お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« よたをさんのブログのURLが変更になりました | トップページ | 教えて君撲滅計画 »

2008年5月15日 (木)

魚を求めず,釣り方を尋ねる

 教育関係で,「魚を与えず,釣り方を教える」という格言がある。
 中国に由来する故事らしい。

 「魚を与えれば、目の前の人の空腹を満たすことができる。しかし、魚の釣り方を教えれば、一生空腹を満たすことができる。」という意味である。

 この格言を思い出したのは,最近,複数の原発性マクログロブリン血症患者ブログのコメントで「魚をください」タイプの質問を見かけたからである。内容も,ほとんど同じである。

 「家族が原発性マクログロブリン血症で地元の病院にかかっている。今度○○(地名)に引っ越すが,近くでよい病院があるか,お勧めの病院はどこか」

 これは,ダメな質問の見本のようなものである。

 ここがダメ。
(1)きく相手が違う。
 人口密集地には血液内科のある病院があちこちにあるが,どこがいいか,いち患者が知るわけがない。自分のかかっている病院しか知らないのが,ふつうである。ほかの病院を知らないのだから,比較のしようがないのである。過疎地には,血液内科のある病院は少ないので,選択の余地がない。
 きくべき相手は,病院評論家(存在するのかどうかわからないが),医療コンサルタントといった人種であろう。
 ただし,それをなりわいとする者が,ただで教えてくれるわけがない。
 ちゃんと対価を支払って,コンサルタントを受けるべきである。
 情報はただではない。

 週刊誌で,「××に実績のある病院」というような特集記事が載ったりすることがある。書店の家庭医学書コーナーに行けば,「○○地方のよい病院」というような本が並んでいる。
 その情報の信憑性は知らないが,自分のかかりつけの病院以外をまったく知らない者よりは,あてになるだろう。

(2)万人にとってのよい病院は存在しない。
 2008/5/15現在,日本で未認可のサリドマイドを使うためには,個人輸入するしかない。実際は,医師に頼むのであるが,方針でサリドマイドを使えない病院がある。
 そのほかの面でいくらよい病院であっても,サリドマイドの使えない病院は,サリドマイドを使う必要のある患者には悪い病院である。

(3)「教えて君」だから。
 前述のサリドマイドを使う必要のある患者にとってのよい病院のように,患者の病歴,治療歴,現在の病状といった情報提供をしてくれないと,アドバイスもコンサルタントもできないのである。
 性別も年齢も隠蔽して,よい病院,すなわち,自分に向いた病院はどこでしょうか?と他人にきかれても,占い師でもないかぎり,回答のしようがない。
 だれが見ているかわからないから個人情報を出したくないのかもしれないが,自分から情報を出さないで,アドバイスが受けられるはずもない。
 このような人種は,「教えて君」といわれて,ネットの世界では,忌み嫌われている。
 教えて君とは「「自分で調べもせず、安易に他人に訊いて問題を解決しようとするひと。「教えて!」に「君」をつけることにより、「見下す」、「幼い」といったニュアンスを与える。」(「はてなダイアリー」より)

 付け加えると,教えて君の特性として,きくだけきいておいて,その後どうなったのかの結果報告がないことが挙げられる。
 回答したほうとしては,気になるものである。

 そもそも,自分に向いた病院というのは自分で選ぶものである。ネットで調べる,本を読む,患者会に入会する,全国各地で開催されているセミナーに参加するなどしたうえで,他人にアドバイスを求めるべきである。

(4)がんの治療という重大時にあたって「お勧め」はないだろう
 患者本人でないから,自分は健康体だから,見ず知らずの人間に対して,こういうデリカシーに欠ける質問ができるのだと思うが,レストランで料理の注文をしているのではないのである。

 以上,ダメな質問について書いたが,では,どういう質問の方法がいいのだろう。
 やっと話が戻ったが,魚を求めず,釣り方を求めればいいのである。
 魚を求めると,魚の釣り方を知っていても,いま現在魚を持っていない者からの回答は期待できない。たとえ魚を持っていても,教えて君タイプの質問には,かかわりたくない。もらった魚をたべてしまうと,また,ほしがるからである。

 わたしの場合だと,個人情報を開示しない質問者に適した病院名を挙げることはできないが,病院の探し方なら,アドバイスできる。

 教えて君対策として,近々,「病院の探し方私案」というのを書いてみようと思う。

« よたをさんのブログのURLが変更になりました | トップページ | 教えて君撲滅計画 »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/41217490

この記事へのトラックバック一覧です: 魚を求めず,釣り方を尋ねる:

« よたをさんのブログのURLが変更になりました | トップページ | 教えて君撲滅計画 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ