お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【治療経過ダイジェスト】このカテゴリーは | トップページ | 【治療経過ダイジェスト】治療経過2007年6月~2009年10月 »

2009年10月15日 (木)

【治療経過ダイジェスト】診断までの経過

 本記事は,「治療経過」カテゴリー内の同一タイトルの記事と同じものです。

-------------------
(1)会社の定期健診にて,ZTT値上限12.0のところ,2004年6月12.6,2005年16.4,2006年6月22.1と増加。2007年2月の中間検診では,35.8まで上昇。
(2)この間,会社の保健室より,肝臓に負担がかかっていると言われ,体重減,食生活改善,運動等につとめるも,上記のようにZTT値は上がり続けた。
(3)2007年4月に地域医院にて,血液精密検査。
(4)2007年5月に肝臓ではなく血液の病気だといわれ,総合病院血液内科の紹介状をもらう。
(5)2007年6月に総合病院にて,また,血液検査。
(6)血液検査の結果,IgM高値(3610mg/dl)で骨髄腫瘍の疑いありといわれる。
(7)骨髄検査をする。
(8)骨髄検査の概要結果判明。マクログロブリン血症と診断される。

#あとからわかったこと
 ZTT(クンケル混濁試験)はアルブミンの減少とγ-グロブリンの増加を反映する膠質反応のひとつである。 ZTTが高いときは,肝炎、慢性感染症、多発性骨髄腫などの疑いがある。

 わたしは何年も,肝臓肝臓といわれ続けてきましたが,原因は肝臓じゃなかったわけです。原発性マクログロブリン血症は,まさに,γ-グロブリンの一種であるIgMが単独で異常増加する病気です。
 過去の健康診断の記録のZTTの数値を見ると,1999年からだらだらと微増してきていましたが,2004年からその増加率が急伸し,上限値を越えました。

« 【治療経過ダイジェスト】このカテゴリーは | トップページ | 【治療経過ダイジェスト】治療経過2007年6月~2009年10月 »

治療経過ダイジェスト」カテゴリの記事

コメント

僕も原発性マクロブリン血漿です…特に身体的、症状が出て無いのですが??強いて言えば目の奥が少し痛む…どのような身体的症状が現れるのですか??誰か教えて下さい。

マサさん,はじめまして。
症状は,ひとにより,まちまちですので,メルクマニュアルを見てください。
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec14/ch175/ch175d.html?qt=%E5%85%8D%E7%96%AB%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3%EF%BC%AD&alt=sh

初期では無症状のひとが多いです。目の奥が少し痛むというのは,主治医と相談の上,眼科で眼底検査を受けたほうがいい気がします。

M0TOGENさんアドバイスありがとうございます!!また宜しくです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/46493218

この記事へのトラックバック一覧です: 【治療経過ダイジェスト】診断までの経過:

« 【治療経過ダイジェスト】このカテゴリーは | トップページ | 【治療経過ダイジェスト】治療経過2007年6月~2009年10月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ