お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« じゃがいもを焼いてみそをつけて食べると死ぬ | トップページ | 2008年12月 »

2008年12月11日 (木)

くすりの添付文書を手に入れよう

 「添付文書」とは,たとえば,かぜぐすりのびんの中に封入されている薄い用紙に印刷されたアレである。くすりの成分,効能,副作用等,ことこまかに書かれている。
 しかし,なぜか,調剤薬局で調剤してもらったくすりには,添付されない。
 わたしの行きつけの薬局では,注意・副作用といったことがA4用紙1枚にかんたんに記されたものをくれる。
 添付文書に比べると,かなりのダイジェスト版である。
 では,医師が診察面談時に,くすりの注意や副作用についてこまかい説明をしてくれるかというと,3分診療では,それもむりである。説明できるのは,重大な副作用くらいであろう。
 一般薬の「添付文書」がくすりに添付されているのに,処方箋が必要なくすりの「添付文書」がくすりに添付されていないというのは,不安である。「添付文書」という名称に反する。

 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構という組織が,医薬品医療機器の情報提供をしている。
http://www.info.pmda.go.jp/index.html

 医師が処方するくすりについては,「医療用医薬品」に区分されている。
「医療用医薬品の添付文書情報」
http://www.info.pmda.go.jp/info/iyaku_index.html
 ここで「添付文書」を入手できる。

 わたしの経験だが,シクロホスファミド(商品名:エンドキサン)服用開始後の2ヶ月間,頭移性のめまいとでもいうものに悩まされた。起床時や,かがんだり,上の棚を見たり,頭を垂直移動させるときに,ふらつく。まっすぐ歩く等の水平移動は,無問題。
 めまいがはじまったのが,服用開始の翌々日だったので,自分では,くすりの副作用と解釈した。
 しかし,担当医の言うことには,副作用としてめまいは知られていないとのこと。

 確かに,エンドキサン添付文書の「4. 副作用(1) 重大な副作用」には,めまいはない。
 しかし,「4. 副作用(2) その他の副作用」頻度0.1 ~ 5%未満の「眩暈」がある。あるいは,わたしの感じたふらつき感は,頻度0.1%未満の「運動失調等」に該当するのかもしれない。
 やはり,副作用だったようだ。
 わかったところで,どうということはないが,気が済む。

 わたしがやっているのは,まず「くすりのしおり」で検索し,検索結果に添付されているWORD文書ファイルをダウンロード,次に,検索結果にリンクが表示されている「医療用医薬品の添付文書情報」内の添付PDF文書ファイルをダウンロードという流れである。
 概略を知るには「くすりのしおり」が,詳細を知るには「医療用医薬品の添付文書情報」が適している。

« じゃがいもを焼いてみそをつけて食べると死ぬ | トップページ | 2008年12月 »

情報」カテゴリの記事

コメント

>a_su_orden さん
いつも,ありがとうございます。
urlに,地文が含まれてしまったので,訂正したものを,下に貼っておきます。

http://www.oncologystat.com/journals/journal_scans/Thalidomide_and_Rituximab_in_Waldenstrom_Macroglobulinemia.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/43391377

この記事へのトラックバック一覧です: くすりの添付文書を手に入れよう:

« じゃがいもを焼いてみそをつけて食べると死ぬ | トップページ | 2008年12月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ