お知らせ

  • 2014年4月25日 (金)新ブログに移行しました。
フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 血液どろどろになるわけ | トップページ | 補完代替医療の調査をする前に考えたこと »

2007年11月21日 (水)

先端医療や補完代替医療をしろうとの勘で評価してみる

 原発性マクログロブリン血症は,現在の医療では完治不能ということです。完治するためには,一般病院では受けることができない,先端医療や補完代替医療に可能性を求めるしかないということで,調べています。
 調べた各治療法の評価をしてみました。
 実際にためすわけにはいかないので,評価は,わたしが受けた印象によります。

評価基準は,下記のとおり。
(1)原発性マクログロブリン血症には適用できるか
 どんなすぐれたがん治療法でも,わたしの病気に使えないのでは意味がない。
(2)信頼性
 第三者の評価を受けているか,論文を発表しているか,わたしの勘等を勘案して評価。
(3)すぐに使えるか
 すぐに使える,あるいは,もうすぐ使える。治療実績の多い治療法は高評価。

 評価結果は,で示します。
-------の説明---------
   あやしい。または,原発性マクログロブリン血症には適用できなそう。
 情報が少なく判定不能。または,有望そうだが,実用までには時間がかかりそう。
有望そう。すでに実用化されているか,あと数年で実用になりそう。
----------------------------
 なにぶんにも,しろうとの勘による評価ゆえ,偏った評価になると思います。
 先端医療や補完代替医療について,わたし以上の情報をお持ちでしたら,ぜひ,お知らせ願いたい。

« 血液どろどろになるわけ | トップページ | 補完代替医療の調査をする前に考えたこと »

完治をめざして」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 血液どろどろになるわけ | トップページ | 補完代替医療の調査をする前に考えたこと »

重要情報ピックアップ

無料ブログはココログ