お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« わからない五大理由 | トップページ | 2008年11月 »

2008年11月13日 (木)

神社参拝のこと2.0

 ふと思い立って,診断告知後の,神社参拝記録をとることにした。
 記録と記憶を頼りに,いままで行った神社を「参拝記録」(非公開)に記入した。
 最近は,ふだん行かないところに出かけるときは,事前に各都道府県の神社庁サイトで近隣の神社を調べて,用事のついでに参拝するようにしている。
 あるとき,神社庁サイトに登録されていない神社が存在することに気が付いた。それまでは,神主がいるような神社はすべて,ギョーカイ団体であるところの神社本庁の配下にあるものと思っていた。
 独立系には大きな神社が多いので,神社庁サイトに登録されていなくても,神社名と所在地を知っているので,不便はない。

 神社本庁
http://www.jinjahoncho.or.jp/

« わからない五大理由 | トップページ | 2008年11月 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

MOTOGENさん、神頼みも結構ご利益ありそうでなによりです。
私は、親戚を尋ねたついで(親戚訪問がついで?)に仏様に縋ろうと、秩父の札所で墨書と朱印(4ヶ所)を戴いて来ました。
結願するには34ヶ所廻る必要が有ります。
簡単に考えていたのですが、秩父に加え坂東33ヶ所と西国33ヶ所の100札所を廻り、結願に善光寺と北向観音にお参りするのが良いみたいです。
挫折観有り・・神頼みに変更も考えたのですが、せめて秩父だけでも廻ります。
検査報告(11月7日)
ALB2.5→2.8に、改善と言える値ではない。
WBC=7.3、RBC=432、IgM(10月の値)=3105
薬(アルケラン錠2mg 1錠/1日1回、プレドニゾロン錠「タケダ」5mg 2錠/1日1回)の効果は、精密検査結果が出ないと判断出来ないが、効果が無い様なら、リツキサン(入院)にしましょうとの事。直るのなら何でもOKするしかないが、次の外来では、自家幹細胞移植の可能性について、聞いてみるつもりです。
ゼヴァリン(一般名:イブリツモマブチウキセタン)も気に成っています。
自覚症状:足首の浮腫み、最近足や手の指が攣る。

MOTOGENさん、こんばんは。
私は、発病前はお参りしていたのですが、発病後は、前を通っても素通りしています。信心が足りないのか、神仏と相性が悪いのか?取り敢えず最近はやりの「自己責任」という事にしています。

ハナオヤジさん、こんばんは。
MP療法は、1ヵ月で効果が出るような治療法ではないと思いますので次回・次々回の検査結果を期待ですね。
MタンパクがIgMのAL-アミロイドーシスの他の治療法は、リツキシマブ(R)単独の他、フルダラビン(F)・クラドリビン各単独、F-R、クラドリビン+R、FCR(C=シクロホスファミド)、R-CVP、R-CHOP、VADなどがあります。
強い治療にするのか、弱い治療にするのか、治療戦略については、主治医の先生とよく相談されるのが良いと思います。
イブリツモマブは、腫瘍細胞の骨髄浸潤程度や血小板数により、使用制限があります。また、治療可能な病院が限られており、09・10年は、治療数が200~300人/年が限度ではないかと推定されていますので、事前によく調べておく必要があるのでは、と思います。

>ハナオヤジさん

>挫折観有り・・神頼みに変更も考えたのですが、せめて秩父だけでも廻ります。

 日本では,神も仏もごっちゃごちゃになっているので,神頼みでも仏頼みでもいいのではないでしょうか。
 中のほうでは,神仏ネットワークでつながっていると思う。
 西洋の神様も,八百万の神ネットワークに参加してくれれば,宗教戦争なんてものはなくなるのに。
 まぁ,日本も昔は,伝統神道支持派VS渡来仏教支持派の争いがあったようですが。

>ALB2.5→2.8に、改善と言える値ではない。
>WBC=7.3、RBC=432、IgM(10月の値)=3105

 WBCがずいぶん高いのですね。IgMが高いと,他の成分は低くなることが多いのですが。
 ALBは低すぎで,2.5→2.8は,改善じゃないですか。

>ゼヴァリン(一般名:イブリツモマブチウキセタン)も気に成っています。

 一般名,長すぎ。^^;
 覚えられないって。ゼヴァリンが一般名かと思ってました。

>kaitjn8 さん

サポートありがとうございます。

>イブリツモマブは、腫瘍細胞の骨髄浸潤程度や血小板数により、使用制限があります。また、治療可能な病院が限られており、09・10年は、治療数が200~300人/年が限度ではないかと推定されていますので、事前によく調べておく必要があるのでは、と思います。

 200~300人/年では,リンパ腫患者さんで,埋まっちゃうのかなぁ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/43105172

この記事へのトラックバック一覧です: 神社参拝のこと2.0:

« わからない五大理由 | トップページ | 2008年11月 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ