お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 「がんの補完代替医療ガイドブック」第2版がお目見え | トップページ | カブトムシのパワーでガン消滅!? »

2008年8月 1日 (金)

2008年7月

<これまでのあらすじ>
2007年6月骨髄悪性腫瘍がん告知。病名:原発性マクログロブリン血症→2007年7月より免疫抑制剤(アルキル化剤)シクロホスファミド(50mg/day)13週間服用→2007年10月IgM値改善のため休薬→12月,2月,4月,5月検査で経過観察続行・無症状

 9週間ぶりの検査に行ってまいりました。
 今回も,血を薄めるために,起き掛けに300cc,病院についてから500cc,水を飲みました。
 今回も,採血前に,尿になって出てしまいましたが。^^;

 検査結果は,今回もセーフでした。
 次回検査は,8週間後です。

 IgMが3295(4月2日)→3568(5月28日)と微増しましたが,誤差や自然変動範囲内と思われます。総たんぱく,アルブミンに変化はありません。

<血液検査結果抜粋>
 健康診断の測定値には,血液内科の定期検査では検査しない数値があるので入れてみました。
 2007年の数値は,ターニングポイントのときのみとしてあります。
Chart20080730

« 「がんの補完代替医療ガイドブック」第2版がお目見え | トップページ | カブトムシのパワーでガン消滅!? »

治療経過」カテゴリの記事

コメント

8月1日の検診の時に、5月28日の検査結果を知らされるのですか。ずいぶん時間がかかるのですね。せめてIgMだけでも採血したその日に検査結果を知りたいものです。もっともそんなに急激な変化がないのでとりあえず間に合っているとは思いますが、私のように変化が激しいとその数値によって治療方針を決めないといけないので、採血後1時間半で結果が出るので助かっています。

こんばんは。
検査値は、前回から余り動いていませんが、ここ2~3回の値と1年前と比べると、アルブミン・赤血球・ヘモグロビン・ヘマトクリット・コレステロールが若干下がっており、僅かながら病気は進行しているようですね。
貧血に関しては、MCV・MCH・MCHCが下限値近辺にあるので、正球性正色素性貧血というよりは、小球性低色素性貧血のようです。(検査機関によって基準値が異なるので下限値割れかどうかは不明ですが)
後者の場合は、鉄欠乏性貧血の可能性がありますが、鉄分を摂取すれば治るという物でもない様なので….。(素人的には、網赤血球の動向も気になります)
総コレステロールが基準値を割ってきたのではないかと思いますが、ZTTが正常な時から低かったのでしょうか?血液内科で検査対象になっていないのは、WM(M蛋白)とコレステロールの関係を主治医がご存じないという訳ではないですよね?
今の進行スピードからすると、この病気とは長~~いお付き合いになると思いますが、私の計算では、100年には今一歩届かないのでは….。(-_-;)

>yosimineさん

 現在,採血から診察まで1時間くらいなので,診察の時点では,IgM数値は,まだ出ていません。
 朝一で採血し,IgM数値が判明しそうな時間帯に診察予約を入れれば当日IgMを知ることができるかと思うのですが,わたしは朝が弱いので,実行していません。現在急激な変化がないので,8週間遅れでもまにあっています。

>kaitjn8さん

>総コレステロールが基準値を割ってきたのではないかと思いますが、ZTTが正常な時から低かったのでしょうか?血液内科で検査対象になっていないのは、WM(M蛋白)とコレステロールの関係を主治医がご存じないという訳ではないですよね?

 以前にHDLコレステロールが低いという話をしたら,この病気の影響ですと言っていたので,ご存じだと思いますが。
 コレステロール関係は,病院の検査値にはありません。
 他のMM,WM患者さんの通院報告を見ても,コレステロール関係は書いていない場合が多いので,定期検査の検査項目にはいっていない病院が多いような気がしますが,どうなんでしょう。定期検査中の患者さんに,コメントしていただけると,さいわいです。

>今の進行スピードからすると、この病気とは長~~いお付き合いになると思いますが、私の計算では、100年には今一歩届かないのでは….。(-_-;)

 100年に今一歩届かないというと,100-1=99年ですか。うーむ。
 診断から1年たつので,診断時から100年達成ということで,妥協しましょう。
 いざとなったら,カブトムシの幼虫をすりつぶして飲みます。
 まぁ,マジな話,幼虫をたべても,免疫たんぱく質はアミノ酸に分解されてしまうので,効力はありませんが。コラーゲンと同じ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/42033093

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年7月:

« 「がんの補完代替医療ガイドブック」第2版がお目見え | トップページ | カブトムシのパワーでガン消滅!? »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ