お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の2件の記事

2009年3月27日 (金)

血管新生阻害剤は腫瘍を増殖させる可能性

「癌の情報Tip」より

血管新生阻害剤は腫瘍を増殖させる可能性

>「血管豊富な腫瘍は栄養状態もよく、順調に育っているため、侵襲の強い癌になる必要がない。しかし、飢餓状態におかれた腫瘍はその後さらに激しく酸素や養分を求めるようになる。

 なーんじゃ,そりゃ。
 水やりを少なくすると,おいしいトマトが育つというのと同じしくみではないか。

 がん細胞が血管新生阻害剤に対して耐性を獲得するしくみについて仮説を述べたもので,血管新生阻害剤ががんに無益なものというわけではないので,誤解しないでください。これも,一種の薬剤耐性といえるのであろうか。

2009年3月12日 (木)

2009年3月

病院近くの公園のサクラ(たぶんソメイヨシノ)の木。開花は2週間後か?
次回通院時には,花が散っているかも。
P1010025
<前回までのあらすじ>
(2007年6月骨髄悪性腫瘍がん診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症(形質細胞6%)→2007年7月よりアルキル化剤シクロホスファミド(50mg/day)13週間服用→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月~2009年2月IgM値悪化のためMP療法(メルファラン計120mg)→2009年2月IgM値改善のため休薬・無症状)
------------------------------------------------------------

 総たんぱくが8.8に増えたが,このまま,ようすを見ることになりました。
 やはり,休薬すると,総たんぱくは上がってしまいます。
 前回検査分のIgM値は3730でしたが,今回値は4000に戻っていると推測します。
 へモグロビンは9.8まで回復,血小板は正常値に回復しました。
 次回検査でまた総たんぱくが増えていたら,服薬再開になるような気がします。
 今回は,採血前に,あまり水を飲まなかったので,次回は,たっぷりと水ドーピングをしようと思っています。^_^;

<血液検査結果抜粋>
2007-2009休薬-MP-休薬
Chart20090311

2007診断-cyclo
Chart2007cyclo

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ