お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 教えて君撲滅計画 | トップページ | ボルテゾミブ、デキサメサゾンとリツキシマブによるワルデンストロームマクログロブリン血症の一次治療 »

2008年5月29日 (木)

2008年5月

<これまでのあらすじ>
2007年6月骨髄悪性腫瘍がん告知。病名:原発性マクログロブリン血症→2007年7月より免疫抑制剤(アルキル化剤)シクロホスファミド(50mg/day)13週間服用→2007年10月IgM値改善のため休薬→12月,2月,4月検査で経過観察続行・無症状

 8週間ぶりの検査に行ってまいりました。
 血を薄めるために,起き掛けに300cc,病院についてから500cc,水を飲みました。
 採血で待たされたために,採血前に,尿になって出てしまいましたが。^^;

 検査結果は,今回もセーフでした。
 総たんぱくも,アルブミンも,とうぜんA/G比も,前回と同じ値でした。IgMも,前回と同じと推定されます。
 次回検査は,9週間後です。

 昨年の服薬期間中は,7~8月頭移性のめまい。10月味覚障害,無食欲,歩行困難,睡眠障害等の,人生最悪の体調不良,11月~2月軽度の脱毛に悩まされました。脱毛は服薬終了後ですが,休止期脱毛といって,抗がん剤投与後3~6ヶ月に発生する脱毛があるそうです。
 10月の人生最悪の体調不良は,骨髄抑制による,白血球,赤血球の低下に起因するものではと推測しています。
 クスリを飲んでいないときは元気なのに,飲むと体調不良というのは,なんか変ですね。
 このまま,なんとか100年くらいは,だらだら現状維持を続けて,抗がん剤のお世話にはなりたくないものです。

<.血液検査結果抜粋>
 表の横幅が広くなったので,2007年分と2008年分で,表を分けました。
 画像挿入がめんどいので,次回分からは,2008年分のみとします。

Chart20080528_2

Chart2007all_2

« 教えて君撲滅計画 | トップページ | ボルテゾミブ、デキサメサゾンとリツキシマブによるワルデンストロームマクログロブリン血症の一次治療 »

治療経過」カテゴリの記事

コメント

休薬中であるにもかかわらず、数値が安定しているのいはいいですね。私などは薬をやめるとすぐ数値が上がってしまうのでやめるわけにいきません。幸いサリドマイドが聞いているのでこのまま行けばいいのですが。

GFRを知っているとは驚きましたね。Heart breakerなど聞いた方なのでしょう。70年前後はローリング・ストーンズやビートルズはもちろんのこと、レッドツェッぺリンやクリームなどいい曲が沢山ありましたね。私は一時期ピンクフロイトにはまっていました。最近は面白い曲がないので昔の曲を聴くか、クラシック音楽を聴いています。

|休薬中であるにもかかわらず、数値が安定しているのいはいいですね。私などは薬をやめるとすぐ数

 安定しているといっても,三千台で,要治療すれすれです。
 yosimineさんは,クスリをやめると,五千,六千,行っちゃうんでしょうか。

|GFRを知っているとは驚きましたね。Heart breakerなど聞いた方なのでしょう。70年前後はロ

 なにせ,最初に触れた洋楽がベンチャーズという前期高齢者ですから,挙げられたグループすべてカバーしていますよ。
 いまどきの音楽は,やかましいだけで,さっぱり感性に合いません。ラップなんかは,音楽ではない。リズム,メロディー,ハーモニーの音楽の三要素に欠けるものは,聞きたくない。まぁ,年をとったということなのでしょう。
 いまは,音楽を聴くという習慣自体がなくなってしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/41363267

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年5月:

« 教えて君撲滅計画 | トップページ | ボルテゾミブ、デキサメサゾンとリツキシマブによるワルデンストロームマクログロブリン血症の一次治療 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ