お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 【病中閑あり】2009年花をたずねて三千里・生田緑地&ばら苑編 | トップページ | 【情報】癌治療ワクチンが臨床試験で良好な結果~2009年ASCO年次総会より »

2009年6月 6日 (土)

【情報】癌とうつの関連性が生物学的に明らかに

癌の情報Tips
より

癌とうつの関連性が生物学的に明らかに

--------一部引用-----------------------
癌とうつとの関連についてシカゴ大学の研究者らが、動物モデルで初の研究結果を発表した。癌の患者がうつになることが多いのは、長い間、専門家の間でもわかっていたが、それが、癌の診断を受けたことに起因するのか、化学療法などの資料によるものなのか不明であった。

チームは、うつに関連した物質を腫瘍が大量に放出し、脳に伝達していることを発見した。研究によると、腫瘍は、感情をつかさどる脳の海馬における遺伝子発現に変化をもたらすという。
---------------------------------------
 全文は,癌の情報Tipsでご覧ください。

 動物実験だし,「逃げようとする意欲や、砂糖水を飲む意欲が少ない」という症状が,人間のうつに相当するのか疑問だし,というところです。単に,がんによる体調悪化かもしれない。
 ねずみさんも,うつになるのだろうか?
 うつなねずみさん。グレるねずみさん。ひきこもるねずみさん。キレるねずみさん。

 仮に人間でも,うつに関連した物質を腫瘍が大量に放出していたとしても,がんの診断を受けたショックのほうが,うつ要因としては大きいと思う。

« 【病中閑あり】2009年花をたずねて三千里・生田緑地&ばら苑編 | トップページ | 【情報】癌治療ワクチンが臨床試験で良好な結果~2009年ASCO年次総会より »

情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/45255501

この記事へのトラックバック一覧です: 【情報】癌とうつの関連性が生物学的に明らかに:

« 【病中閑あり】2009年花をたずねて三千里・生田緑地&ばら苑編 | トップページ | 【情報】癌治療ワクチンが臨床試験で良好な結果~2009年ASCO年次総会より »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ