お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« ここまでを振り返って | トップページ | 白血球の種類 »

2008年2月13日 (水)

2008年2月

<これまでのあらすじ>
2007年6月骨髄悪性腫瘍がん告知。病名:原発性マクログロブリン血症→2007年7月より免疫抑制剤(アルキル化剤)シクロホスファミド(50mg/day)13週間服用→2007年10月IgM値改善のため休薬→12月検査で経過観察続行

 12月以来8週間ぶりの検査。
 結果としては,前回と比べて検査数値は悪化しているものの,今回はこのまま無治療で経過観察ということになりました。
 次回検査は,また8週間後です。

1.診断結果
 白血球は増加した。しかし,総たんぱくが増加してきて,昨年の治療開始時の値までになっている。
 エンドキサン(シクロホスファミド)を続ける手もあるのだが,白血球低下,脱毛の副作用があるので,見合わせたい。
 症状が出ていないのと,アルブミンの値がよいので,このまま経過観察としたい。

2.自己考察
 過去の検査値の推移から予測して,今回からの服薬再開を覚悟していたのですが,ぎりぎりセーフというところです。
 白血球・赤血球の低下の副作用と薬剤耐性を考えると,服薬再開は,できるだけ先延ばしにしたいところです。

3.2月血液検査結果抜粋
Chart20080206

« ここまでを振り返って | トップページ | 白血球の種類 »

治療経過」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501370/40112425

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年2月:

« ここまでを振り返って | トップページ | 白血球の種類 »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ