お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 神社参拝のこと2.0 | トップページ | 自己回帰 »

2008年11月28日 (金)

2008年11月

<前回までのあらすじ>
(2007年6月骨髄悪性腫瘍がん診断告知・病名:原発性マクログロブリン血症・形質細胞6%→2007年7月より免疫抑制剤(アルキル化剤)シクロホスファミド(50mg/day)13週間服用→2007年10月IgM値改善のため休薬→8週間毎検査にて経過観察続行・無症状)
------------------------------------------------------------
 検査値が,急に悪化しました。
 IgM改善,貧血改善のため,メルファラン(アルケラン錠)+プレドロニゾン(プレドニン錠)+セルベックスカプセル連続5日服用となりました。
 メルファランはアルキル化剤,プレドロニゾンはステロイド剤,いわゆるMP療法です。

処方:(アルケラン錠2mg×4+プレドニン錠5mg×8+セルベックスカプセル50mg×3)/day×連続5日=メルファラン40mg+プレドロニゾン200mg
 セルベックスカプセルは,アルケラン錠かプレドニン錠の副作用対策の胃腸薬です。

 ヘモグロビンが,下げ止まりません。8週間前9.9から1.0低下して8.9です。
 白血球はまだ基準値内ですが,4700→3800と急減。
 IgMは,3552(7/30)→4340(9/24)と急増。11月19日時点では,もっと上がっているはずです。
 全体的にみて,増えて欲しい数値は減って,減って欲しい数値は増えているという状況です。
 この1年間,無投薬で来たので,数値の悪化はしかたがありません。ただ,悪化するにしてももう少しゆるやかに推移すると予想していたので,ちょっと気落ちしました。
 副作用が気がかりです。シクロホスファミド服用中13週間は,2ヶ月間頭移性のめまい,その後1ヶ月間,味覚異常をはじめとする極度の体調不良に悩まされました。体調不良のほうは,骨髄抑制を経由した間接的な副作用かもしれませんが。
 5日間の服用は,すでに終わりました。服用期間中は,食欲が増して,できるだけがまんをしたのですが,少し食べ過ぎました。睡眠時間も短くなった。
 動いた後の息苦しさが,増した気がします。そんなにすぐに骨髄抑制はおきないので,気のせいかもしれません。あるいは,別の副作用かもしれません。服用は終わったので,これ以上ひどくなることはないでしょう。

 ちょっと気になったのは,MP療法は幹細胞に障害を与えるため,自家移植を前提にしない療法であるということです。
 しかし,患者さんのブログを見ると,MP療法→自家移植というケースもあるらしい。
 自家移植が可能かどうかは,MPの用量やMP療法と移植のあいだの期間に依存するのでしょうか。
 念のため,次回通院時に,確認したいと思います。
 リツキシマブ,ボルテゾミブ,サリドマイド,フルダラビン,デキサメタゾン,シクロホスファミド再,いろいろ,選択肢はあるはずです。
Chart20081119

Chart2007all

« 神社参拝のこと2.0 | トップページ | 自己回帰 »

治療経過」カテゴリの記事

コメント

ご病気が動いているようでお見舞い申し上げます。
ご存じとは思いますが、Torch Fall 2007にProposed Treatment Recommendationsとしてレジメンが箇条書きみたいに書かれていますので、ご参考にされたらと思います。
NHLとMMの中間の病気みたいで、NHLとMMの両方の薬が使えるみたいで、薬の選択肢が広いような印象を受けています。ちなみに、CHOP、fludarabine、rituximabはMMでは使われることはありません。

>a_su_ordenさん

 薬の選択肢が広いのはありがたいことです。
 wikiによると,リッキサンは1本21万円もするそうです。
 とんでもないですね。
 完治するなら,200万円でもいいけど。

>ご存じとは思いますが、Torch Fall 2007にProposed Treatment Recommendationsとしてレジメンが箇条書きみたいに書かれていますので、ご参考にされたらと思います。

 ご教授ありがとうございます。

page1

PROPOSED TREATMENT RECOMMENDATIONS
At the most recent meeting of the American Society of



including Drs. Robert Kyle, Morie Gertz, Steven Treon,

ん?尻切れトンボだぞ。
と思ったら,

Research Clinical Highlights, cont on page 6
だったのですね。
ややこしい。

アルキル化剤もフルダラビンも,stem cellを傷つけるので,young患者(65歳以下^_^;)にはお勧めしないとありますね。うーむ。
DNAを攻撃するという抗ガン剤のしくみからすれば,そうだわな。

MOTOGENさん、大変ご無沙汰しております。
私のブログにもコメントいただいてましたが、対応できていなくてすいません。

数値悪化しているとのことで心配ですね。
副作用が色々気になりますが、私の実体験上は食欲増進はなく逆に食欲不振です。睡眠時間が少なくなるのは一緒ですね。
めまいとか脱毛は今の所ないです。

副作用も個人差が多いですね。
お互いがんばりましょう。

>よたをさん

 一昨日から,MP2クール目をはじめました。食欲増進や目覚めがいいのは,服薬期間中だけです。ステロイドのドーピングですので,元気になるのはとうぜんと思いきや,プレドニン錠の副作用に気分が落ち込むなんてのが書いてありますね。
 病状も副作用も個人差が多いですね。

>お互いがんばりましょう。

はい!ヽ(´▽`)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/43255633

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年11月:

« 神社参拝のこと2.0 | トップページ | 自己回帰 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ