お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« ボルテゾミブ、デキサメサゾンとリツキシマブによるワルデンストロームマクログロブリン血症の一次治療 | トップページ | 診察の待ち時間のすごしかた »

2008年6月11日 (水)

免疫異常を正常化する

 以前に,「雑感」カテゴリに「免疫力???」というタイトルで,こう書いた。

----------------------------------
 よく,「がんにならないために,免疫力を高めよう」などという言い回しを聞く。
 一方,花粉症は,免疫力が強すぎておきるそうだ。

 どっちやねん。

 花粉症歴30年で,かつ,血液がんのわたしに,説明してほしい。
 たぶん,同じことばでも,意味が違うということなのだろうが。
 お受験の「勉強」と値引きの「勉強」のように。
---------------------------------

 最近になって,やっと,わかった。
 単に,「免疫力を高める」という表現が,日本語としてあやまりなだけであった。

 あるサイトに,こうあった。
----------------------------------
注:「免疫力を高める」には、①免疫バランスを整える。②免疫力を上げる。の二通りがあります。
-----------------------------------
 まったく意味の異なる①と②に,同じ用語を使うから,わけわからん状態になるのだ。
 「免疫力を高める」=「免疫力を上げる」であるから,「免疫力を高める」を①の意味で使ってはいけない。
 免疫力が高すぎるから花粉症になるのに,さらに免疫力を上げてどうする!となってしまうのだ。

 お受験の「勉強」と値引きの「勉強」は,前後の文章でどちらの意味か判断できる。
 「タカシ,遊んでばかりいないで勉強しなさい!」
 「おっちゃん,勉強してぇや」
 まちがえようがない。

 今後は「免疫力を高める」→「免疫バランスを整える」と日日翻訳がいるようだ。難儀な時代である。

 原発性マクログロブリン血症は,特定の免疫グロブリンIgMのみを大量生産し,IgGやIgAといった他の免疫グロブリンの製造はさぼるという病気である。そのうえ,大量生産したIgMのほとんどは粗悪品で,免疫には役立たない。
 (*症状の出方には,個人差があります)

 わたしは花粉症で,計ったことはないが,たぶん,IgEも高すぎるのだと思う。
 免疫異常である。
 わたしが「免疫抑制剤」シクロホスファミド(エンドキサン)を服用したのは昨年の7月~10月であったが,春先に服用したなら,花粉症が軽くなったかもしれない。
 しかし,残念ながら「免疫抑制剤」は,免疫バランスを整えてはくれないのだ。大量粗悪IgMを下げるのとひきかえに,正常値であった白血球まで,下限値以下に下がってしまった。
 文字通り,「免疫抑制剤」である。
 (*個人の体験談であり,副作用には個人差があります)

 免疫バランスが悪い状態のまま,免疫力を一律に上げても下げても,バランスは悪いままなのである。
 これから「免疫バランスを整える」方法がないか,探してみようと思う。

 「免疫力を高める」のグーグル検索結果のはじめのほうは,例によって,健康食品業者が作成したページばかりであった。ノイズの中から,有益な情報を探し出すのには,時間がかかりそうである。
 これから,「免疫バランスを整える」方法はないか,じっくり探してみる。
 いまのところ,健康体操的なものをイメージしている。
 安価で効果のある健康食品があれば,それに越したことはないのだが,効果があるかないかわからないのに,通常の健康食品は高すぎる。

 なにか,免疫バランスを整えるいい方法があれば,ご教授いただきたい。
 ただし,条件がある。
(1)短時間でできること。
 朝から晩まで,○○の神に祈りをささげなさい。さすれば,完治するでしょう。と言われても,働かないと生活できなくなる。
(2)短期間で結果が出て評価できること
 石の上にも三年というが,三年やっても効果がなかったら,三年間むだにしたことになる。
 できれば1ヶ月,長くても3ヶ月で,有効無効の判定をできるようにしたい。
 効果としては,わずかでもいい。わずかな効果でも実感できれば,続けようという気になる。
(3)高額投資しないでも効果判定ができること
 有効とわかっていれば,高額投資もできるが,有効無効の判定ができる前には高額投資はできない。

« ボルテゾミブ、デキサメサゾンとリツキシマブによるワルデンストロームマクログロブリン血症の一次治療 | トップページ | 診察の待ち時間のすごしかた »

完治をめざして」カテゴリの記事

コメント

免疫強化をうたい文句にするサプルメントとか代替治療にはまるで興味がありませんので、新聞の広告を眺めては「アホか」と言っているひねくれものです。免疫強化の話はアメリカでもしょっちゅう話題になりますが、免疫細胞を強化してがん細胞を殺すということには、現時点では専門家は否定的です。IMFのChairpersonでもあるDr.Durieは、特定の細胞(NK細胞、T細胞など)だけを強化(活性化)することは現時点では不可能。NK細胞、T細胞を強化すれば、同時に同じ免疫細胞であるがん細胞をも強化(活性化)すると言われています。まあ、アクセルとブレーキを同時に踏むようなものです。5月末のASCOのレポートを読んだ限りでは、免疫療法は話題に上らず、一種の免疫療法でもあるモノクロナール抗体療法についても、ことMMでは、効果の出ている臨床試験は無いそうです。RituxanやGleevecはMMには別世界の話のようです。

 まぁ,免疫万能説は,とっくに否定されているのですがね。(-。-)y-゜゜゜
http://cancer.jpn.org/index.cgi/%CC%C8%B1%D6%CB%FC%C7%BD%C0%E2
 どんな分野であろうとサギ業者は許せませんが,特に,人間の命を対象にするサギは許せません。
 バイブル本の出版社社長が,がんになったそうです。悪人の末路なんて,そんなものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/41502349

この記事へのトラックバック一覧です: 免疫異常を正常化する:

« ボルテゾミブ、デキサメサゾンとリツキシマブによるワルデンストロームマクログロブリン血症の一次治療 | トップページ | 診察の待ち時間のすごしかた »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ