お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« くすりの添付文書を手に入れよう | トップページ | 2009年初詣の旅 »

2008年12月22日 (月)

2008年12月

<前回までのあらすじ>
------------------------------------------------------------
(2007年6月骨髄悪性腫瘍がん診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症(形質細胞6%)→2007年7月より免疫抑制剤(アルキル化剤)シクロホスファミド(50mg/day)13週間服用→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行→2008年11月IgM値貧血悪化のためMP療法開始・無症状)
------------------------------------------------------------
 前回よりMP療法をはじめたのですが,総たんぱく値が改善(9.0→8.4)したので,このまま継続となりました。

処方:(アルケラン錠2mg×4+プレドニン錠5mg×8+セルベックスカプセル50mg×3)/day×連続5日=メルファラン40mg+プレドロニゾン200mg
 セルベックスカプセルは,アルケラン錠かプレドニン錠の副作用対策の胃粘膜保護薬です。

 総たんぱくは減りましたが,骨髄抑制のせいか,他の成分も低下しており,全体的に血が薄まった感じです。アルブミンも減ったので,A/G比は前回より変わっておりません。
 ヘモグロビンの低下は,止まりました。しかし,赤血球の寿命は約120日間なので,他の血球と比べて,変化が遅れます。昨年のシクロホスファミド投薬では,投薬開始後13週後の検査ではじめて,ヘモグロビンの低下を見ました。

<血液検査結果抜粋>
Chart20081217

Chart2007all

« くすりの添付文書を手に入れよう | トップページ | 2009年初詣の旅 »

治療経過」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

前回、検査値が少し動いたようですね。
(IgMは、3ヵ月前からの様ですが)
取り敢えず、MPに反応している様なので、一安心といった処でしょうか。

副作用の出方は、前回のC(やハナオヤジさんのMP)少量連続投与と今回のMP中量間歇投与では、かなり違うと思います。
一般にHgbは、3ヵ月以降も余り下がらない可能性が高いと思います。(もちろん例外もあり、Hgb低下のため治療中止という人もいますが)
むしろ心配は、WBCで、多分今は、投与後1Wで2500位に下がり、その後3Wで3600に戻ったのだと思いますが、戻りが悪くなったら、投与間隔を広げる事が多い様です。
まだ、投与開始後1回しか検査結果が出ていないので、検査値のばらつきなども有り、はっきりしませんが、血小板とアルブミンの今後の動きがちょっと気になります。

よたをさんの様に、IgMが1000近辺まで下がると良いですね。

>kaitjn8さん

>一般にHgbは、3ヵ月以降も余り下がらない可能性が高いと思います。(もちろん例外もあり、Hgb低下のため治療中止という人もいますが)

 そうですか。それはうれしい。
 Hgbは定常的に低いので,これ以上下がってほしくありません。
 といって,他の成分が下がるのも困りもので,Cのときは血小板は下がらなかったのですが,今回は,下がっていますね。血小板のみならず,Hgb以外はみな下がっているような感じです。

>よたをさんの様に、IgMが1000近辺まで下がると良いですね。

 ずっとだらだら3000台で過ごしてきたわたしにとって,1000は,夢の世界。
 でも,1000まで下がる前に,休薬になると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/43497719

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年12月:

« くすりの添付文書を手に入れよう | トップページ | 2009年初詣の旅 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ