お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2009年2月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月26日 (木)

時代

 一休さんのブログ,「ミエローマと私」の記事「ミエローマ文献ニュース-20090223」に,「PubMedに登録された骨髄腫関連論文のリスト」近2週間が掲載されていた。
ミエローマと私

 一休さん,いつもありがとうございます。<m(__)m>

 その中に,珍しく,マクログロブリン血症関連があった。
------------------------------------------
【PMID: 19227950】
ワルデンシュトレームマクログロブリン血症の治療(単一施設の経験)
Adam Z, et al;
[Treatment of Waldenstro"m macroglobulinaemia--the experience of one centre]
Vnitr Lek. 2009 Jan;55(1):9-17. Czech.
-----------------------------------------------

 どこの施設かというと,

>Interni' hematoonkologicka' klinika Le'karske' fakulty MU a FN Brno, pracoviste' Bohunice. z.adam@fnbrno.cz

 klinikaって,ドイツ方面なんでしょうか。まぁ,ヨーロッパの中のそっち系の国でしょう。イッヒリーベデッヒ。

 翻訳ソフトの助けを借りて,ざっとながめたところ,「とある施設におけるWM患者19人の9年間におよぶ実録記!」というようなものらしい。
 でも,これって,論文なんでしょうか。単に診療記録を集計しただけのような。

 翻訳ソフトの訳文から,一部分をコピペすると,

 57%(11/19)で貧血,21%(4/19)でthrombocytopaenia,42%(8/19)で血漿粘度亢進,5%(3/19)で徴候的なリンパ節腫脹,15%(3/19)のofcasesの中の病理学の骨軟化

 だそうな。thrombocytopaeniaって,なに?
 ぐぐったところ,血小板減少症らしい。違ったら,ゴメン。

 って,19人の統計値って少なくね?
 統計的有意性において。

 まぁ,19人の治療統計も載っているので,興味のあるかたは,原文を参照してください。

[Treatment of Waldenstro"m macroglobulinaemia--the experience of one centre]

 しかし,T芝の翻訳ソフト,医学辞書までインストールしてあるのに,

原文>The median age upon diagnosis of the symptomatic form of WM and start of treatment was 59 (51-78) years.
訳文>WMの徴候的な形式の診断および治療のスタート上の中央の時代は、59(51-78)年でした。

 ageが時代になっちゃうのね。トホホ。

まわるまわるよ 時代はまわる
別れと出逢いをくり返し
今日は倒れた旅人たちも 生まれ変って歩きだすよ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年3月 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/44184374

この記事へのトラックバック一覧です: 時代:

« 2009年2月 | トップページ | 2009年3月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ