→8.2

 もう少し上がっているのを期待していたのですが,2週間なら,こんなものか。

 アルブミンも,微妙に増加。2.4-(2w)→2.9-(2w)→3.1
 総たんぱくは減った。10.1-(2w)→10.3-(2w)→9.2
 さしものIgMフレアーも,減衰傾向にあるのではないでしょうか。

 IgMフレアー浄化作戦の援軍として,プレドニン錠(プレドロニゾン)軍を投入します。

処方:CP療法
(エンドキサン錠50mg×1+プレドニン錠5mg×2+ガスターD錠10mg×1)/day

 ひとり時間差R-CP攻撃。
 R-CPはあまり見かけないけど,オンコビンことビンクリスチンがはいれば,R-COPになる。むりにする必要はないのですけど。

<血液検査結果抜粋>
chart20100113
Chart20100113

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>
を参照ください。

2010年1月12日 (火)

【雑感】かだらが軽い

 

 かだらが軽い!(注1)
 つるんで,たらたら歩いている女子高生なぞ,光の速さ(注2)で追い抜いていく。
 ネズミ・エキスのドーピングが功を奏したのであろうか。ネズミ並みの敏捷性を得たのかもしれない。(注3)

(注1)比喩的表現であり,けっして,体重が少ないわけではありません。
(注2)比喩的表現であり,せいぜい,時速6kmくらいです。女子高生が歩くのが,遅すぎるのです。いまどきの若いもんは…。もっと,きびきび,動かんかいっ!
(注3)ネズミ・エキスを摂取したからといって,ネズミの生物学的特性を獲得するということは,ありえません。コラーゲンたっぷりの食事をとったからといって,お肌ぷるぷるにならないのと同じです。もし,そういうことが起きたなら,いわゆるプラセボ効果です。

2010年1月 7日 (木)

【治療経過】2009年12月Season3

<前回までのあらすじ>
------------------------------
(2007年6月診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症=リンパ形質細胞性リンパ腫(低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫の一種)・形質細胞6%(2007年6月)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間服用→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬→8週間毎血液検査→2009年10月4週間毎血液検査→2009年11月~12月週1回リツキシマブ630mgを4クール→2009年12月よりシクロホスファミド(50mg/day)
---------------------------------
 ヘモグロビンが,上がりました(6.8→7.9)。
 このまま上がり続けて,over10になってほしい。
 アルブミン,ちょい増し(2.4→2.9)。

 ひきつづき,エンドキサン(シクロフォスファミド)を服用します。

<血液検査結果抜粋>
chart20091228
Chart20091228

 過去のデータは,
重要情報ピックアップ>5.過去の<血液検査結果抜粋>
を参照ください。

2010年1月 6日 (水)

【病中閑あり】2010年近場の旅・鎌倉中央公園

1.プロローグ
 貧血最悪期を脱して,からだが軽くなったので,メタボ対策の旅に出ることにした。

鎌倉市公園協会>鎌倉中央公園

----------------------
鎌倉中央公園は、豊かな自然を生かし、「人と自然」・「人と人」の交流の場として位置づけられ、農業体験など多様な余暇活動や都市緑化植物園として「緑の相談所」を開設し、緑化推進の拠点にもなっている23.7ヘクタールの総合公園です。
池にはカワセミやカモ、サギなどの野鳥も飛来し、春を告げる梅や桜が咲き、緑豊かな公園として自然観察やのんびりと散策もお楽しみいただけます。
----------------------
 しかし,いまは真冬。花も紅葉もない。

2.春になればやまざくらが咲きみだれ…
決行日:2010年1月2日(土)
目標:鎌倉中央公園

《沼には巨大魚の魚影が》
P1010385

《冬の田んぼ》
P1010386

《大原野の向こうには大原生林》
P1010387

 特に撮るべき被写体がなかったので,写真は少ないが,約1時間半,アップダウンのきつい山道を休み休み歩きつぶし,いくぶんでもメタボ解消になったのではないか。

2010年1月 5日 (火)

【病中閑あり】2010年初詣の旅

 毎年元日には,海を見に,江の島近辺にきている。

(1)片瀬海岸
《元日朝10時30分の片瀬海岸》
 あとから見ると,雲が,いい具合に撮れていた。

P1010348

(2)新春恒例,腰越漁港で缶コーヒー飲んでまったり
《漁船と富士山》
 写真は,2009年の使い回しではありません。

(関連記事)
2009年初詣の旅


P1010351

P1010354

(3)小動神社(こゆるぎじんじゃ)
 2009年初詣の旅でシカトした小動神社に参拝。

《小動神社参道》
 写真の奥にも鳥居が見えるが,そこから先は急な石段を登らなければならないという貧血老人殺しの神社。

P1010359

(4)再び片瀬海岸

《野生の王国》

P1010363

(5)江の島探訪

江の島観光

江ノ電グループオフィシャルサイト

 橋を渡って江の島に到着。

《老人の味方エスカー》
 数十年ぶりにエスカーに乗る。エスカー乗車券・サムエル・コッキング苑入園券・江の島展望灯台登頂券のセット券購入。
 有料のエスカレーターは,めずらしいのではないか。なお,エスカーの運行は,三区間に分割されていて,最後の一区間だけなら100円で乗れる。

P1010364_2

《江の島ヨットハーバー》

P1010365

《江島神社参詣のため橋を渡る善男善女のみなさん》

P1010366_2

(6)サムエル・コッキング苑に入園
江ノ島電鉄:江の島展望灯台-サムエル・コッキング苑

江の島サムエル・コッキング苑(Wiki)

《島ネコ》
 サムエル・コッキング苑にて野生生物に遭遇。
 江の島の野良猫は,捨て猫だそうである。ひどいことをするものである。

P1010368

P1010369

P1010370

《江の島展望灯台より望む富士山》
江の島展望灯台

 ズームして撮ったのではあるが,肉眼でも,見た目,このくらいの大きさに見える。
P1010371

 「民間灯台」というジャンルが,いまいち,わかりませぬ。

《平城京発掘現場》

P1010376

《真冬にチューリップ》
 ポスターによると,1万本あるそう。
 写真にうつっていないプランターもあるが,ぜんぶ合わせても1万本あるようには見えなかった。

P1010378

《江島神社に群がる善男善女のみなさん》

P1010379


(7)遭難しそうになりながらも,からくも本土に生還

《江ノ電もなか人気ありすぎ》
 テレビで紹介されたからであろうか。

P1010382

《一般道を爆走する江ノ電》
江ノ電(Wiki)

 江ノ電は,一部区間で路面電車に変身するのだが,テレビで,その絵を見かけることは少ない。

P1010384

 島の反対側には,江の島岩屋というあゃしい観光スポットがあるのだが,前回の島めぐりで行ったので,今回は割愛。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ